FC2ブログ
ドラコ・マルフォイは何を企んでいるんだ?ダイアゴン横丁でマルフォイ母子と会ってからというものハリーはほとんど毎日それだけを考えるようになったのですが、ロンとハーマイオニーの無関心ぶりがハリーを苛立たせたのでした。そんなハリーが学期初日にホグワーツ特急内で取った行動とは?そしてハーマイオニーは?(全3項目)

3-1.ドラコ・マルフォイを追って・・・
こうして「隠れ穴」入りしてからというものハリーは1日の大半を2人制クィディッチをして過ごしたのでした。ハリーがハーマイオニーと組みロン・ジニー組との対戦でした。

ハーマイオニーは箒に乗るのが恐ろしく下手でしたし、一方のジニーはとても手強かったので勝負は白熱したのでした。そして次に新しい展開を迎えることになったのが8月1日に学校から手紙が届いたことでした。

教科書を買うためにはどうしてもダイアゴン横丁に出かけなくてはならなかったのですが、ウィーズリーおばさんはあくまでもアーサー氏が同行できなければ行かないと言い張ったのでした。

闇祓いの大集団に囲まれて買い物をすることになるのでは?と懸念していたハリーだったのですが、幸い追加の警護員はハグリッド1人だけでした。ダイアゴン横丁に到着するとアーサー氏はモリー母さんに・・・

「全員がマダム・マルキンの店に行くのはあまり意味がない」と言い出し2組に分かれてハリー、ロン、ハーマイオニーの3人はマダム・マルキンの店に行き自分たちとジニーが教科書を買いに行くのはどうか?と・・・

提案したのでした。こうしてハリーたち3人はハグリッドが同行してマダム・マルキンの店に行くことになったのですが、そこで3人が偶然出くわしたのがナルシッサとドラコ・マルフォイ母子だったというわけです。

そして次にハリーたち3人がドラコを見たのは3人がフレッド・ジョージの店「ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ」にいた時でした。ハーマイオニーはフレッドからどろりとした黄色い軟膏を受け取って・・・

ようやく目のアザを消すことができたのですが、フレッド・ジョージの店の前を1人で走り抜けるドラコ・マルフォイの姿を見てしまったのでした。ハリーは眉をひそめて2人に言ったのでした。

「あいつのお母上はどこへ行ったんだろう?」
それに対してロンは「どうやら撒いたらしいな」
ハーマイオニーは「でも、どうして?」

ハリーは周囲を見回して状況を把握するとバックパックから「透明マント」を取り出したのでした。ハーマイオニーはウィーズリーおばさんを見ながら一瞬ためらいましたがロンに促されてマントに潜り込んだのでした。

こうして3人はドラコ・マルフォイを追って店を出たのですが・・・

3-2.ハーマイオニーが次にしたこととは?
ハリーたち3人は左右に目を走らせながら急ぎ足で何軒もの店の前を通り過ぎながらドラコ・マルフォイの姿を探したのでした。やがてハーマイオニーが行く手を指差し小声で「あれそうじゃない?」と言ったのでした。

ロンも小声で「びっくりしたなぁ」と言ったのでした。何故ならドラコ・マルフォイが周囲を見回して入って行ったのが「夜の闇横丁」だったからです。そしてドラコが入って行った店が何と!

それは「夜の闇横丁」でハリーが唯一入ったことのある「ボージン・アンド・バークス」だったのです。ロンが「伸び耳」を持っていたので3人はドラコとボージンの会話を聞くことができたのでした。

ドラコは今日のやり取りを母親のナルシッサを含めた全ての人に言わないようにとボージンに念押しした後満足げに店を出て行ったのでした。そしてハーマイオニーが次にしたこととは?

ハーマイオニーは小声でハリーとロンに「2人ともここにいて」と言うと透明マントから出て店に入って行ったのでした。どうやらドラコが「何を買おうとしていたのか?」を確かめに行ったようでした。

しかしボージンは目を細めて疑うようにハーマイオニーを見たのでした。どうやら残念ながらハーマイオニーの狙いはバレバレのようでした。やがてボージンはハーマイオニーに「失せろ」と鋭く言うと・・・

店を出たハーマイオニーの背後でピシャリと扉を閉めて「閉店」の看板を出してしまったのでした。ロンはハーマイオニーに再びマントを着せかけながら「やってみる価値はあったけど」バレバレだったじゃないかと・・・

ロンの指摘に対してハーマイオニーは「だったら次の機会にはあなたにやっていただきたいわ」と言い返して2人はしばらくの間は口げんかをしていたのですがフレットとジョージの店の前に到着すると・・・

今やハリーたち3人がいないことにハッキリ気づいた心配顔のウィーズリーおばさんとハグリッドをかわして店の中に入らなければならなかったので口論を止めなくてはならなかったのでした。

3-3.ハリーの見解にロンとハーマイオニーの見解
ダイアゴン横丁に行ってから新学期を迎えるまでの1週間のほとんどをハリーは「夜の闇横丁」でのドラコ・マルフォイの行動の意味を考えて過ごしたのでした。ところがそんなハリーを苛立たせたのが・・・

ロンとハーマイオニーの態度だったのです。どうやら2人はハリーほどにはドラコの行動に関心を持っていないようなのです。少なくとも2人は2~3日も経つと「その話」に飽きてしまったようでした。

「ええ、ハリー、あれは怪しいって、そう言ったじゃない」

ハリーが再び「あの日」のドラコ・マルフォイの行動について問いかけると、ハーマイオニーは苛立ちを隠そうともせずハリーにこう言ったのでした。いつまでマルフォイのことにこだわり続けるのか?と言いたげでした。

ハリーは突然言葉を切って口をあんぐりと開けハーマイオニーの背後の窓を見つめたのでした。驚くべき考えが閃いたからです。ハーマイオニーは心配そうにハリーに「どうかした?」と言ったのですが・・・

ハリーの頭に浮かんだのは「父親に代わってあいつが死喰い人なんだ!」という考えでした。しかしロンもハーマイオニーも弾けるように笑い出しハリーの推測を真っ向から否定したのでした。

ハーマイオニーは抑えた口調でハリーに「とても有り得ないことだわ」と言ったのでした。ロンもまたハーマイオニーと同調して「16才のマルフォイを受け入れるはずがない」と言ったのでした。

ハリーはマダム・マルキンの店でマダムがあいつの袖をまくろうとしたら叫んで腕を引っ込めた。あれは左腕だった。つまり「闇の印」がつけられていたんだと主張したのですが・・・

さらに「夜の闇横丁」のボージン・アンド・バークスでドラコがボージンに見せていたのも「闇の印」に違いないと言ったのですがハーマイオニーがロンと顔を見合わせた後に言った言葉は・・・

「はっきりわからないわ、ハリー・・・」

今日の最後に
こうしてドラコ・マルフォイへの疑念を抱えたまま新学期を迎えたハリーだったのですが今年度の9月1日ハリーとロン・ハーマイオニーの2人は同じ馬車に乗ることができなかったのでした。

何故ならハリーはホグワーツ特急に乗った後ネビルと共にホラス・スラグホーンの招待状を受け取ってコンパートメントを移動したのでした。その後ネビルとジニーは2人とルーナと合流したんでしょうが・・・

ホグワーツ特急がホグズミード駅に到着してもハリーが戻って来ないので、当然ロンもハーマイオニーもそしてジニーもネビルも「どうしたんだろう?」「どうしたのかしら?」とちょっとした騒ぎになり・・・

その騒ぎを見ていたトンクスが「ハリーはまだ列車の中にいるのでは?」と考えてホグワーツ特急内を探してハリーを見つけたんじゃないかな?と私は思いますね。そんなわけでハリーが・・・

ようやくロンとハーマイオニーに会えたのは既に食事が終わりかけていた大広間だったというわけです。ハーマイオニーは血まみれのハリーの顔に杖を上げて「テルジオ!拭え!」と唱えて・・・

血糊を吸い取ってくれたのでした。そしてハーマイオニーは「何があったの?死ぬほど心配したわ!」と言ったのですが、ハリーは「ドラコ・マルフォイにやられた」とは口が裂けても言いたくなかったので・・・

「あとで話すよ」と素っ気なく答えたのでした。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/841-02c15e73