FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ロンが戻って来ました!喜ぶハリーに対して怒り狂うハーマイオニーだったのですが、そんなロンをちゃっかり利用することも忘れてはいなかったのでした。そこでハーマイオニーが言い出したこととは?ハリーは驚いてハーマイオニーを見つめたのでした。(全3項目)

3-1.驚きの?再会
ロンがハリーとハーマイオニーの元に戻って来ました。

今回ロンが戻って来た場面を改めてハーマイオニー中心に読み返してみてふと思ったことは「ハーマイオニーはロンが戻って来てうれしくなかったんだろうか?」ということですね。と云うのも・・・

ハリーがロンを連れてテントに戻って来た時のハーマイオニーはただひたすらに怒り狂うばかりで喜ぶ素振りを全く見せなかったからです。でもやはりロンを見て最初に思ったこととは?

「いったいどうやって?」ロンは私たちを見つけたのかしら?私たちのいる場所に来ることが出来たのかしら?ということだったようですね。そこでロンがジーンズのポケットから取り出した物とは?

「灯消しライター」でした。

「灯消しライター」を見せられた時ハーマイオニーは驚きの余り思わずロンに冷たく厳しい表情を見せるのを忘れてしまったのでした。そしてロンが事の経緯の説明を進めて行く内には・・・

ハリーも説明に加わって銀色の牝鹿が現れたこと。そして牝鹿を追いかけて行った先の池の中にグリフィンドールの剣があったことに話が及ぶとハーマイオニーは2人を交互に見ながら聞き入ったのでした。

2人の話を聞くことに集中するあまり手足をしっかり組むのを忘れてしまうほどでした。そこでハーマイオニーのロンに対する怒りが解けたと判断したハリーは2人の間にかけていた「盾の呪文」を・・・

解いたというわけなんですよね。

3-2.ゼノフィリウス・ラブグッドに
こうしてロンが戻って来ましたがハリーはハーマイオニーの怒りが一夜にして収まるとは期待していませんでした。だから翌日の朝ハーマイオニーが怖い目つきをしたり当てつけがましく黙り込んだりして・・・

意思表示をしても別段驚きはしなかったのでした。そんなハーマイオニーに対してロンもまたハーマイオニーの前では後悔し続けていることを形に現すためにとおとなしくしていたのでした。

そしてハーマイオニーもまた表向きロンに対しては「完全無視」の態度を取りつつ、ちゃっかり利用することを忘れてはいなかったのでした。こうしてハーマイオニーが突然言い出したこととは?

「ゼノフィリウス・ラブグッドに会いに行きたいの」

ハリーはかなり驚いてハーマイオニーを見つめたのでした。しかし何故ハーマイオニーがルーナのお父さんに会いたいと言い出したのか?と云えば、それはゼノフィリウス氏がビルとフラーの結婚式の時に・・・

首からぶら下げていた『あの印』のことが訊きたいと言うのです。ビクトール・クラムが「グリンデルバルドの印」だと言っていた「その印」がダンブルドアの遺品の「ビードルの物語」の本にも出て来るし・・・

リータ・スキーターの「アルバス・ダンブルドアの真っ白な人生と真っ赤な嘘」の本に載っているダンブルドアの手紙にも同じ「その印」が書かれていると言うのです。とにかく「この印」が・・・

ゴドリックの谷の古い墓石にも刻まれていたということで、ハーマイオニーは「この印」は何か絶対に大事なことに違いないからゼノフィリウス氏に会って「この印」の意味を知るべきだとハリーに強く進言したのでした。

そんなハーマイオニーに対してハリーは「またゴドリックの谷の二の舞はごめんだ」と言って反対したのですが多数決の結果2対1で3人はゼノフィリウス・ルーナ父娘の家を訪ねることになったのでした。

3-3.死の秘宝と「透明マント」
ゼノフィリウス氏がぐらぐらしていた書類の山を降ろして肘掛椅子に座りゴム長履きの足を組んでハーマイオニーが「がんばれ!」と言うように頷いたのでハリーは例の「あの印」のことを訊ねたのでした。

するとゼノフィリウス氏は両方の眉を吊り上げて「死の秘宝」の印のことかね?と言ったのでした。言われてハリーはロンとハーマイオニーを見ましたが2人ともゼノフィリウス氏の言ったことが理解できないようでした。

3人とも「死の秘宝」の意味が分らなかったようなのでハリーが補足の説明を求めるとゼノフィリウス氏は全ては「3人兄弟の物語」から始まると言ったのでした。すると今度は・・・

ハリーは「3人兄弟の物語」を知らなかったのですがロンとハーマイオニーは知っていると言うのです。ゼノフィリウス氏は漠然と部屋を見回して「その本」を探しましたが・・・

ハーマイオニーが「私がここに持っています」と言ってビーズバッグから引っ張り出したのは何とダンブルドアからハーマイオニーに遺贈された「吟遊詩人ビードルの物語」の本だったのです。

そこでゼノフィリウス氏が「みんなが理解するためには声を出して読んでみるのが一番よい」と言ったのでハーマイオニーが「3人兄弟の物語」を朗読することになったのでした。

本の朗読を終えた後ゼノフィリウス氏は3人兄弟がそれぞれに「死」から受け取った3つの品物こそが「死の秘宝」であるとハリーたち3人に説明したのでした。すなわち・・・

長男が受け取った「ニワトコの杖」
次男が受け取った「蘇りの石」
そして三男が受け取った「透明マント」

特にゼノフィリウス氏の説明で3人が関心を寄せたのが「透明マント」でした。ゼノフィリウス氏が言うところの『本物の透明マント』と寸分違わぬ「透明マント」が自分たちの手元にあったからでした。

今日の最後に
ハリーたち3人がゼノフィリウス氏に会ったことでは「いいこと」が2つあったんですよね。1つ目はゼノフィリウス氏にイライラさせられたお陰でハーマイオニーがロンに対する苛立ちを忘れてしまったこと。

2つ目はルーナの自宅はエルンペントの角が大爆発してメチャメチャになってしまったもののハリーの写真と共に「問題分子ナンバーワン」の文字が鮮やかに書かれた雑誌「ザ・クィブラー」を・・・

ゼノフィリウス氏は発売せずに済んだということです。そしてハリーたち3人はハーマイオニーの見事な機転でラブグッド邸を脱出したのでした。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.