FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

さて!最近「人」「人」「人」と結構同じカテゴリーが続いたので今日と明日の2日間は少し趣きを変えた内容の記事にしてみることにしました。何としても思いを遂げたいという人にとっては良薬のようですが使い方を誤ると劇薬になってしまうようです。(全3項目)

3-1.改めて「愛の妙薬」について
ハリーポッター・シリーズの副読本の内の1冊「幻の動物とその生息地」にもチラリと愛の妙薬のことが出て来ます。それはアッシュワインダーという真っ赤に輝く目をした灰白色の細い蛇で・・・

魔法火を長時間ほったらかしで燃やし続けると創り出されるんだそうです。アッシュワインダーの寿命はたったの1時間で生きている内に暗い隔離された場所に卵を生みつけるんだそうです。

アッシュワインダーの卵は鮮やかな赤で高熱を発し住居を火事にするのでアッシュワインダーが家の中にいると気づいた魔法使いは早急に卵を見つけて凍結させなくてはならないんだそうです。

しかし凍結したアッシュワインダーの卵は丸ごと食べれば熱さましとしても使えますし「愛の妙薬」の原料として大変な価値があるのだそうです。アッシュワインダーは洋の東西を問わず世界中に存在するんだそうです。

プリンス上巻282ページでホラス・スラグホーンは世界一強力な愛の妙薬「魅惑万能薬」について「この薬は実際に愛を創り出すわけではない」と言っていますね。愛を創ったり模倣したりすることは不可能だと・・・

「魅惑万能薬」は単に強烈な執着心や強迫観念を引き起こすだけだと言っていますね。したがって今この教室にある「真実薬」や「ポリジュース薬」よりも危険で強力な薬であろうとも言っているんですよね。

3-2.ウィーズリー・ウィザード・ウィーズでも
そんな「愛の妙薬」なんですがハリーの出資でフレッドとジョージがダイアゴン横丁に開店させた「あの」ウィーズリー・ウィザード・ウィーズでも特製「ワンダーウィッチ」製品と称して売られているんですよね。

プリンス上巻183ページでハリーがフレッドに案内されて窓の近くの売り場に行くと思いっきりピンク色の商品が並べてあり興奮した女の子の群れが興味津々でクスクス笑っていたのでした。

フレッドが「どこにもない最高級『惚れ薬』」だと誇らしげに言うとジニーは疑わしげに片方の眉を吊り上げながら「効くの?」と訊いたのでした。それに対してフレッドは「もちろん効くさ」と・・・

ただし「1回で最大24時間」さらに問題の男子の体重にもよると答えたのでした。さらに「女子の魅力度にもよる」とも言ったのでした。すると突然ジョージが姿を現して言うには・・・

「しかし、我らの妹には売らないのである」

ジョージは厳しい口調で「既に約5人の男子が夢中であると聞き及んでいるからには」と言ったのですがジニーは「ロンから何を聞いたのか知らないけど大嘘よ」と反論したのでした。

フレッドはなおも「ボーイフレンドを渡り歩く速度が速すぎないか?」とジニーを追及したのですが、そんなフレッドに対してジニーは「余計なお世話よ」と怯(ひる)むことなく言い返したのでした。

3-3.ロミルダ・ベインがハリーに・・・
昨年度まではハリーのことを「目立ちたがり屋の嘘つき」などと誹謗・中傷していた「日刊予言者新聞」が今度は「選ばれし者?」等と報道姿勢を180度転換させたためハリーは一転してモテモテとなり・・・

ハリーがキャプテンに就任したクィディッチのグリフィンドール・チームには応募者が殺到したのでした。そして次の大きなイベント「クリスマス・パーティ」に向けて女の子たちは動き始めたのでした。

プリンス上巻462ページでハーマイオニーはハリーに「気をつけないといけないわよ」と忠告したのでした。みんながハリーにスラグホーンのクリスマス・パーティに連れて行ってもらいたいと必死になっているからと。

ハーマイオニーが言うには今ここ(図書室)に来る前に女子トイレに行ったら10人ぐらいの女の子が集まってハリーに気づかれないように「惚れ薬」を盛る方法を話し合っていたんだそうです。

特にロミルダ・ベインは本気のようだったとハーマイオニーはハリーに強く忠告したのでした。そんなハーマイオニーに対してハリーが「それならどうして取り上げなかったんだ?」と訊くと・・・

ここ一番という肝心な時に「規則遵守熱」がハーマイオニーを見捨てたのは「何故なんだ?」と思ったハリーだったのですがハーマイオニーが言うには「あの人たち、トイレでは薬を持っていなかった」と・・・

だからフレッドとジョージの店で買った「惚れ薬」を取り上げることはできなかったというわけなんですよね。そして図書室の閉館時間となって2人が談話室に戻ると早速「その」ロミルダ・ベインがハリーに・・・

「ギリーウォーターはいかが?」

ハーマイオニーがハリーを振り返って「ほぅらね!」という目つきをしたのでした。ギリーウォーターに「惚れ薬」が仕込んであるのは火を見るより明らかでした。ハリーは咄嗟に「あんまり好きじゃないんだ」と・・・

嘘をついてロミルダ・ベインをかわしたのですが敵(?)はちゃーんと次の手を用意していたのでした。ロミルダは今度はハリーの手にファイア・ウィスキー入りの大鍋チョコレートを押し付けて来たのでした。

さすがに「これも嫌いなんだ」とは答えられずハリーは大鍋チョコレートを受け取ったのでした。そんなハリーにハーマイオニーは「だから誰かをクリスマス・パーティに誘わないと」と言ったのでした。

そうすればみんなが諦めてくれると・・・

今日の最後に
そんなわけで事前にハーマイオニーから聞いていたのでハリーは「惚れ薬」入りの飲み物や食べ物を飲んだり食べたりはしなかったというわけなんですが、私たちマグルはそもそも・・・

「そんなもの」が存在するということ自体を知らないというわけで・・・

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.