FC2ブログ
「学校が再開されても、僕は戻らない」そう言うハリーにハーマイオニーは「私たちがそうしたいなら引き返す時間はあるって。その時間はもう十分にあったわ、違う?」と言って自分の決心をハリーに告げたのでした。そして3人は手をたずさえてヴォルデモートの分霊箱を探す旅に・・・(全3項目)

3-1.今夜だ!
そして「その日」がついに来たのでした。不意をつかれたハリーはジミー・ピークスが急にそばに現れたのでビクッとしたのでした。ジミーは羊皮紙の巻紙を差し出していました。ダンブルドアからの手紙でした。

そしてハリーが談話室に戻って来た時ロンとハーマイオニーは一緒に座っていました。ハーマイオニーが間髪を入れずに「ダンブルドアは何のご用だったの?」と訊いて来たのでした。

ハリーはハーマイオニーに「大丈夫だ」と答えた後階段を駆け上がり寝室に入って自分のトランクから「忍びの地図」とフェリックス・フェリシスの瓶が入ったソックスを取り出したのでした。

そして今度は急いで階段を下りて談話室に戻り呆然と座ったままのロンとハーマイオニーにこれまでの経緯を説明したのでした。そして最後に「だから、どういうことか判るだろう?」と2人に言ったのでした。つまり・・・

「ダンブルドアは今夜ここにいない。だからマルフォイは何を企んでいるにせよ邪魔が入らないいいチャンスなんだ。いいから聞いてくれ!」ハリーは何度も質問をしようとする2人の言葉を遮って・・・

ハリーは「忍びの地図」をハーマイオニーの手に押し付けて、ダンブルドアは学校に追加的な保護策を施したと言っているが当然スネイプには回避の方法も知られているはずだから・・・

しかしスネイプはロンやハーマイオニーたちが監視しているとは思っていないだろう。だからガリオン金貨の連絡網を使ってダンブルドア軍団のメンバーを集められるだけ集めてスネイプとマルフォイを見張って欲しいと・・・

そう2人に言ってハリーは肖像画の穴をくぐるとダンブルドアの待つ玄関ホールへと急いだのでした。

3-2.プリンスの正体がついに!
今にして思えばハーマイオニーはダンブルドアの死という極めて厳しくて重い現実をどう受け止めたんでしょうね。不死鳥の騎士団と魔法界。こちら側にとってはあらゆる面で大きな痛手になったのは明らかでした。

しかも夏休み中に「夜の闇横丁」に出入りして不審な行動を取るドラコ・マルフォイの姿をハーマイオニーはハリーとロンと共に目撃していたのです。しかもハリーは再三に渡ってドラコ・マルフォイの行動の意味を・・・

考えるべきだと主張して来たのにも関わらずハーマイオニーはロンと一緒になってハリーの意見を否定し続けていたのでした。マルフォイの狙いはダンブルドアの命だったのです。

もっとハリーの言うことに耳を傾けて真剣にマルフォイの行動が「何を目的にしていたのか?」を考えていればダンブルドアの死を回避することができたのではないか?マルフォイの企てを阻止することができたのではないか?

ダンブルドアの死を受けて授業は全て中止となり試験は延期ということになったのでした。ハーマイオニーはハリーとロンそしてジニーと一緒に学期の残りの期間を過ごしたのでした。

4人の気持ちとは裏腹の好天気が続いたのでした。ダンブルドアが生きていればジニーの試験も終わり宿題の重荷からも解放されたこの学期末の時間をどんなに違う気持ちで過ごせてたことか・・・

「ハリー、私発見したことがあるの。今朝図書室で・・・」

ダンブルドアが亡くなった次の日の朝にハリーは洞窟から持ち帰ったロケットの中に入っていたメモをハーマイオニーに見せたのでした。以来ハーマイオニーは足しげく図書室に通っていたのでした。

私は「もっと私がマルフォイの行動の意味を真剣に考えていればダンブルドアの死を防ぐことができたかもしれないのに」との思いからハーマイオニーは何かをせずにはいられないという所だったんじゃないかな?と思いますね。

そしてハーマイオニーが図書室に通い詰めていたのには「もう1つ」の目的があったのです。それは「半純血のプリンス」の正体を確かめることでした。ダンブルドアが死んだ「あの夜」にハリーは・・・

スネイプ自身から自分こそが「半純血のプリンス」であることを聞かされたのですが、ハーマイオニーが図書室に保存されている古い「日刊予言者新聞」を調べたところ先刻ハリーに写真を見せた・・・

アイリーン・プリンスがスネイプの母親であることが判ったのでした。そしてアイリーンがトビアス・スネイプというマグルの男性と結婚して生まれたのが「セブルス・スネイプ」だったというわけです。

3-3.ハーマイオニーの決意
「学校が再開されても、僕は戻らない」

ダンブルドアの葬儀が終わった後ハリーがこう言うとロンはポカンとしてハリーを見つめましたが、ハーマイオニーはハリーがそう言い出すことを予想していたらしく「そう言うと思ったわ」と言ったのでした。

「それじゃあなたはどうするつもりなの?」と訊くハーマイオニーにハリーはダンブルドアが望んでいたことだからダーズリーの所に帰ると言ったのでした。そして僕は短い期間の後に永久にあそこを出ると・・・

そして残りの分霊箱を探し出して破壊しなければならないと言うとロンもハリーと共に分霊箱を探す旅に行くと言ったのでした。そしてハーマイオニーも「あなたは前に一度こう言ったわ」と静かに言ったのでした。

「私たちがそうしたいなら引き返す時間はあるって。その時間はもう十分にあったわ、違う?」

こうして3人はヴォルデモートの分霊箱を探す旅に一緒に出ることになったのでした。

最後に
さて!こうして先週と今週の2週間に渡って第6巻「謎のプリンス」のハーマイオニーを振り返って来ましたが、コメントの返事でもチラリと予告した通り今月9月当サイトはハーマイオニー一色です!

来週からは3週間ぶち抜きで第7巻「死の秘宝」のハーマイオニーをお届けする予定です。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/847-7f19a881