FC2ブログ
ドラコは必死になってマクゴナガル先生に訴えたのでした。誤解です。ハリー・ポッターがドラゴンを連れて来るんです。しかし!そんなドラコにマクゴナガル先生が言い渡した非情の通告とは?(全3項目)

3-1.ドラゴン
そんなわけでハグリッドがドラゴンの卵を入手したことをドラコが「どうやって知ったのか?」は不明ですが、おそらくはロンとハリーに仕返しをする機会を伺って図書室で勉強している3人に・・・

気づかれないように張り付いていたんじゃないかな?と私は思いますね。そして図書室でのハリーたち3人とハグリッドの会話を聞いたんじゃないかな?と思います。そして「これだ!」と思ったんじゃないかと思います。

そんなドラコの行動にハリーが気づいたのはヘドウィグがハグリッドの「いよいよ孵るぞ」の手紙を運んで来た時でした。「薬草学」の授業をサボってハグリッドの小屋に行こうとしていたロンを・・・

ハーマイオニーが「そんなことをしたら面倒なことになる」と言っていた時でした。ハリーが数メートル先で立ち止まって聞き耳を立てているドラコに気づいたのでした。ハリーは2人に「黙って!」と・・・

小声で注意したのでした。ハリーはドラコが2人の会話を「どこまで聞いたのか?」がとても気がかりになったのでした。結局3人は午前中の休憩時間にハグリッドの小屋に行くことにしたのでした。ところが・・・

卵の殻を破ってドラゴンが生まれて来る瞬間を見ていたのはハグリッドとハリーたち3人だけではなかったのです。遠目に見ても「その姿」はまぎれもない。ハリーが小屋の窓から見たのはドラコ・マルフォイでした。

3-2.必死に訴えたものの・・・
ロンがノーバートに噛まれて医務室に入院するとドラコはロンの持っている本を「借りたい」とマダム・ポンフリーに申し入れたのでした。そして本に挟んであったチャーリーの手紙を入手することに成功したのです。

ハリーとハーマイオニーが土曜日の真夜中にドラゴンを引き渡そうとしていることをドラコが知っていることは火を見るより明らかでした。しかしドラコはハリーが「透明マント」を持っていることを知りません。

今さら手紙をもう一度出してチャーリーに計画を中止すると伝える時間も余裕もないということでハリーの決断で予定通り土曜日の真夜中にノーバートを引き渡すことにしたのでした。

引渡しする場所の下の階段にハリーとハーマイオニーがたどり着いた「その時」でした。2人の目の前で何かが動いたのでした。ハリーとハーマイオニーは自分たちの姿が見えなくなっていることも忘れて・・・

物陰に小さくなって隠れたのでした。するとそこにはタータンチェックのガウンを着て頭にヘアネットを被ったマクゴナガル先生がいたのです。先生が耳をつかんでいたのはドラコ・マルフォイでした。

「罰則です!さらにスリザリンから20点の減点!」

ドラコはマクゴナガル先生に「誤解です」とさらに「ハリー・ポッターがドラゴンを連れて来るんです」と必死に訴えたのですが先生は「何というくだらないことを!どうしてそんな嘘をつくんですか!」と言って・・・

ドラコの言うことを信じてくれようとはしなかったのでした。しかしドラコが罰則を食らって大喜びしていたハーマイオニーもそしてハリーも「透明マント」を塔のてっぺんに忘れて来てしまったので・・・

ドラコと一緒に罰則を受けることになってしまったのでした。

おまけにグリフィンドールは一晩に150点の減点!

3-3.罰則
試験を1週間後に控えた日の夜11時にハリー、ハーマイオニーにネビルとドラコの罰則が「禁じられた森」で行われたのでした。玄関ホールには管理人のフィルチが待っていたのでした。

罰則が行われる場所が「禁じられた森」の中だと聞いたドラコは「その場」でピタッと動かなくなりドラコはいつもの冷静さを失っていたのでした。ドラコはハグリッドに「僕は森に行かない」と言ったのですが・・・

そんなドラコに対してハグリッドは「ホグワーツに残りたいなら行かねばならん」と厳しく言い返したのでした。さらにハグリッドは悪いことをしたのだから「その償い」をしなければいけないとも言ったのでした。

なおもドラコは執拗に「森に行くのは召使いのすることだ」と生徒にさせることじゃないとも訴えたのでした。そして僕がこんなことをすると聞いたら父親が黙っていないとも言ったのでした。

するとハグリッドは「お前の父親が今夜のことを知っても」これがホグワーツの流儀だって言い聞かせることになるだろうと唸るように言ったのでした。そしてどうしても嫌だと言うのなら・・・

城に戻って荷物をまとめろと・・・

今日の最後に
と!いうわけでこれで第1巻「賢者の石」のドラコ・マルフォイは終わりです。ドラコは試験の1週間前に受けた罰則が相当こたえたらしく以降はおとなしくしていたというわけなんですよね。

それにしても今回改めてドラコを中心に第1巻を読み返してみて思ったことはドラコ・ファンには申し訳ないんですが「ドラコって何て嫌な奴なんだ」ということですよね。

ホグワーツ特急で約1ヵ月ぶりに会ったハリーに対しては「もう少し礼儀を心得ないと君の両親と同じ道をたどることになるぞ」などと挑発的な言葉を浴びせてみたり・・・

さらには自分のほうから決闘を申し入れておきながら約束していた場所に現れないなんて、どうするとこんなことが平気でできてしまうんでしょうか?11才で既にこんなにずる賢いなんてね。(苦笑)

どんな育てられ方をして来たんでしょうね?
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/795-c4c52152