FC2ブログ
グリフィンドールの選手は誰1人としてお金で選ばれたりしていない。こっちは純粋に才能で選手になったのよ。せっかく寮の選手になれたというのに冷や水をかけるような言葉を浴びせて来るハーマイオニーに対してドラコが言い放った差別的な言葉とは?(全3項目)

3-1.スリザリン・チームの新メンバー
ハリー2年目のホグワーツでの学生生活はギルデロイ・ロックハートが廊下を歩いて来るのが見えるたびに隠れたり1年生のコリン・クリービーが1日に6回も7回も声をかけて来るのに随分時間を取られることになったのでした。

何より厄介だったのがコリン・クリービーでした。どうやらハリーの時間割を暗記しているようなのです。そのため頻繁にハリーの前に現れハリーが「どれだけ迷惑そうな声」を出そうがハリーに返事をしてもらう毎に・・・

コリンは最高にワクワクしているようでした。週末の土曜日もハリーはロンとハーマイオニーと一緒にハグリッドの小屋を訪ねる予定になっていたのに突如としてクィディッチの練習ということになり・・・

ユニフォームに着替えてハリーが談話室に下りて来ると早速カメラを持ったコリン・クリービーが現れてクィディッチ競技場にまでついて来たのでした。客席で写真を撮りまくっているコリンを見て・・・

キャプテンのオリバー・ウッドは「スリザリンのスパイじゃないか?」と言ったのですが、それに対してジョージが「スリザリンにスパイなんて必要ない」と言ったのでした。何故なら・・・

「ご本人たちがお出まし」だからだと言うのです。確かにジョージが指差すほうを見るとグリーンのローブつまりスリザリン・チームのユニフォームを着た一団が競技場に入って来る所でした。

オリバー・ウッドが「僕が予約したんだぞ」と抗議するとスリザリン・チームのキャプテンのマーカス・フリントが「スネイプ先生が特別にサインしてくれたメモがある」と言うのです。それは・・・

本日クィディッチ・ピッチにおいて新人シーカーを教育する必要があるためスリザリン・チームが練習することを許可すると言うのです。すると目の前の大きな6人の後ろから小さな7番目が現れたのでした。

それがドラコ・マルフォイだったのです。

3-2.穢れた血
フレッドが嫌悪感をむき出しにして「ルシウス・マルフォイの息子じゃないか」と言うとスリザリン・チームのキャプテンのマーカス・フリントは「ドラコの父親を持ち出すとは偶然の一致だな」と言って・・・

「その方がくださった」と言いながら7人の選手全員が一斉に持っていた箒を突き出したのでした。ピカピカに磨き上げられた新品の柄には美しい金文字で「ニンバス2001」と銘が書かれていたのでした。

先月出たばかりという最新型の箒を目の前にしてグリフィンドール・チームは一瞬誰も言葉が出ませんでした。ドラコはますます得意げにニターッと笑い冷たい目が2本の糸のように細くなったのでした。

朝食を終えて競技場に駆け付けたロンとハーマイオニーにドラコが「僕はスリザリンの新しいシーカーだ」と満足げに言った後さらに「僕の父上がチーム全員に買ってあげた箒を賞賛していた所だ」と言うと・・・

ハーマイオニーは「少なくともグリフィンドールの選手は誰1人としてお金で選ばれたりしてないわ。こっちは純粋に才能で選手になったのよ」と言い返したのでした。ハーマイオニーの「この一言」で・・・

ドラコの自慢顔がちらりと歪んだのでした。

するとドラコは「誰もお前の意見なんか求めていない」と吐き捨てるように言ったのでした。何故ならハーマイオニーは生まれ損ないの『穢れた血』だからと言うのです。途端に轟々と抗議の声が上がったのでした。

ハリーには「その言葉」の意味が理解できませんでしたがフレッドとジョージがドラコに飛びかかろうとしましたしアリシア・スピネットが「よくもそんなことを!」と金切り声を上げているのでドラコが口にしたのが・・・

相当ひどい言葉だということは判ったのでした。

3-3.ドラコ・マルフォイがスリザリンの継承者?
10月31日の夜にミセス・ノリスが襲われたことを受けてハリー、ロン、ハーマイオニーの間で「スリザリンの継承者は誰なのか?」さらに「スクイブやマグル生まれの子をホグワーツから追い出したい」と願っているのは?

「誰なのか?」という議論になりロンはわざと頭をひねって「我々の知っている人の中でマグル生まれはくずだと思っている人は誰でしょう?」と言ってハーマイオニーの顔を見るものだから・・・

ハーマイオニーは「まさか!」という顔でロンを見返したのでした。ロンは「当然だろ!」といった雰囲気で「あいつの腐ったネズミ顔を見ただけで、そうだと判りそうなもんだろう!」と言ったのでした。

ロンはドラコ・マルフォイがスリザリンの継承者でミセス・ノリスを襲ったのは奴に違いないと主張したのですがハーマイオニーは「それは疑わしい」という顔をしたのでした。ハリーはロンの意見に同意したのでした。

ドラコ・マルフォイの家系は全てスリザリン出身だ。ドラコはいつもそれを自慢している。あいつの父親もどこから見ても悪玉だしマルフォイ家がスリザリンの末裔でも決しておかしくはない。

しかしハーマイオニーは「その可能性はあるわ」と言うに留まり慎重姿勢でした。ハリーがハーマイオニーに「どうやって証明する?」と問いかけるとハーマイオニーは「方法がないことはない」と答えたのでした。

「その方法」とは非常に難しくて危険で学校の規則を「50」は破ることになるんだそうです。それはポリジュース薬を使うんだそうです。それを作れば私たち3人がスリザリンの誰かに変身をして・・・

ドラコ・マルフォイに正体を気づかれずに質問をすることができるんだそうです。ハーマイオニーは数週間前に「魔法薬学」の授業で「その薬」のことを聞いたとのことでした。

今日の最後に
当サイトでは種々形を変えて繰り返し何度も取り上げていることなんですがポリジュース薬を作る方法が記されている本「最も強力な薬」は禁書の棚にあって持ち出すには先生のサイン入りの許可証が必要でした。

そこでハーマイオニーたち3人は今年度「闇の魔術に対する防衛術」の教師になったギルデロイ・ロックハートにサインしてもらうことにしたのでした。ハーマイオニーはロックハートに・・・

先生の「グールお化けとのクールな散策」に出て来る「ゆっくり効く毒薬」を理解するのに役に立つと口から出まかせを言って許可証にサインして欲しいと頼んだのですがロックハートは・・・

ハーマイオニーたちが「何の本を借りるのか?」を見もせずに許可証にサインしてくれたというわけなんですよね。3人が違法な魔法薬「ポリジュース薬」を作るのに至ったのは「この薬」を作れば・・・

「ドラコ・マルフォイを尋問できる!」ということ一点に尽きたというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/797-b076a870