FC2ブログ
さて!本日は「この2人」に関わる部分について細かく分析してみたいと思います。

7月24日月曜日の記事で触れたのは・・・ベラトリックスの「闇の帝王が倒れた時どこにいた?!」という問いに対してスネイプは「あの方」つまりヴォルデモートに命じられてホグワーツにいた。何故ならアルバス・ダンブルドアをスパイすることをあの方がお望みだったからだと言っているというところまで・・・でした。

先回の記事では長くなるということで「ここから」先は省略してしまいましたが、本日ここから先を詳細に分析してみることにします。

何故?スネイプを雇ったのか!
炎のコブレット下巻264ページでシリウスは「スネイプはいつも闇の魔術に魅せられていて、学校ではそれで有名だった」と言っています。またスネイプは学校に入った時既に7年生の大半の生徒より多くの「呪い」を知っていたそうです。

シリウスはまたダンブルドアがどうして?スネイプを雇ったのか不思議に思っていたとも言っています。またシリウスの知る限りスネイプは死喰い人だと非難されたことはないそうです。

死喰い人だということを隠していた?
炎のゴブレット下巻363ページではカルカロフが「誓ってもいい!セブルス・スネイプは『死喰い人』だ!」と言っているのに対してダンブルドアはスネイプは確かに死喰い人であったが、ヴォルデモートが失脚する前に我らの側に戻り密偵になってくれたと言っています。

つまりシリウスの言っていることと裁判のやり取りなどから総合的に判断すると、スネイプは最初から闇の陣営を裏切るつもりで死喰い人になったので、自分が闇の陣営に加わったこと・・・つまり死喰い人になったことが表沙汰にならないようにしていたのではないかな?という気がします。

セブルス・スネイプと「暴れ柳事件」
アズカバンの囚人461~462ページでルーピンが明らかにしているのが「この事件」です。(携帯版では516~518ページ)

つまりシリウスが暴れ柳の幹のコブを長い棒で突つけば、あとをつけて穴に入ることができることを教え、スネイプがルーピンのあとをつけた結果、ハリーのお父さんがスネイプを引き戻したものの、その時にスネイプはルーピンの正体を知ってしまった。ダンブルドアが決して人に言ってはいけないと口止めしたとのことです。

「ここから」が私の思い切った予測になるのですが、ダンブルドアは『この時』つまり口止めする際にルーピンの正体が狼人間であることを他言しない代わりにホグワーツを卒業後何年かたったら教師として迎える条件を提示したのではないかな?と考えています。

今日の最後に
私の推測が当たっていればの話なんですが・・・
これもローリングさんの「得意技」「常套手段」なんです。
つまり相手を陥(おとしい)れたつもりが結果的には反対に助けることになったり、逆に助けたつもりが結果が裏目に出てしまったりというケースがハリーポッター・シリーズにはよくあります。こういったことを念頭に置いて各巻を読み返すと又新たな発見があったりします。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/78-800cb2fe