FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

懲戒尋問という高いハードルを乗り越えての新学期だっただけにハリーは9月1日を迎えて感慨深げだったのですが・・・一方監督生になって最初の学期となったハーマイオニーの前に立ちはだかった人物とは?(全3項目)

3-1.ホグワーツ特急では?
「あなたがキングズ・クロス駅に護衛つきで行くの」

新学期初日の朝ハリーは寝坊したのでした。ハリーを起こしに来たハーマイオニーがマッド・アイがスタージス・ポドモアが来ないと護衛が1人足りないから出発できないと駄々をごねていると言うので・・・

ハリーが「僕たちキングズ・クロス駅に護衛つきで行かなきゃならないの?」と疑問を示したのに対してハーマイオニーが言ったのが前述の言葉だったというわけです。ハーマイオニーにそう言われて・・・

ヴォルデモートは鳴りを潜めているはずなのに何で護衛つきで?とイラつくハリーにハーマイオニーは「マッド・アイがそう言ってるだけ」と自分の時計を見ながら上の空で答えたのでした。

それぐらい時間がなかったのです。

ハリーたち一行はトランクとふくろうをマッド・アイに預けて歩いてキングズ・クロス駅に行ったのでした。こうしてハリーたちはマッド・アイに「手紙の内容には気をつけろ」などと言われつつ・・・

慌しくホグワーツ特急に乗っての出発ということになったのでした。そしてハリーがいつものように「コンパートメントを探そうか?」と声をかけるとロンとハーマイオニーは目配せし合ったのでした。

ハーマイオニーは言いにくそうにロンと自分は監督生の車両に行くことになっているとハリーに告げたのでした。ハリーは言われて「いいよ」と答えたもののハーマイオニーとロンが・・・

トランクとクルックシャンクスに籠入りのピッグウィジョンを引きずって機関車のほうに消えて行くと妙に寂しくなったのでした。3人一緒のホグワーツ特急の旅にすっかり慣れ切っていたからです。

2人が行った後ハリーはジニーと一緒に空いたコンパートメントを探すために列車の通路を歩き始めましたが、嫌でも興味深げにハリーを見返す生徒が多いことに気づいたのでした。そんな生徒たちの様子を見て・・・

ハリーは「日刊予言者新聞」がこの夏中、読者に対してハリーが嘘つきの目立ちたがり屋だと吹聴していたとハーマイオニーに言われたことを思い出したのでした。ハリーは自分を見た生徒たちが・・・

そんな記事を信じたのだろうか?と思うと寒々とした気持ちになったのでした。

3-2.ドローレス・アンブリッジ
そんなわけでハーマイオニーにとっては監督生バッヂを胸につけたドラコ・マルフォイが早速前にも増してひどいイジメをしている所を目撃するわバグリッドがいないわで波乱含みの新学期初日になったのですが・・・

最大のハイライトと云えば今年度「闇の魔術に対する防衛術」の教師になったドローレス・アンブリッジの演説ということになるでしょうね。事もあろうに新任の教師がダンブルドア校長の話を途中で遮ったのです。

尖った歯を剥き出しにして笑いながらアンブリッジ先生は「皆さんの幸せそうなかわいい顔が私を見上げているのは素敵ですわ!」と言ったのでした。しかしハリーが見渡す限り幸せそうな顔など全くありません。

むしろ5歳児扱いされて生徒全員が愕然とした表情をしていたのでした。さらにアンブリッジ先生は「皆さんとお知り合いになれるのを楽しみにしております。きっとよいお友達になれますわよ!」とも言ったのでした。

この一言にはみんなが顔を見合わせたのでした。冷笑を隠さない生徒もいました。そしてアンブリッジ先生は再び咳払いをすると話し始めたのですが話し方がガラリと変わっていたのです。

それ以前よりずっとしっかりした口調でしたが、その一方で暗記したように無味乾燥な話し方になっていたのです。ハリーは注意力が退いて行くのが判りました。話の内容が頭の中に入って来ないのです。

ダンブルドア校長が話す時には大広間は常に静かで生徒全員が話に耳を傾けているのですが今はそれが完全に崩れ去っていました。ほとんどの生徒はアンブリッジ先生の話など聞いてはいないのです。

そんな中アンブリッジ先生の言葉を細大漏らさず聞いていた唯一の生徒がハーマイオニーだったのです。しかしハリーが見る所ハーマイオニーの表情は「全くおいしくない」といった感じでした。

ハリーには中身のない無駄話にしか聞こえませんでしたが、ハーマイオニーに言わせると「その無駄話に大事なことが隠されていた」と云うのです。その大事なこととは?

ハーマイオニーは不吉な知らせを告げるようにハリーとロンに「教えて差し上げるわ」と言ったのでした。つまりアンブリッジ先生が無駄な話の中にそっと織り交ぜていたのは?

「魔法省がホグワーツに干渉するということよ」

3-3.学期2日目の朝に・・・
宴会が終わってハリーが寝室に入ると同室のグリフィンドール生のシェーマス・フィネガンとの間で議論になりハリーは同じ寮の同室の生徒から「狂っている」と言われてしまったのでした。

「その」シェーマス・フィネガンは翌日の朝には猛スピードで着替えを済ませるとハリーがまだ靴下も履いていない内に寝室を出て行ったのでした。ネビルとロンはハリーに「悪いのはあいつだ」と・・・

ハリーを慰めるように目配せをしてくれましたが、ハリーにとっては同室のシェーマスにまでこんな態度を取られて「こんなことにいつまで耐えなきゃならないんだ!」といった所でした。

「どうしたの?」

5分後朝食に向かう途中で談話室を半分ほど横切ったあたりでハリーとロンに追いついたハーマイオニーがハリーの怒りの表情を見て取って訊いて来たのでした。黙っているハリーに代わってロンが答えたのでした。

「シェーマスが『例のあの人』のことでハリーが嘘ついてると思ってるんだ」

ハリーは自分の代わりにハーマイオニーが怒ってくれるだろうと期待したのですがハーマイオニーは憂鬱そうに「ラベンダーもそう思っているのよ」と溜め息混じりの返事をして来たのでした。

そしてハーマイオニーはハリーに「昨年度末の宴会でダンブルドアが言ったことを憶えていないの?」と言ったのでした。つまりヴォルデモートのことでダンブルドアはこう言ったというのです。

「不和と敵対感情を蔓延させる能力に長けておる」だからそれと戦うには同じくらい強い友情と信頼の絆を示すしかないとダンブルドアがそう言っていたとハーマイオニーは2人に言ったのでした。

しかし!そんな「組分け帽子も団結せよ」と言っていたというハーマイオニーに対してロンは「だけどハリーは昨夜いみじくも言ったぜ」と反論したのでした。つまりスリザリンと仲良くなれっていうのなら・・・

「無理だね」

今日の最後に
そんなロンに対してハーマイオニーは「寮同士の団結にもう少し努力しないのは残念だわ」と言いましたが、次の瞬間にはハリーを見た4年生のレイブンクロー生が群れを固めるのを見てハリーは思わず・・・

「あんな連中と仲良くするように努めるべきだな」と皮肉を漏らしてしまったのでした。4つの寮が団結するのにはまだまだ時間がかかりそうだと即座に判る出来事でした。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.