FC2ブログ
ハリーのことが好きだから先客を断ってまでもクリスマス・ダンスパーティのパートナーにもなったしダンブルドア軍団にも参加した。パーバティがした努力はそれだけではなかったのです。しかし最後の最後に出た結果とは?(全3項目)

3-1.ダンブルドア軍団にも参加
パーティではハリーとロンが2人を大事に扱わなかったので特に同じ寮生のパーバティは休暇明けはハリーに冷淡でした。しかしそれでもパーバティのハリーに対する気持ちは途切れなかったのです。

そのためハーマイオニーが発起人になって組織されたダンブルドア軍団にはパーバティもパドマも参加したのでした。パーバティはハリーそしてパドマはロンが目当てだったというわけです。

しかし2人の気持ちがハリーとロンに伝わることはありませんでした。結局ハリーとパーバティさらにロンとパドマの間に進展はなく2人の恋は実を結ぶことなくダンブルドア軍団の活動は終了してしまったのでした。

しかし6年生になってもパーバティがハリーを思う気持ちは変わらなかったのです。ヴォルデモート復活を受けてパーバティとパドマの両親は2人に家に戻るようにと言ったのですが・・・

そんな両親にパーバティは「しばらくはそうしないように」と説得したのでした。それは学校を引き払って家に戻ってしまえばハリーにも会えなくなってしまうし恋を実らせるチャンスも・・・

なくなってしまうからというわけなんですよね。

3-2.ラベンダー・ブラウンにロン
そんなパーバティだったんですけど6年生になるとロンと親友のラベンダー・ブラウンの恋の仲介役を務めるという意外と云えば意外な役回りをすることになってしまったんですよね。(苦笑)

ラベンダーは積極的に動きました。学期が始まって2週目の土曜日クィディッチのグリフィンドール・チームの選抜が行われる日にパーバティに促されてラベンダーはすれ違いざまにロンに・・・

振り向いてロンににっこりと笑いかけたのでした。その時のロンの反応が「まんざらでもない」といった感じだったのでラベンダーは大いに勇気を得て次の行動を取ったのでした。

いよいよゴールキーパーの選抜ということになりロンのトライアルになって観客席からは「がんばって!」という声援が飛んだのですがハリーはそれがハーマイオニーではなくラベンダー・ブラウンだったので・・・

予想外の人物の声援に少々ビックリしたのでした。ところがハリーが初戦のスリザリン戦で講じた策が結果としてロンとラベンダー・ブラウンを結びつけることになったのです。

授業が終わって夜になるとロンとラベンダーは毎晩談話室で1つの椅子に座って絡み合うようになったのでした。ハリーが誰と会っていようが他の生徒たちが何をしていようがお構いなしというわけです。

明日からクリスマス休暇に入るという日にもハリーとロンが夕食を取るために大広間に来ると、そこにパーバティとラベンダーがやって来ました。ラベンダーはハリーとパーバティの前でロンとさっそく・・・

ラベンダーはロンの首に両腕を回して「いつものように」いちゃいちゃし始めたのでした。パーバティもまたハリーと同様に「この2人」の友人の態度には当惑気味でうんざりした顔をしていたのでした。

しかし!それには「こうしてラベンダーは積極的に動いてロンを獲得することができたのに」それに比べて私はハリーに自分の気持ちを伝える努力を何もしていないという・・・

強い自責の念があったからではないか?と私は思いますね。

3-3.どうして違う寮に?
さて!最後に話はガラリと変わりますがパチル姉妹と云えば双子なのにパーバティはグリフィンドールそしてパドマはレイブンクローと2人は違う寮に所属することになったんですよね。どうしてなんでしょうか?

「この2人」が違う寮に所属していることが初めて明らかになっているのは炎のゴブレット上巻270ページ(携帯版248ページ)でハーマイオニーがパーバティ・パチルは一卵性双生児なのに・・・

もう1人はレイブンクローだと指摘して明らかになっているんですよね。ウィーズリー家の7人の子供たちやコリンとデニスのクリービー兄弟は同じグリフィンドール寮になったのにパチル姉妹は2つの寮に分れたのです。

プリンス上巻105ページでホラス・スラグホーンは時にはシリウスのように両親がスリザリンなのに息子がグリフィンドールになるという例外もあるが「普通は家系で決まる」と言っていますね。

つまりウィーズリー家の7人の子供たちが全員グリフィンドールになったのは多分両親のウィーズリー夫妻が2人ともグリフィンドール寮だったからなんでしょうね。つまりパチル姉妹の場合は?

私はパチル姉妹すなわちパーバティとパドマの2人がグリフィンドールとレイブンクローに分かれたのは多分2人の両親の出身寮が「この2つの寮」に分かれているからだと思いますね。

最後に
今日の記事では何だかパーバティばかりが目立ってしまってパドマのほうの影が薄くなってしまいました。ふと気づいてみればパドマはロンのことが好きなハズだったのに?どうなったんでしょうね?

どうやらダンブルドア軍団の活動終了と共にパドマはロンのことを諦めてしまったようですね。やはりロンとパドマは違う寮なので接触する機会がほとんどなくなってしまったのが最大の原因だと私は思います。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/761-6f8c77b7