FC2ブログ
そんなわけでルーピンは噛むわビルは噛むわで最悪中の最悪の印象になってしまった狼人間のフェンリール・グレイバックだったのですが最終巻に登場したグレイバックを見て「何だか気の毒な人」だと思ってしまったのは?やっぱり私だけなんでしょうか?(全3項目)

3-1.捕えられた3人
「うまそうな女だ・・・何というご馳走だ・・・俺は柔らかい肌が楽しみでねぇ」

ハリーが禁句の「ヴォルデモート」を口走ってしまったために守りの呪文が破れて3人は人さらい一味に捕まってしまったのでした。一団を率いていたのがフェンリール・グレイバックだったというわけなんですよね。

「さて、獲物を見ようか」と頭上でグレイバックの満足げな声がしてハリーは仰向けに転がされたのでした。杖灯りがハリーの顔を照らしグレイバックはハリーの腫れ上がった顔を見て笑ったのでした。

ハーマイオニーのかけた呪文で顔が真っ赤に膨れ上がっていたので当初はハリーだとは分りませんでした。しかしハーマイオニーの面が割れて人さらい一味のハリーを見る目つきが変わったのでした。

誰もが口を閉ざし人さらい一味は身動きもせずにハリーを見つめていたのでした。グレイバックがハリーの額の傷を見つけて「額にあるこれは何だ?」と訊いて来たのでした。

「魔法省に行くか?」と言うメンバーにグレイバックは「魔法省なんぞクソ食らえだ」と答えたのでした。奴らは自分の手柄にしてしまって俺たちは何の分け前にも与れないというのです。

そこでグレイバックはヴォルデモートが最近拠点にしているマルフォイの館に連れて行くと言い出したのでした。こいつは間違いなくハリー・ポッターなのか?もし違っていたらと弱気を見せる他のメンバーに対して・・・

「指揮を執ってるのは誰だ?」

グレイバックは一瞬の弱腰を挽回すべく吼え声を上げたのでした。こうしてハリーたち3人はディーン・トーマスに小鬼のグリップフックと共にマルフォイの館に連れて行かれたのでした。

3-2.マルフォイの館では・・・
こうしてマルフォイの館に連れて来られたハリーたちにディーンとグリップフックの5人だったのですがハリーが持っていた杖が不死鳥に柊の杖ではなくリンボクの杖だったということもあって・・・

再びしばらくの間は「本当にこの男はハリー・ポッターなのか?」と議論になったのでした。ご主人様を呼び戻して「実は違っていました」では取り返しがつかないからです。

やっとハリーだと確認できたと思ったら今度はベラトリックス・レストレンジがグレイバックらがハリーたちと一緒に持って来た「グリフィンドールの剣」に目をつけて噛み付いて来たのでした。

グリンゴッツのレストレンジ家の金庫にあるはずの物があるのでベラトリックスは血相を変えて「この剣をどこで手に入れた?」とグレイバックに詰問したのでした。

グレイバックはベラトリックスに術(多分金縛りの術)をかけられて口しか動かせない状態にされてしまったのでした。ベラトリックスがようやく術を解くとグレイバックは跳ねるように立ち上がりましたが・・・

用心してベラトリックスには近づかず油断なく肘掛椅子の後ろに回って汚らしいねじれた爪で椅子の背をつかんでいたのでした。そしてベラトリックスは気絶している男たちを・・・

自分が剣をどうするのか?を考えている間は捕まった捕虜たちを地下牢に入れておくようにと指示したのでした。自分の家でベラトリックスが勝手に仕切るので当初は文句を言っていたナルシッサだったのですが・・・

ベラトリックスの気迫に押されてナルシッサはグレイバックに捕虜を地下牢に連れて行くようにと言ったのでした。グレイバックはベラトリックスが用済みになったらハーマイオニーを味見させてくれるのか?と・・・

楽しみにしていたのですが・・・

3-3.剣の真偽を確かめている内に・・・
「グレイバックよ、闇の帝王は今夜のお前の働きに対して、その娘をお与えになるのを渋りはなさらないだろう」こう言ってグレイバックの労をねぎらっていたベラトリックスだったのですが・・・

その言葉が終わらない内に奇妙なガリガリという音が上から聞こえて来たのでした。ハリーとロンそれに部屋にいる全員が見上げるとクリスタルのシャンデリアが小刻みに震えていたのでした。

そして軋(きし)む音やチリンチリンという不吉な音と共にシャンデリアが落ちて来たのでした。その真下にいたベラトリックスはハーマイオニーを放り出し悲鳴を上げて飛び退いたのでした。

キラキラ光るクリスタルのかけらが周囲に飛び散りドラコ・マルフォイは血だらけの顔を両手で覆って体をくの字に曲げたのでした。ハリーはそのチャンスを逃しませんでした。

肘掛椅子を飛び越えドラコが握っていた3本の杖をもぎ取り3本全ての杖をグレイバックに向けて呪文を叫んだのでした。

「ステューピファイ!麻痺せよ!」

3倍もの呪文を浴びたグレイバックは撥ね飛ばされて天井まで吹っ飛び床に叩きつけられたのでした。シャンデリアを落としたのはハリーたちを助けに駆け付けた屋敷しもべ妖精のドビーでした。

最後に
こんなわけでせっかくグレイバックがハリーを捕えてマルフォイの館に連れて来たのにハリーが本物かどうか?確かに本人なのか?を確かめるのに時間と手間がかかったり・・・

さらには「グリフィンドールの剣」の真偽を調べている内に地下牢の人質が全員逃げてしまうわハリーが体勢を整える時間を提供してしまうわで結局グレイバックにとっては・・・

踏んだり蹴ったりの結末になってしまったのでした。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/769-5a00ee8b