FC2ブログ
「マルフォイのお陰で買っていただきました」飛行訓練の授業の際に自分が取った行動がキッカケになって結果としてハリーをクィディッチのグリフィンドール・チームに入れることになってしまったドラコ!試合での大活躍でハリーに対する恨みと妬みを募らせたドラコがしたこととは?(全3項目)

3-1.ニンバス2000とドラコ
決闘の約束をしていたトロフィー室に現れなかったドラコに「どうやって仕返しをしようか?」と思っていたハリーとロンだったのですが、そのチャンスは1週間後に郵便と共にやって来たのでした。

6羽のふくろうが競技用の箒「ニンバス2000」を運んで来たのでした。1時間目が始まる前に2人だけで箒を見ようと急いで大広間を出たハリーとロンだったのですが行く手で待ち構えていたのが・・・

クラッブとゴイルでした。ドラコがハリーの包みをひったくって中身を確かめるように触ると「箒だ」と言ってハリーに包みを投げ返したのでした。そして妬ましさと苦々しさの入り混じった表情でこう言ったのでした。

「今度こそおしまいだなポッター。1年生は箒を持っちゃいけないんだ」

ロンとドラコが言い争いをしている所にフリットウィック先生が現れたのでした。最初にハリーと出会った時には「競技用の箒をこっそり持ち込んでやる」と言っていたことは棚に上げてドラコは・・・

フリットウィック先生に早速「ポッターの所に箒が送られて来たんですよ」と言いつけたのでした。しかしフリットウィック先生は意に介さない様子でハリーに「箒は何型かね?」と訊ねたのでした。

ドラコのひきつった顔を見て笑いを必死で堪(こら)えながらハリーは「ニンバス2000です」と答えたのでした。そしてさらに「実はマルフォイのお陰で買っていただきました」と付け加えたのでした。

ドラコは怒りと当惑をむき出しにした顔をしたのでした。そしてハリーとロンは笑いを押し殺しながら階段を上がり大理石の階段の上まで来た時に思う存分笑ってやったのでした。つまりはドラコが・・・

ネビルの「思い出し玉」を拾ってくれたお陰でハリーはチームに入れたというわけだったんですよね。

3-2.クリスマス休暇を目前に控えて
「家に帰って来るなと言われてクリスマスなのにホグワーツに居残る子がいるんだね」

「魔法薬学」の授業の時にドラコが言ったのでした。そう言いながらハリーの様子を伺っています。それに呼応するようにクラッブとゴイルがクスクス笑ったのでした。ハリーはそんな3人を無視したのでした。

先刻のクィディッチ試合グリフィンドール対スリザリン戦ではハリーがスニッチを口に飲み込んでスリザリンを負かしたことを根に持ってドラコはハリーを笑い者にしようと「次の試合では大きな口」の・・・

木登り蛙がシーカーになるぞとはやしたてたのでした。しかし誰もドラコの飛ばすジョークに笑おうとはしなかったのでした。乗り手を振り落とそうとした箒に見事にしがみついていたハリーに・・・

みんなとても感心していたからです。妬ましいやら腹立たしいやらでドラコは再び古い手に切り替えてハリーにちゃんとした家族がないことを嘲ったのでした。しかしドラコにどれだけなじられても・・・

ハリーは自分が哀れだとは全く思いませんでしたしホグワーツで初めて迎えるクリスマスが今までの人生で最高になるだろうと期待していたのでした。だからこそ先週マクゴナガル先生が・・・

クリスマスに寮に残る生徒のリストを作った時にはハリーはすぐに名前を書いたのでした。

3-3.グリフィンドール対ハッフルパフ戦
そんなわけでホグワーツ特急では握手を拒否されるわ自分がなりたくってなりたくってしょうがなかったクィディッチの選手になるわでハリーに対する恨みと妬みが最高潮に達したドラコは・・・

グリフィンドール対ハッフルパフ戦では「ポッターはどのくらい箒に乗っていられるかな?」とか「ポッターはきっと地面にお金が落ちているのを見つけたに違いない」などと・・・

皮肉たっぷりのジョークを飛ばしていたのでした。そんなドラコにロンもついに切れて次にドラコが気がついた時には馬乗りになって地面に組み伏せていたのでした。一方ハリーのほうはと云えば?

スネイプがふと箒の向きを変えた途端、スネイプの耳元を紅の閃光が掠めて行ったのでした。ほんの数センチの間隔でした。次の瞬間にはハリーは急降下を止めて意気揚々と手を挙げていたのでした。

その手にはスニッチが握られていたのでした。

ハリーは地上から30センチの所で箒から飛び降りたのでした。自分でも信じられませんでした。何と試合開始から5分と経っていない内に試合が終わってしまったのです。こんなことは前代未聞でした。

そしてドラコはロンに目に青あざを作られてしまったのでした。

今日の最後に
自分の取った行動が結果としてハリーをクィディッチのグリフィンドール・チームに入るキッカケにされてしまい加えてハリーの活躍で自分の寮のチームは負けるわグリフィンドールは連勝するわで・・・

ドラコのハリーに対する恨みや妬みは最高潮に達していたのですが、お返しをするチャンスは意外な形で巡って来たのでした。それはホグワーツの森番のハグリッドが自分の小屋で違法な生き物を飼い始めたのです。

それを見たドラコは・・・
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/794-b995d7d6