FC2ブログ
2年生の時にはハリーのことを「彼はパーセルマウスだぜ」だからそれは闇の魔法使いの印だって誰もが知っている。ヘビと話ができるなんて「まともな魔法使いのわけがない」などとハリーのことを評していたアーニーだったのですが・・・それがダンブルドア軍団に参加してホグワーツの戦いでは?(全3項目)

3-1.ダンブルドア軍団に参加!
そんなわけで思いの他大勢の人が集まってハリーが「ギョッ!」とする中ハーマイオニーが呼びかけ人となって始まることになった「闇の魔術防衛」グループの第1回会合がホッグズ・ヘッドで開催されたのでした。

その会合にアーニーはジャスティン・フィンチ・フレッチリーとハンナ・アボットさらにはスーザン・ボーンズの3人と共に参加したのでした。会合の雰囲気が変わったのはアーニーと一緒に出席した・・・

スーザン・ボーンズの「有体の守護霊を創り出せるって本当なの?」の発言でした。スーザンの問いかけがキッカケとなってハリーの過去の武勇伝が次々と明らかになり集まった人たちがハリーから・・・

習おうということになったのでした。ここでようやくアーニーが「その通り!」と大声を出したのでした。ハリーはそんなアーニーを見て「アーニーはもっとずっと前に発言があって当然だったのに」と思ったのでした。

アーニーは「個人的にはこれはとても大切なことだと思う」と言ったのでした。アーニーはさらに踏み込んで「今年僕たちがやることの中では一番大切かもしれない」とまで言ったのでした。そして・・・

「異論があるものなら言ってみろ!」と言わんばかりに集まった生徒たちを見渡したのでした。そしてアーニーの思い通りに誰も反論をしなかったのでアーニーは話を続けたのでした。

アーニーはさらに「何故?魔法省があんな役にも立たない先生を我々に押し付けたのか?」とも言ったのでした。我々が防衛呪文を使うことを積極的に禁じようとする先生をよこすとはとも言ったのでした。

こうして定期的にハリーから「闇の魔術に対する防衛術」を習おうということになったのですが「この後」がいけません。ハーマイオニーがカバンから羊皮紙と羽根ペンを取り出して「今日ここに来た全員」に・・・

私たちがしようとしていることを他言したりしないよう約束するために『この羊皮紙』にサインして欲しいと言ったのですがアーニーは当初名前を書くことをためらったのでした。何故なら・・・

アーニーは自分は監督生だからだと言うのです。しかしハリーに「このグループは今年僕たちがやることの中で一番大切だって言っただろう?」と突っ込まれてアーニーはようやく羊皮紙にサインをしたのでした。

監督生のアーニーがサインをしたということで不満げな表情を浮かべた者もいましたがアーニーの後は誰も異議を唱えませんでした。グループ全体に奇妙な感覚が流れたのでした。まるで一種の盟約を結んだかのようでした。

3-2.6年生になったら・・・
こうして始まったダンブルドア軍団の活動はマリエッタ・エッジコムの裏切りで終了を余儀なくされたのですがアーニーとハリーを結ぶ絆はDAを通じて以前にも増して強固なものになったのでした。

DAの活動終了後ハリーたち3人とアーニーが再会したのはホグワーツの教壇に再び「魔法薬学」の教師として復帰したホラス・スラグホーンの初授業の時でした。(プリンス上巻176ページ)

ハリーたちが教室の前に並んで見回すと何と!ハッフルパフから「N.E.W.T」レベルに進んだ生徒はアーニー1人だけでした。やはり監督生に選ばれるほどですからアーニーもそれなりに優秀な生徒だということなのでしょう。

ハリーが近づくとアーニーはいつものようにもったいぶって手を差し出したのでした。そして今朝の「闇の魔術に対する防衛術」の授業では声をかける機会がなかったと言ったのでした。

アーニーはスネイプの初授業は良かったものの「盾の呪文」なんかは我々DA常習犯にとっては旧聞に属する呪文だと言いつつロンとハーマイオニーにも「元気ですか?」と声をかけて久しぶりの再会を喜んだのでした。

3-3.ホグワーツの戦いでは・・・
ハリーがホグワーツ入りして「いざ決戦!」ということになり大広間に集合した人たちは誰もがマクゴナガル先生に注目していたのでした。生徒の多くは恐怖ですくんでいましたが・・・

そんな中ハッフルパフのテーブルから「残って戦いたい者はどうしますか?」と叫びながら立ち上がったのがアーニーでした。そんなアーニーに対してマクゴナガル先生は「成人に達した者は残っても構いません」と・・・

応えたのでした。アーニーにとっては「今こそDAを通じてハリーから習った数々の呪文を実戦で使う時が来た!」といった所だったのではないでょうか?アーニーの発言でバラバラと拍手が湧いたのでした。

フレッドを失って絶望のどん底に突き落とされたハリーを救ってくれたのはルーナ、シェーマスとアーニーの3人でした。3人が創った守護霊で吸魂鬼は近づく銀色の動物たちの前に後退したのでした。

ハリーがDAで最後にメンバーに教えた「守護霊の呪文」が生かされた時でした。ハリーは今まで「これほど大変な思いをしたことはない」という程の力を振り絞り杖先から銀色の牡鹿を創り出したのでした。

牡鹿はゆっくりと駆けて前進し吸魂鬼は雲散霧消したのでした。ロンがルーナ、アーニー、シェーマスの3人に向かって「君たちのお陰で助かった」と震えながら言ったのでした。

最後に
実は今回改めてアーニー・マクミランを中心に各巻の関係各所のページを読み返してみて気づいたのですが第1巻「賢者の石」の組分けの儀式の場面でもアーニーは名前が出て来ないんですよね。

共にハッフルパフに組分けされたハンナ・アボット、スーザン・ボーンズそしてジャスティン・フィンチ・フレッチリーの3人は名前が出て来ているのですがアーニーは出て来ていません。

さらにホグワーツの戦いでもハンナ・アボットはシェーマス・フィネガンと共にヴォルデモートに殺されそうになっているところをハリーに助けられているのですがアーニーの名前はどこにも出て来ないんですよね。

結果としてアーニーは肝心要の時に名前が登場しないということになっています。果たしてホグワーツの戦いではアーニーは生き残ったんでしょうか?要するに消息不明という状態になっています。

私は生き残ったと信じたいですね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/787-ee1f3c69