FC2ブログ
ダンスパーティが終わってしまった今「クリスマスまでにパートナーを見つけて来る」という最大の懸案がなくなってしまったので(?)少し不安になり始めていたハリーだったのですが「その」クリスマス・ダンスパーティが新たな波紋を広げることになってしまったのでした。それはハグリッドの・・・(全3項目)

3-1.リータ・スキーターとハグリッド
パーティの翌日ハーマイオニーの髪の毛は元に戻ってボサボサでした。ダンスパーティのために「スリーク・イージーの直毛薬」を大量に使ったとハーマイオニーはハリーに打ち明けたのでした。

しかし当人いわく「面倒くさくって毎日やる気にはならないわ」とのことでした。つまりは「ここぞ」という時の切り札ということのようです。到底日課にはできないというわけなんですよね。

ロンとハーマイオニーは2人の争点には触れないとの暗黙の了解に達したようでした。ハリーとロンはパーティで耳にしたマダム・マクシームとハグリッドの会話をハーマイオニーに話して聞かせたのでした。

しかしハーマイオニーはハグリッドが半巨人だと聞いてもロンほどショックは受けなかったのでした。あの体格からして多分そうなんだろうと察しがついていたようでした。

ところがクリスマス休暇が終わって授業が再開され「魔法生物飼育学」の最初のクラスに行くと、何故か?そこにハグリッドの姿はなく見知らぬ白髪の魔女がいるではありませんか。

ロンとハリーの2人の問いに対して魔女は私はグラブリー・プランクといって「魔法生物飼育学」の代用教師だと答えたのでした。どうして突然ハグリッドが教えなくなったのか?と・・・

疑問に感じたハリーとロンだったのですが答えを教えてくれたのはドラコ・マルフォイだったのです。当然教えてくれた人がドラコ・マルフォイなだけに「ろくでもない理由」だったというわけなんですよね。

ハグリッドが半巨人だということが「日刊予言者新聞」で暴露されたのです。記事を書いたのはやっぱりリータ・スキーターでした。ハーマイオニーはグラブリー・プランク先生のことを・・・

「とってもいい授業だった」と高く評価していたのですがハリーがハーマイオニーの鼻先にハグリッドが半巨人だということを載せた「日刊予言者新聞」を突きつけると・・・

ハーマイオニーは記事を読みながらあんぐりと口を開けたのでした。ハリーたち3人にさえハグリッドは自分が半巨人だということを打ち明けたことがなかったのにリータ・スキーターに話すハズがありません。

つまり考えられることと云えば?

3-2.ハーマイオニー対リータ・スキーター、その1
「ハグリッドが半巨人だってこと、まさか私たちがそれを気にしてると思っているわけじゃないでしょうね?」

クリスマス休暇明け最初の「魔法生物飼育学」の授業にハグリッドが姿を見せず代理の先生が現れたためハリーたち3人は夕食後にハグリッドの小屋を訪ねましたが戸をドンドンと叩いても窓をバンバン叩いても・・・

ハグリッドからの応答はありません。それ以来ハグリッドの姿はどこにもなく食事の時にも教職員テーブルに現れず森番の仕事をしている気配もありませんでした。「魔法生物飼育学」の授業は・・・

グラブリー・プランク先生が引き続き教えたのでした。そうこうする内に1月の半ばにはホグズミード行きが許されハリーはハグリッド会いたさに村に出かけたのでした。ハーマイオニーからは・・・

みんなが村に出かけて談話室が静かになるので、あの金の卵に真剣に取り組むチャンスだと言われたのですがハリーはハーマイオニーに嘘をついて村行きを強行したのでした。ところが村に来てみると・・・

いくら目を凝らして探しても「三本の箒」に行ってもハグリッドの姿はどこにも見当たらなかったのでした。代わりに「三本の箒」で出くわしたのは「あの」リータ・スキーターだったのです。

スキーターの余りにも節操のない態度にハーマイオニーの怒りが爆発したのでした。ハーマイオニーは「あなたって最低の女よ」という捨て台詞を言い渡して「三本の箒」を後にしたのでした。

リータ・スキーターが自動速記羽根ペンを取り出すのを見てロンが「次は君を狙うぜ」と言いましたがハーマイオニーは「やるならやってみろだわ!」と啖呵を切ったのでした。

そしてそのままハーマイオニーは怒りに任せてハリーとロンを引き連れハグリッドの小屋に直行したのでした。そして玄関の戸をガンガン叩きながら「いい加減にして!そこにいることは判っているわ!」と・・・

ハグリッドのお母さんが巨人だろうと誰も気にしていないと叫んだのでした。そしてリータ・スキーターなんかに負けてちゃいけないんだと訴えたのでした。すると玄関の扉が開いて・・・

ハーマイオニーは「ああ、やっと!」と言いかけて突然口をつぐんだのでした。何故なら扉を開けてハーマイオニーに対峙したのがアルバス・ダンブルドアその人だったからです。

結局ハリーたち3人とダンブルドア校長の説得でハグリッドは週明けの月曜日から「魔法生物飼育学」の教職に復帰することになったのでした。ハーマイオニーの「ハグリッドがいないと私たち本当に寂しいわ」の・・・

一言でハグリッドは「ゴクッ」と喉を鳴らし頬を涙がボロボロと伝ったのでした。ハリーもまたハグリッドの励ましを受けてセドリック・ディゴリーのアドバイスを受け入れ卵の謎を解き明かす努力を・・・

本格的に開始することにしたのでした。

3-3.卵の謎は解けたけど
こうしてやっとのことで金の卵から聞こえて来る音というか?奇声が水中人の歌だということが判明して「1時間どうやって水の中で生き延びるのか?」の課題に取り組み始めたハリーたち3人だったのですが・・・

ロンは再び「呼び寄せ呪文」を使うというアイデアが気に入っていたのでした。ハリーがアクアラングの説明をするとロンは一番近くのマグルの町から一式呼び寄せればいいと言ったのでした。

しかし「この案」はハーマイオニーに却下されてしまったのでした。ハリーが1時間以内にアクアラングの使い方を習得できるなんてことは有り得ないし「国際魔法秘密綱領」に触れて失格になるというのです。

アクアラング一式がホグワーツ目指して田舎の空をブンブン飛んで来るのをマグルが誰も気づかないというのは余りにも虫が良すぎるというのです。そこでやっぱり一番可能性のあるものと云えば?

何らかの呪文だろうということでハリーは「第1の課題」でドラゴンのことを調べる時に散々利用していたのですが再び図書室で埃っぽい本の山に埋もれて酸素なしでも生き残れる呪文を探したのでした。

そして当然ロンもハーマイオニーも昼食時に夜にそして週末全部を通して探しまくったのですがハリーはマクゴナガル先生に願い出て禁書の棚を利用する許可まで貰ったのですが・・・

それでも見つからなかったのです。

「第1の課題」の時と同様に時間が滑り抜けていったのでした。誰かが時計に魔法をかけ超特急で進めているかのようでした。あと2日に迫った時ハリーはまた食欲がなくなり始めたのでした。

そして「第2の課題」前夜3人が図書室で互いに姿が見えないほど高く本を積み上げてページをめくり続けていたのですが聞き覚えのある声が聞こえてハリー、ロン、ハーマイオニーが顔を上げると・・・

そこにいたのはフレッドとジョージ・ウィーズリーでした。2人はロンとハーマイオニーを探していたと言うのです。自分たちが2人をマクゴナガル先生の部屋に連れて行くことになっているんだそうです。

ロンとハーマイオニーはハリーを見つめたのでした。ハリーは胃袋が落ち込むような気がしたのでした。どうやって課題をこなすのか?はハリーが1人で考えなければならないのに・・・

だからマクゴナガル先生はロンとハーマイオニーを叱るのだろうか?ハーマイオニーはハリーに「談話室で会いましょう」と告げてロンと一緒に席を立って行ってしまったのでした。

今日の最後に
午後8時は図書室の閉館時間なのでハリーは持てるだけ本を持って談話室に戻ったのでした。持ち帰った本は全て見終わりましたが「これだ!」と思う呪文は見つからなかったのでした。

おまけにロンもハーマイオニーも戻って来ません。ハリーは明日の朝自分が審査員に「課題ができません」と説明している姿を想像したのでした。おしまいだ。できない。審査員にそう言うしかない。

しかし!今にして思えば「どうして?」ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人がこれだけ必死になって探したのに水の中で呼吸をする方法が見つからなかったんでしょうね?何か他の力が働いていたような気が?

どうも私はダンブルドアが「そういった内容の本」を図書室から意図的に外していたんじゃないか?という気がしますね。それは「あの人」が活躍する場面を作るためだったのではないか?と・・・

いう気が私はして来ましたね。(苦笑)
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/777-8d9a9a03