FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

アンブリッジが初代の高等尋問官に?学校にいるだけでも十二分に不愉快な存在なのにさらに権限が強化されるとは!そこでハーマイオニーがハリーとロンに新たに持ちかけた話とは?それを受けてのハリーの反応は?(全3項目)

3-1.ホグワーツ高等尋問官
パーシーがロンに宛てて出した手紙の中で繰り返し言っていた「明日の日刊予言者新聞を見れば判る!」というのは「何なのか?」ハリーたちは当初そんなに大きな記事になるとは予想していなかったので・・・

「その記事」を見つけるには翌朝の「日刊予言者新聞」を隅から隅まで隈なく読まなければいけないだろうと思っていたのですが実際に新聞が届いてみると?そこには大きな見出しで・・・

「魔法省、教育改革に乗り出す」
「ドローレス・アンブリッジ、初代高等尋問官に」

記事の中には「現校長が空席の教授職に候補者を配することができなかった場合は魔法省が適切な人物を選ぶことになった」と書かれていて、その結果「闇の魔術に対する防衛術」の教師に・・・

「あの」アンブリッジが就任したことが記されていたのでした。しかもアンブリッジは新たな職位に就いて他の先生方を監視・査察する権限を持つことになったのでした。記事を読み終えてハーマイオニーは・・・

これで何でアンブリッジなんかが来たのかが判ったと向かい側に座っているハリーとロンに言ったのでした。真相はファッジが「教育令」を出してアンブリッジを学校に押し付けたということだったというわけです。

ハーマイオニーは息が荒くなり目がギラギラしていました。そして「信じられない!こんなこと!許せない!」と怒りは頂点に達していたのでした。この報道を受けてハーマイオニーは・・・

3-2.ハーマイオニーの提案
ハーマイオニーは「もしアンブリッジが魔法史のビンズ先生を査察するのなら遅刻するのはまずい」と言って「魔法史」の教室に急ぎましたがアンブリッジは現れませんでした。さらに「魔法薬学」の授業にも・・・

アンブリッジはやはり現れませんでした。何故か?と云えばアンブリッジは初日の午前中には「呪文学」の授業でフリットウィック先生を査察していたのでした。フレッドとジョージが受けたんだそうです。

ハリーが学期2週目もアンブリッジの罰則を受けることになってしまい手の甲を血まみれにして談話室に戻って来るとハーマイオニーはハリーに「手をこの中に浸すといいわ」と言って・・・

黄色い液体が入った小さなボウルをハリーに差し出したのでした。マートラップの触手を裏ごしして酢に漬けた溶液なんだそうです。ハリーは血が出てズキズキする手をボウルに浸し・・・

すーっと癒される心地よさを感じたのでした。そしてハーマイオニーはハリーを待つ間ロンと2人で話し合っていたというのです。私たちは「あの」アンブリッジに対して何かをしなければならないと・・・

ロンは「毒を盛れ」と言ったんだそうですがハーマイオニーは「つまりアンブリッジは教師として最低だということ」だから「あの先生」からは防衛なんて何にも学べやしないということ。

そこで自分たちで「闇の魔術に対する防衛術」を自習するというのはどうかしら?と言い出したのでした。ロンは「自分もハリーも宿題が溜まっているというのに」この上さらに勉強しろと言うのか?と・・・

言いましたがハーマイオニーは「これは宿題よりずっと大切よ」と言ったのでした。その話をする時のハーマイオニーの顔はかつて「SPEW」の話をした時の迸るような情熱で輝いていたのでした。

そんなハーマイオニーの様子を見て「何だかこれはまずいぞ」と思ったハリーだったのですが、ハーマイオニーはさらに驚くべき提案をハリーに対してして来たのです。それは?

「あなたが『闇の魔術に対する防衛術』を教えるって言ってるの」

ハリーはハーマイオニーをじっと見つめたのでした。そして次にはロンを見つめたのでした。ハーマイオニーがかつての「SPEW」の時のように突拍子もない計画を言い始めた時には呆れ果ててロンと・・・

目と目を見交わすということがあったのですが、今回の場合は何と!ロンが呆れ顔ではないのでハリーは大いに驚いたのでした。しかもロンまでもが「そいつはいいや」と言い始めたのです。

ハリーは「2人で自分をからかっているのでは?」と戸惑い、当初は激しく抵抗したのですが最後にハーマイオニーは「考えてみてね」と静かに言って寝室に戻って行ったのでした。この時ハーマイオニーが・・・

「ヴォルデモート」という名前を初めて口にしたのでした。

3-3.ホッグズ・ヘッドにて
「闇の魔術に対する防衛術」をハリーが教えるという提案をした後ハーマイオニーは丸々2週間一言もそのことを口にしませんでした。そして9月の最終盤になって3人が図書室で「魔法薬」の材料を調べている時に・・・

ハーマイオニーが再び「その話題」を持ち出して来たのでした。ハリーはハーマイオニーに「幸運だった部分が多かったって言ったのは聞いただろう?」と言いましたがハーマイオニーは・・・

そんなハリーに対してハーマイオニーは確かにそうかも?しれないけれども、それでもなおハリーが「闇の魔術に対する防衛術」に優れていないふりをするのは無意味だと言ったのでした。

先学期ハリーはクラスで唯一「服従の呪文」を完全に退けましたし「守護霊」を創り出すこともできる。一人前の大人の魔法使いでさえできない色々なことがハリーにはできるとハーマイオニーは言ったのでした。

そしてさらに踏み込んでハーマイオニーは自分とロンだけじゃなくて自身が身を守る術(すべ)を学ぶ機会を他の人たちにも与えて欲しいと言ったのでした。ハーマイオニーは真剣な顔で・・・

僕は頭がおかしいと思われているのだから君たち2人以外に習いたいなどと言う人がいるわけがないと言うハリーに対して「きっとびっくりするわよ」と言ったのでした。ハリーの話を聞きたいという人が・・・

意外に沢山いるそうなんです。

そこで10月の最初の週末はホグズミード行きの日なので関心のある人は村で集まって討論するということにしたらどうかしら?とハーマイオニーはハリーに提案したのでした。

こうしてホグズミード村のホッグズ・ヘッドで「闇の魔術防衛」グループ後のダンブルドア軍団の準備会合が開催されたのでした。

今日の最後に
こうしてホッグズ・ヘッドで開催されたダンブルドア軍団の準備会合にはハリーたち3人の他にはグリフィンドールはもちろんのことハッフルパフとレイブンクローの3つの寮から総勢25人が参加したのでした。

ハーマイオニーは一時ウィーズリーおばさんに反対されたことなどもあってグループを続けるべきか?否か?で迷った時もありましたが屋敷しもべ妖精のドビーが練習に最適な場所の情報を教えてくれたので・・・

ダンブルドア軍団はついにスタートしたのでした。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.