FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ハリーもロンもそしてもちろんハーマイオニーもホラス・スラグホーンが「闇の魔術に対する防衛術」の教師になるものと思い込んでいたので、ダンブルドア校長の口から発表された教職の新人事にはびっくり仰天したのでした。何であいつが今さら「あの教職」に就くことになるんだ!(全3項目)

3-1.新しい「闇の魔術に対する防衛術」の先生は?
こうしてすったもんだの末に合流したハリーにハーマイオニーが「スラグホーン先生は何がお望みだったの?」と呼ばれた理由を訊いたのに対してハリーが「魔法省で本当は何が起こったかを知ること」と答えると・・・

ハーマイオニーは鼻をフンと鳴らしながら「先生もここにいるみんなも同じだわ」と言ったのでした。ロンもハーマイオニーもホグワーツ特急の中では散々そのことを問い詰められたんだそうです。

先生も生徒も誰もがハリーは本当に「選ばれし者なのか?」どうかを知りたがっているんだそうです。そうこうする内に・・・

いつものように教職員テーブルでダンブルドア校長が立ち上がると大広間のざわめきがアッという間に消えて静かになったのでした。そしてそこではスラグホーン先生が「闇の魔術に対する防衛術」の教師に・・・

就任するという発表が為されるものとハリーもハーマイオニーもロンも思っていたので、ダンブルドア校長の口から「昔教えておられた『魔法薬学』の教師として復帰なさることにご同意いただいた」と聞いた時には・・・

ロンもハーマイオニーも「魔法薬?」と言いながらハリーのほうを振り返ったのでした。それはハリーたち3人だけではなく大広間のあちこちで「聞き違えたのでは?」という声が飛び交ったのでした。

そしてその直後にはダンブルドア校長の口からスネイプが「闇の魔術に対する防衛術」の教師に就任するという衝撃の発表がされたのでした。ついにスネイプが念願の教職を射止めたという発表を受けて・・・

ハーマイオニーはハリーに「あなたはスラグホーンが『闇の魔術に対する防衛術』を教えるって言ったじゃない!」と咎めるように言ったのに対してハリーは「そうだと思ったんだ!」と答えたのですが・・・

よくよく考えてみるとスラグホーンが「何を教えるのか?」をダンブルドアが話してくれたという記憶がないことに気づいたのでした。悔し紛れにハリーは「この教職」は呪われているから・・・

誰も1年より長く勤めた人はいない。だから自分としてはクィレルと同様にスネイプも死ぬように願をかけるよと言うとハーマイオニーはショックを受け責めるようにハリーの名前を呼んだのでした。

3-2.スネイプ念願の教職での初授業では?
こうしてスネイプがついに念願の「闇の魔術に対する防衛術」の教職に就いたというわけなんですが、ハリーとロンの今学期の初授業は「その」スネイプの授業ということになったのでした。

ハーマイオニーは「古代ルーン文字」に続いて2つ目の授業でした。ハリーとロンが教室に到着するとハーマイオニーは既にルーン文字で宿題を沢山出されたんだそうで重い本を腕一杯抱えていたのでした。

「我輩はまだ教科書を出せとは頼んでおらん」

スネイプにそう言われてハーマイオニーは慌てて「顔のない顔に対面する」の教科書をカバンに戻し椅子の下に置いたのでした。スネイプが待ち望んでいた教職の初授業は演説で幕を開けたのでした。

スネイプが最初の授業でいきなり提示したのは「無言呪文」でした。無言呪文の利点を問うと例によって手を挙げたのはハーマイオニー1人だけだったのでスネイプは時間をかけて教室を見回した後・・・

選択の余地がないことを確認してからようやくぶっきらぼうにハーマイオニーを指名したのでした。ハーマイオニーがよどみなく答えるとスネイプは「基本呪文集・6学年用と一字一句違わぬ丸写しの答えだ」と・・・

素っ気なく言ったのでした。教室の隅にいたドラコ・マルフォイがせせら笑ったのでした。きっと全く同じ文言でもスリザリン寮生(ドラコ?)が答えていれば「スリザリンに10点!」と言っていたんでしょうね。

説明が終わった後スネイプは生徒に2人1組になって互いに無言で呪文をかけるよう命じたのでした。しかし無言で呪文をかけられる生徒などほとんどいなかったので当然のごまかしが始まり時間が経つと・・・

声に出して呪文を唱える代わりに囁くだけの生徒が沢山いたのでした。そんな中ネビルの呟(つぶや)く「くらげ足の呪い」を一言も言葉を発せずに撥ね返すのに成功していたのがハーマイオニーだったのです。

しかし!真っ当な先生ならグリフィンドールに「20点」を与えただろうと思われる見事な成果なのにスネイプは知らん顔だったのでした。ハリーは悔しい思いを滲ませてスネイプを見つめたのでした。

3-3.スラグホーンの初授業
スネイプの「闇の魔術に対する防衛術」の初授業ではハリーはいきなり罰則を食らうことになってしまったのですが、同じ日の午後には久しぶりにホグワーツの教壇に立つことになったホラス・スラグホーンの・・・

「魔法薬学」の授業が通い慣れた地下牢教室で行われたのでした。地下牢は常日頃とは違って蒸気や風変わりな臭気に満ちていたのでした。スラグホーンが幾つか煎じた魔法薬の1つを指差して・・・

「判る者はおるかね?」と訊くと例によって例のごとくハーマイオニーの手が挙がってハーマイオニーは「真実薬です。無色無臭で飲んだ者に無理やり真実を話させます」と答えたのでした。

その後ハーマイオニーが「ポリジュース薬」に「アモルテンシア、魅惑万能薬」すなわち世界一強力な愛の妙薬と立て続けに答えたので、スラグホーンは大いに感心してハーマイオニーに名前を訊いたのでした。

ハーマイオニーの「私はマグル生まれですから」の言葉を聞いたスラグホーンはにっこり笑うとハリーとハーマイオニーの顔を交互に見たのでした。そしてこう言ったのでした。

「ほっほう!『僕の友達の1人もマグル生まれです。しかもその人は学年で一番です!』察する所、この人がハリー、まさに君の言っていた友達だね?」

ハリーが「そうです」と答えるとスラグホーンはハーマイオニーがしっかり獲得したんだと言ってグリフィンドールに「20点」のボーナス点を与えたのでした。スラグホーンとハリーのやり取りを聞いた・・・

ハーマイオニーは顔を輝かせてハリーを振り向き「本当にそう言ったの?私が学年で一番だって?まあ、ハリー!」と驚くと同時に喜びを顔一杯に表して言ったのでした。そんなハーマイオニーにロンは・・・

何故か?気分を壊した様子で「そんなに感激することか?」と言い「君は本当に学年で一番だし」だから自分だってスラグホーンに訊かれたらそう答えただろうと言ったのでした。

今日の最後に
そんなわけでスネイプの「闇の魔術に対する防衛術」の授業ではハーマイオニーは本来なら無言呪文で「20点」のボーナス点を獲得していたハズなのに取り損ねたというわけなんですが・・・

逆にホラス・スラグホーンの「魔法薬学」の授業では魔法薬の名前を立て続けに答えて合計「30点」のボーナス点を取ってスネイプの授業で取れなかった分を取り返したということになったんですよね。ところが・・・

「あの薬」フェリックス・フェリシスを獲得したのは?

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.