FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

9月19日が誕生日ということで昨年9月から一定期間おきに巻ごとにハーマイオニーを取り上げています。ご存知のように第4巻「炎のゴブレット」はページ数が今までの巻とは比べ物にならないほど増えているということで今週と来週の2週間に渡って第4巻のハーマイオニーを紹介することにします。(全3項目)

3-1.初めての「隠れ穴」
実は今回改めてハーマイオニーを中心に第4巻を読み返してみて気づいたんですがハリーは2年生の時に経験済みなんですがハーマイオニーは4年生の夏休みに初めて「隠れ穴」に滞在しているんですよね。

ハリーが「隠れ穴」に到着してハーマイオニーが一番に知りたがったことは何と言っても先学期の末に苦心して助け出し慌しく別れを告げることになったシリウスのことでした。

ハリーが到着直後にはまだ事情を知らないジニーが一緒だったので聞くことができなかったのですが、夕食の時には11人の大所帯で「ちょっとした小パーティ」状態だったのでようやく聞くことができたのでした。

みんながデザートのストロベリー・アイスクリームを食べ終わる頃になってロンがテーブルを見渡して様子を伺ってからハリーにシリウスのことを訊いて来るとハーマイオニーも振り向いて聞き耳を立てたのでした。

「それで-シリウスから、近頃便りはあったのかい?」

こう訊いて来たロンにハリーは手紙が2度届いたことや一昨日にハリーのほうから手紙を出したことを話したのでした。するとハリーは突然「どうしてシリウスに手紙を出したのか?」の理由を思い出したのでした。

そして一瞬ロンとハーマイオニーに傷痕が痛んだことや悪夢で目を覚ましたことを打ち明けそうになったのですが「今はそういうことを話す時ではない」のと2人に心配をかけたくなかったので・・・

そのことは自身の胸の中に収めたのでした。

3-2.初めて見る屋敷しもべ妖精、そして・・・
そんなわけで生まれて初めて「隠れ穴」に滞在したハーマイオニーだったのですが、ハリーが到着した次の日にはクィディッチ・ワールドカップの決勝戦を観戦するために競技場に隣接するキャンプ場に移動したのでした。

ハーマイオニーにとってはバグマンやクラウチ氏など魔法省の政府高官に初めて会えたりワールドカップ開催のために働いている各職員の名前をウィーズリーおじさんに教えてもらったこともそうだったんでしょうが・・・

何と云っても最も印象深い出来事といえば屋敷しもべ妖精を初めて見たことだったんじゃないかな?と私は思いますね。ハーマイオニーはドビーのことをハリーから聞いてはいましたが・・・

実際にドビーに会ったことはなかったので競技場の貴賓席で会ったクラウチ家に仕えるウィンキーがハーマイオニーにとっては生涯で最初に見る屋敷しもべ妖精になったというわけなんですよね。

このウィンキーを通じてハーマイオニーは魔法使いが屋敷しもべ妖精にいかにひどい仕打ちを数々しているのかを知ることになったというわけなんですよね。第一には給料を貰っていないことや・・・

ウィンキーは高所恐怖症なのに高い貴賓席で席を取らされていたことなどに加えて言いつけを守らなかったとしてウィンキーをクラウチ氏が情け容赦なくクビにしたことでした。

事が済んでキャンプ場のテントに戻る途中でもハーマイオニーの怒りが炸裂したのでした。エイモス・ディゴリー氏は初めからウィンキーのことを「しもべ」と呼び捨てにするし・・・

クラウチ氏は「闇の印」を打ち上げたのがウィンキーじゃないと判っているくせにクビにするなんてと言っていたのでした。ウィンキーがあんなに怖がっていたのに!どんなに気が動転していても・・・

キャンプ場のテントに動かずにじっとしてろなんてとハーマイオニーはクラウチ氏を始めとする魔法使いたちの屋敷しもべ妖精に対する対応を批判し続けていたのでした。

そしてそれが新学期が始まって学校に戻った時には・・・

3-3.ビクトール・クラム
ブルガリアのテントにぶら下がっているビクトール・クラムのポスターを最初に見た時のハーマイオニーの感想は「とっても気難しそう」というものでした。ロンは「天才なんだから」とクラムのことを絶賛したのですが・・・

それが試合が終わる頃にはハーマイオニーはクラムのことを「とっても勇敢だと思わない?」と言っていたのでした。試合中のクラムの数々のプレイを見て印象を変えたようです。

そしてクラムがスニッチを捕って試合が終了した後にはハーマイオニーはクラムが着地するところをよく見ようと身を乗り出していたのでした。そしてクラムを見て「めちゃくちゃ重傷みたいだわ」と言ったのでした。

ハリーがやっとのことでクラムに万眼鏡を合わせるとクラムは魔法医に取り囲まれて前にも増してムッツリとした表情で医師団が治療しようとしているのを撥ねつけていたのでした。

そのビクトール・クラムとハーマイオニーは・・・

今日の最後に
クィディッチ・ワールドカップの決勝戦ブルガリア対アイルランドは結局クラムがスニッチを捕ったのにも関わらず、既に「160点」の大差がつけられていたのでアイルランドの勝ち!ということになったのでした。

こうして試合が終わってハーマイオニーを含めたウィーズリー家一行はキャンプ場のテントに戻ったのですが・・・

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.