FC2ブログ
ダンブルドア軍団に参加したネビルはハリーが戸惑うほどの飛躍的な進歩を遂げることになったのでした。そして学期末にハリーは自身とネビルの数奇な運命を知ることになったのでした。その数奇な運命とは?(全3項目)

3-1.ダンブルドア軍団に参加
ハリー、ロン、ハーマイオニーにネビルが5年生になった年度の「闇の魔術に対する防衛術」の教師にはドローレス・アンブリッジが就任したのでした。アンブリッジの授業内容や方針を見てハーマイオニーは・・・

「この人が教師では私たちは丸1年自らの身を守る術(すべ)を学ぶことなど全くできない」との危機感を抱いてハリーとロンに「闇の魔術に対する防衛術を自習しよう」と言い出したのでした。

そこでハリーを指導役の教師に指名して「闇の魔術防衛」グループを立ち上げることにしてハーマイオニーは何人かの生徒に参加を呼びかけたのでした。そして当然ネビルもグループに参加したというわけなんですよね。

当初はハーマイオニーに「あなたが闇の魔術に対する防衛術を教えるって言ってるの」と言われて戸惑い「からかわれているのでは?」とまで思ったハリーだったのですがグループは「ダンブルドア軍団」と名付けられ・・・

スタートしたのでした。そしてネビルは・・・

3-2.飛躍的な進歩!
こうしてハーマイオニーが発起人でハリーが指導役でスタートを切った「ダンブルドア軍団」(DA)だったのですが、ある出来事がキッカケになってネビルは劇的な変化を遂げることになったのでした。

クリスマス休暇明けには魔法界に衝撃が走ったのでした。10人もの死喰い人がアズカバンから脱獄したのです。このニュースは日刊予言者新聞を定期購読している少数の生徒からやがて学校中に広まっていたのでした。

ホグズミードで脱獄囚数人が目撃された?とか「叫びの屋敷」に潜伏しているらしい?とかシリウス・ブラックがかつてやったように「その脱獄囚たち」もホグワーツに侵入して来る?などなど・・・

様々な噂が学校内で飛び交いましたがハリーにとって嬉しかったことは今や10人もの死喰い人が野放し状態になったということでDAメンバー全員に活(かつ)が入り今まで以上に熱心に練習するようになったのでした。

そんな中飛び抜けた進歩を遂げたのがネビルでした。10人の脱獄囚の中に「あの」ネビルの両親を廃人にしたベラトリックス・レストレンジも含まれていたからです。両親を襲った死喰い人が脱獄したというニュースは・・・

ネビルに不思議な・・・しかし少し驚くほどの変化をもたらしたのでした。DAの中でもネビルほど長足の進歩を遂げたメンバーはいませんでした。ネビルは聖マンゴ魔法疾患傷害病院の隔離病棟でハリーたち4人に・・・

出会ったことを一度たりとも口にしませんでした。ハリーたちもネビルの気持ちを察して沈黙を守ったのでした。そればかりかネビルは両親を廃人にした脱獄した死喰い人たちのことも一言も口にしなかったのでした。

実際ネビルはDAの練習中ほとんど口をききませんでした。ハリーが教える新しい呪いや逆呪いの全てを怪我も事故も何のその!ぽっちゃりした顔を歪めて集中し他の誰よりも一生懸命練習したのでした。

上達するのがあまりに速くてハリーも戸惑うほどでした。ハリーが「盾の呪文」という軽い呪いを撥ね返し襲った側を逆襲するという呪文を教えた時にもネビルより早く呪文を習得したのは・・・

ハーマイオニーだけでした。

3-3.ヴォルデモートが選び取ったのは?
こうしてハリーが指揮・指導するDAに参加したことで大きく成長したネビルは学期末には魔法省でハリーと肩を並べて死喰い人集団と渡り合い最後まで戦い抜いたのでした。そしてさらに驚くべき事実が明らかに!

闇の帝王を打ち破る力を持った者が近づいている。七つ目の月が死ぬ時、帝王に三度抗った者たちに生まれる。一方が他方の手にかかって死なねばならぬ。何となれば一方が生きる限り他方は生きられぬ。

学校に戻って自身の非情の運命・定めを知らされたハリーだったのですが、ダンブルドアが言うにはシビル・トレローニーの予言は魔法界の2人の男の子に当てはまるものだったというのです。そのもう1人とは?

ネビル・ロングボトム

ハリーもネビルも予言が成された「その年」の7月の末に生まれたのです。そしてどちらの両親も辛くも3度ヴォルデモートの手を逃れたのでした。そしてヴォルデモートが選び取ったのはハリーだったのです。

今日の最後に
ヴォルデモートはネビルの幼年時代にもハリーと同じぐらいの暗い影を落としていたのでした。しかしハリーの持つ運命が「もう少し」でネビルのものになる所だったということをネビルは全く知りません。

シビル・トレローニーの予言はハリーとネビルのどちらにも当てはまる可能性があったのです。もしヴォルデモートがネビルを選んでいればネビルの額に稲妻形の傷が印されていたのかも?しれないのです。

9月1日の新学期初日にホグワーツ特急でネビルと再会したハリーは「ヴォルデモートがもしネビルを選んでいたらどうなっていたんだろう?」と物思いに耽(ふけ)っていたのでした。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/822-13f11e80