FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

昨日8月11日が誕生日ということで今週と来週の2週間に渡ってジニーを取り上げています。今日の記事では第7巻「死の秘宝」でジニーとハリーが会った場面を振り返ってみたいと思います。(全3項目)

3-1.ハリー17才の誕生日には・・・
ハリーがロンと一緒に台所に下りて行くとテーブルにはプレゼントの山が待っていたのでした。ウィーズリーおばさんがハリーににっこり笑いかけて「アーサーから17才の誕生日おめでとうっていう伝言よ」と・・・

何でもおじさんは朝早くに仕事に行かなくてはならなかったそうです。ハリーが色んな人たちがくれた数々のプレゼントを開けていると2階の踊り場のドアが開いてジニーが入って来たのでした。

「ちょっと来てくれる?」と言われてハリーは落ち着かない気持ちでジニーのあとから部屋に入ったのでした。これまでは一度もジニーの部屋に入ったことがなかったからです。狭いが明るい部屋でした。

魔法界のバンド「妖女シスターズ」の大きなポスターが一方の壁に、もう一方の壁には魔女だけのクィディッチ・チーム「ホリヘッド・ハーピーズ」のキャプテンのグウェノグ・ジョーンズの写真が・・・

貼ってあったのでした。ジニーはハリーの顔を見上げて深く息を吸ってから「17才、おめでとう」と言ったのでした。ハリーはそれに「ありがとう」と一言だけ言って応えたのでした。

ジニーはハリーをじっと見つめたままでした。しかしハリーは眩しい光を見るようで見つめ返すのが辛かったのでした。17才の誕生日に何をあげたらいいか?思いつかなかったというジニーは・・・

自分を思い出す何かをハリーに持って行って欲しいと言って今まで一度もしなかったキスをしたのでした。ハリーもキスを返したのでした。ジニーこそこの世界で唯一の真実でした。

何もかも忘れさせてくれる幸せな瞬間でした。しかしロンが飛び込んで来て輝かしい瞬間は泡のごとく弾けてしまったのでした。ロンは「君はジニーを捨てたんだ。今になってどういうつもりだ?」と・・・

ハリーに抗議したのでした。ハーマイオニーが反論しようとしましたがロンは片手を挙げてハーマイオニーを制した後ハリーに「ジニーはずたずただったんだ」と言ったのでした。今またキスしたりしたら・・・

ジニーは希望を持ってしまうじゃないか!とロンはハリーに語気を荒げて言ったのでした。そんなわけで翌日のビルとフラーの結婚式の時にはハリーはジニーと踊るのを遠慮したというわけなんですよね。

3-2.「必要の部屋」で久々の再会
魔法省がヴォルデモートの手に落ち翌日のビルとフラーの結婚式が死喰い人集団に急襲されてハリーたち3人は慌しくヴォルデモートの分霊箱を探す旅に出たのでした。そのためハリーがジニーと再会したのは・・・

翌年の5月に3人がホグワーツ入りした時でした。何と結婚式から9ヵ月もの歳月が流れていたのです。ハリーがネビルと言い争いをしているとルーナとディーン・トーマスに続いて・・・

フレッド、ジョージに親友のリー・ジョーダンと一緒に「必要の部屋」に入って来たのがジニーだったのです。ジニーは久しぶりということでハリーに輝くような笑顔を見せたのでした。

ハリーはジニーの笑顔を見てジニーがこんなに美しいことを忘れていたと思ったのでした。というよりもジニーの美しさに十分に気づいていなかったと思ったのでした。しかしその一方ではジニーを見て・・・

これほどうれしくないと思ったことはないとも思ったのでした。そのためハリーがルーナと共にレイブンクローの談話室から戻って来てウィーズリーおばさんとジニーが言い争いをしている所に加わった時も・・・

ジニーは目に怒りの涙を光らせて「家族全員がここにいるのに様子が分らないままで家で1人で待っているなんて耐えられない」と言っていたのですが、ここでジニーの目がハリーの目と合ったのでした。

ジニーはすがるようにハリーを見つめましたがハリーは首を横に振ったのでした。ジニーは悔しそうに顔を背けたのでした。結局ジニーはルーピンの提案で「必要の部屋」に残ることになったのでした。

そうすれば現場にいることになるし何が起こっているのかが判る。ジニーはあまりいい考えだとは思わなかったようですが父親のアーサー氏のいつにない厳しい眼差しを見て頷いたのでした。

ところが・・・

3-3.ホグワーツの戦いでは・・・
ヴォルデモートの分霊箱の最後の隠し場所が「必要の部屋」だと判り、分霊箱を探すためには部屋を空にしなければならなかったのです。だからハリーはジニーに「戻って来ないといけないよ」と言ったのですが・・・

ハリーたち3人が再び「必要の部屋」を出た時には既にそこにはジニーの姿はなかったのでした。どこもかしこも戦いの最中(さなか)でした。死喰い人がホグワーツに侵入していたのでした。

一旦止められた戦いが再開されると舞台はホグワーツ魔法魔術学校の大広間に移されたのでした。ジニーはまだ16才で未成年なのに、いつの間にやら戦いに参加してハーマイオニーとルーナと共に・・・

ベラトリックス・レストレンジと戦っていたのでした。ベラトリックスが放った「死の呪文」がジニーをかすめたためハリーは思わずヴォルデモートから目を逸らしてジニーを助けに行こうとしましたが・・・

「私の娘に何をする!この女狐め!」

ウィーズリーおばさんが「透明マント」に隠れたハリーとジニー、ルーナ、ハーマイオニーを押し退けてベラトリックスとの決闘に臨んだのでした。一人娘のジニーを殺そうとしたベラトリックスに対する・・・

モリー母さんの怒りは凄まじく当然最後に勝利したのは?

ウィーズリーおばさんだったというわけです。

今日の最後に
17才の誕生日にハリーがジニーとキスをしたことに対してロンは「君はジニーを捨てたのに今になってもてあそぶなんてどういうつもりなんだ?」とハーマイオニーの反論を止めて抗議しましたが・・・

ハーマイオニーが言いたかったことは「ハリーはジニーに危害が及ばないようにと別れたのであって決してジニーのことが嫌いになったわけじゃない」と言おうとしていたんでしょうね。

そのことはジニーも承知していると・・・

ハリーもロンに「何故僕がそうしたか?君には判っているはずだ。そうしたかったわけじゃない」と反論していますね。ジニーも当然ハリーのそういった心情は理解していたんでしょうが理解してもなお・・・

「別れよう」と言われた時は相当辛かったようですね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.