FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

バーティ・クラウチ氏は真夜中にスネイプの研究室を家捜しするほど死喰い人を捕えることに取り憑かれているのに「どうして?」三校対抗試合の審査員としてホグワーツに乗り込んで来なくなったのか?リータ・スキーターはダンブルドアが学校に出入りすることを禁止したのに「どうして?」個人的な会話を盗み聞きできるのか?(全3項目)

3-1.突然現れたクラウチ氏を巡って
シリウスの提案でハリーたち3人は「最近クラウチ氏を見かけなかったか?」と尋ねる手紙をパーシーに出したのですがパーシーからの返事はイースター休暇が終わってからようやく届いたのでした。

パーシーの手紙には「実際にお姿は見ていないが私は上司の筆跡を見分けるぐらいのことはできる」と少々苛立った感じで書き綴られていたのでした。相当忙しいようです。

ところがハリーが「第3の課題」の説明を受けるためにクィディッチ競技場に行った帰りビクトール・クラムと「禁じられた森」で話していると何と!そこにクラウチ氏がボロボロになって現れるではありませんか!

しかしハリーが校長室に行ってダンブルドア校長と共に現場に戻って来るとクラウチ氏の姿は消えてしまっていたのでした。その出来事を巡ってハリーはロンとハーマイオニーと話し合ったのですが・・・

ハーマイオニーはクラウチ氏がビクトール・クラムを襲ったか?そうでなければ別の誰かが2人を襲ったかの「どちらか」だと言ったのですが結局3人の話し合いでは結論は出なかったのでした。

3-2.「第3の課題」に向けて・・・
クラムのことは平気で襲ったのに「この1年」誰も僕を襲おうとはしていない。ハリーはそう文句を言いましたがハーマイオニーは「おかしなことが沢山起こっていることだけは判っている」と・・・

だからムーディも正しいしシリウスも正しい!だからあなたは「第3の課題」のトレーニングにすぐに取り掛かるべきだと!さらに二度と1人で抜け出したりしないとシリウスに約束するべきだと・・・

こうしてハリーたち3人は「第3の課題」に向けて図書室に行って呪いを探し自由時間には空っぽの教室に忍び込んでは練習をするなどして最後の課題に向けての準備作業を始めたのでした。

しかし!そんな最中(さなか)にハリーが「占い学」の授業中に額の傷痕が痛んでヴォルデモートに関する夢を見たのでシリウスのアドバイス通り校長室に行ってダンブルドア校長に報告したところ・・・

実はスネイプが死喰い人だったということやルード・バグマン氏が「死喰い人ではないか?」と疑われたこと。さらにはネビルが「どうしておばあさんに育てられたのか?」の理由を・・・

ハリーが知ることになったのでした。

それらの事実を踏まえてハリーは思ったのでした。家族をバラバラにし幾多の人々の人生をメチャメチャにしたのはヴォルデモートなのだ。ハリーはヴォルデモートに対する怒りを新たにしたのでした。

ハリーは代表選手ということで免除されていたのですがロンもハーマイオニーも期末試験の勉強をしなければいけないハズでした。にも関わらず2人はハリーの準備を手伝うことに大半の時間を費やしていたのでした。

ハリーが試験のことを指摘して自分1人で練習するから2人は期末試験の勉強をしたら?と言うとハーマイオニーはそんなハリーに「心配しないで」と答えたのでした。ハーマイオニーが言うには・・・

少なくとも「闇の魔術に対する防衛術」では私たちは最高点を取るだろうと言ったのでした。何故なら授業だけでは「これだけ沢山の呪文」は絶対に勉強できなかったというのです。

こうして3人は「第3の課題」当日を迎えたのですが・・・

3-3.帰りのホグワーツ特急で・・・
リータ・スキーターは「どうして?」学校への出入りを禁止されているのにハグリッドとマダム・マクシームの会話を盗み聞きすることができたのか?さらには「第2の課題」が終わった後の自分と・・・

ビクトール・クラムの会話を聞くことができたのか?さらにはハリーが「占い学」の授業中に額の傷痕が痛んだことを「どうやって?」知ることができたのか?またハリーが「蛇語使い」だということを・・・

どうやって知ったのか?

実はハーマイオニーは期末試験最終日の「第3の課題」当日には気がついていたのですが、その後セドリック・ディゴリーの死にヴォルデモート卿の復活さらには実はムーディが偽者だったことなど・・・

余りにも色んなことが起こり過ぎたので話す暇(いとま)がなかったのです。そのためハリーとロンにようやく打ち明けることができたのは帰りのホグワーツ特急ということになってしまったのでした。

「盗聴器、つまり虫よ」

何と!これはハリー自身もハーマイオニーに言われるまで気づかなかったのですがハーマイオニーはハリーに言われた言葉からヒントを貰ってリータ・スキーターの謎を解き明かしたのでした。

ハーマイオニーは静かな勝利の喜びに声を震わせていたのでした。知っている皆さんはよくよくご存知のようにリータ・スキーターは『無登録の動物もどき』だったのです。

ハーマイオニーはカバンから密封した小さなガラスの広口瓶を取り出すとハリーとロンに告げたのでした。リータ・スキーターは変身して「コガネムシになる」のだそうです。

ハリーが生還して医務室に担ぎ込まれた時ハーマイオニーは病室の窓枠に止まっているリータ・スキーターを捕まえたのだそうです。ハーマイオニーに言われてハリーもクリスマス・ダンスパーティの・・・

夜のことを思い出したのでした。ハリーとロンがハグリッドとマダム・マクシームの会話を聞いている時に石像にコガネムシが止まっていたのです。さらには「第2の課題」の時には・・・

ビクトール・クラムが課題が終わった後にハーマイオニーの髪の毛からゲンゴロウを取り除いていたのでした。それがスキーターだったのです。そして「占い学」の授業の時も・・・

ハリーの額の傷痕が痛んだ時にも教室の窓枠にはスキーターが止まっていたというわけなんですよね。この1年スキーターはニュースのネタを探すためにブンブン飛び回っていたというわけなんですよね。

最後に
そんなわけで先週と今週の2週間に渡って第4巻「炎のゴブレット」のハーマイオニーをお届けして来ましたが当初は「2週間・8回で収まるのだろうか?」と少々(実はかなり)ヒヤヒヤしたのですが・・・

何とか「今日」という日を迎えることができました。しかし!正直言って特に第7巻「死の秘宝」のハリーとハーマイオニーなどは極めて濃密な関係を構築しているので果たして「2週間・8回」で収まるのか?どうか?

心配になって来ました。(苦笑)

関連記事
第1巻「賢者の石」のハーマイオニー
第2巻「秘密の部屋」のハーマイオニー
第3巻「アズカバンの囚人」のハーマイオニー

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.