FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ロミルダ・ベインが自分の思いを遂げるためにハリーに「愛の妙薬」を盛ろうとした行為はまだまだ「無邪気な企て」と云えなくもないですが、それが後に魔法界を大きく揺るがす史上最強の闇の魔法使いヴォルデモート卿の誕生に繋がって行くということになると・・・(全3項目)

3-1.メローピー・ゴーントがトム・リドルに
ゴーントの小屋を頻繁に馬で通り過ぎていたハンサムなマグルそれがトム・リドル・シニアでした。驚くべきことに代々純血を誇りにして来たゴーント家の1人娘メローピー・ゴーントが密かに胸を焦がしていたのは?

何と!マグルの男だったのです。父親に怯(おび)えている時にはメローピーの魔力は十分に生かされている。つまり発揮しているとは云えない状況でした。その父親マールヴォロが1人息子のモーフィンと共に・・・

アズカバンに投獄されて1人になった時メローピーは生涯で初めて自分の能力を完全に解き放ち18年間の絶望的な生活から逃れる手はずを整えることができたのでした。そんなメローピーがしたこととは?

トム・リドルにマグルの女性を忘れさせ代わりに自分と恋に陥るようにするためにメローピーが講じた手段が「愛の妙薬」だったというわけなんですよね。こうしてゴーント父子がアズカバンに送られて数ヵ月後には・・・

リトル・ハングルトンの村は「とんでもない醜聞」で沸き返ったのでした。事もあろうに大地主の息子が碌(ろく)でなしの娘のメローピーと駆け落ち結婚をしたのでした。そしてメローピー・リドルは・・・

後にヴォルデモート卿となる男の子を産んだのですが・・・

3-2.止めてしまったことで起きた悲劇
ところが衝撃の駆け落ち結婚から数ヵ月後にトム・リドルはリトル・ハングルトンの屋敷に妻のメローピーを伴わずに帰って来たのでした。村ではリドルが「たぶらかされた」とか「騙された」などと話しているとの・・・

噂が飛び交ったのでした。実際にリドルが言おうとしていたのは魔法がかけられていたのが解けたということのようでした。しかし当然結婚相手が「魔女」だということを口にすることはできなかったため・・・

リドルの言うことを聞いた村人たちはメローピーがトム・リドルに妊娠していると嘘をついたがために2人は結婚するに至ったと推量したのでした。しかしメローピーは本当に赤ん坊を産んだのです。

しかしメローピーが子供を産んだのは結婚してから1年後のことでした。トム・リドルはまだ妊娠中のメローピーを捨てたのです。何がおかしくなったのか?何故「愛の妙薬」が効かなくなったのか?

どうやらメローピーは余りにも夫を深く愛していたので魔法で夫を隷従させ続けることに耐えられなくなってしまったのでした。そのためメローピーは薬を飲ませるのを止めるという選択をしてしまったのでした。

自分が夢中だったものだから夫も自分の愛に応えてくれるだろうと考えてしまったのです。あるいは産まれて来る赤ん坊のために一緒にいてくれると確信したのでした。然るに夫のトム・リドルは・・・

メローピーの期待に反してリドルは妻を捨て2度と再び会うことはなかったのです。そしてさらに自分の息子が「どうなっているのか?」を調べようとはしなかったのでした。そのためトム・リドルは・・・

自身の両親と共に実の子供に殺されるという末路に至ってしまったというわけなんですよね。

3-3.ヴォルデモート卿と「愛の妙薬」
炎のゴブレット下巻442ページ(携帯版886ページ)でヴォルデモート卿は自分の母親はこの村に住む魔女で父親と恋に落ちた。しかし母親が正体を打ち明けた時に父は母を捨てたと言っていますね。

父親は魔法を嫌っていた。だから奴は母を捨てマグルの両親の所に戻った。それは自分が生まれる以前のことだったと説明していますね。そして母が自分を産んだ直後に死んだため自身はマグルの孤児院で育ったと・・・

だからヴォルデモート卿は自分の父親に復讐をしてやったと言っていますが当時の事情を知れば父親が母メローピーに「愛の妙薬」を盛られたがために意に反する結婚をしてしまったということが判ったハズですよね?

それならどうして?ヴォルデモート卿は自分の実の父親を祖父母もろとも殺してしまったのでしょうか?

プリンス下巻70ページでダンブルドアはトム・リドル後のヴォルデモート卿は自分にふさわしくないリドル家系の最後の人々を全員抹殺したと言っていますね。そして同時に自分を望むことがなかった父親に復讐をしたと・・・

そして再びゴーントの小屋に戻ると複雑な魔法で伯父に偽の記憶を植えつけた後に伯父がはめていた古い指輪をホケットに入れて「その場」を去ったのです。そして「その時」奪った指輪がヴォルデモート卿の・・・

最初の分霊箱になっているというわけなんですよね。

最後に
他人がうらやむような整った外見もヴォルデモート卿にとってはマグルの父親譲りの忌まわしいものだったんでしょうね。だから複数の分霊箱を作ることによって失われても惜しくも何ともなかったというわけなんですよね。

そのヴォルデモート卿も「愛の妙薬」がなかったら生まれて来なかったというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.