FC2ブログ
レイブンクローの失われた髪飾りを見るためにルーナと共にレイブンクロー寮の談話室に向かったハリーだったのですが「必要の部屋」に戻って来るとロンとハーマイオニーの姿は忽然と消えていたのでした。いったい2人はどこに?そうこうする内に戦いの火ぶたは切って落とされたのでした。(全3項目)

3-1.2人はどこに?
こうしてスネイプ校長にも気づかれずヴォルデモートよりも先にホグワーツ入りを果たすことができたハリーたち3人だったのですが、一刻も早く分霊箱を探し出さなければならないと焦る余り・・・

ネビルを筆頭にDAのメンバーとの意思疎通が上手くいっていなかったハリーだったのですが、そんなハリーにロンが「みんなに手伝ってもらったら?」と助け舟を出したのでした。さらにハーマイオニーも・・・

ハリーにロンの言う通りだと言ったのでした。自分たちは「何を探すのかさえ分らないのだから」とハリーがなおも納得しない顔でいるとハーマイオニーはハリーに「何もかも1人でやる必要はないわ」と・・・

そこでハリーは「必要の部屋」にいる全員に呼びかけて特にレイブンクロー生に期待を寄せながら例えば鷲の印がある何かを「どこかで見かけたことはないか?」と訊ねたのでした。するとルーナが答えたのでした。

それはレイブンクローの失われた髪飾りなのだそうです。しかし失われたのは何百年も前のことと聞いてハリーは「それがヴォルデモートの分霊箱である可能性はないのでは?」と思ってガッカリしたのでした。

ハリーが別の質問を考えているとチョウが再び「その髪飾りがどんな形か見たいのなら自分たちの寮の談話室に行けば見ることができる」と言うのでハリーは「その髪飾り」が分霊箱である可能性は低いと思ったものの・・・

とりあえずレイブンクローの談話室に見に行ってみることにしたのでした。ところがレイブンクロー寮の談話室にはアレクト・カローが待ち構えていたのです。しかしそれが謎を解き明かす大きな手がかりとなったのでした。

マクゴナガル先生との対面を果たしてルーナと共に再び「必要の部屋」に戻ったハリーだったのですが、そこにロンとハーマイオニーの姿はなかったのでした。ウィーズリーおじさんは・・・

「もう大広間に行ったに違いない」と言ったのですが、帰って来る途中では2人に会いませんでしたしハリーが大広間に行っても2人の姿はどこにもなかったのです。2人は忽然と姿を消してしまったのでした。

3-2.秘密の部屋へ
マクゴナガル先生に「何か探し物をするはずなのでは?」と言われて大広間を出たハリーだったのですが、ロンとハーマイオニーの2人がいないことには考えがまとまらなかったのでした。

首にかけた巾着から「忍びの地図」を取り出して見ましたが、ロンとハーマイオニーを示す点はどこにもありませんでした。しかし今は避難のために生徒たちが大量に「必要の部屋」に移動している最中なので・・・

2人の点が埋もれている可能性もあります。ハリーは地図を再び巾着にしまい両手に顔を埋めて目を閉じ考えたのでした。ヴォルデモートはアレクト・カローをレイブンクロー寮の談話室に配置したのです。

ヴォルデモートは僕がレイブンクローの塔に行くだろうと考えた。

生きている者の記憶にある限りでは誰も見たものはない!

ハリーはフリットウィック先生に言われた言葉を思い出してグリフィンドール塔付きのゴースト「ほとんど首なしニック」を探したのでした。レイブンクロー塔付きのゴーストを紹介してもらうためでした。

その結果ヴォルデモートがホグワーツに隠した分霊箱は『レイブンクローの失われた髪飾り』だということが判明したのでした。しかもヴォルデモートは「その髪飾り」を「必要の部屋」に隠したのです。

最後の曲がり角を横滑りしながら曲がるとロンとハーマイオニーがいたのでした。安心感と怒りが入り混じった気持ちでハリーは叫び声を上げましたが、2人は両腕一杯に何か大きくて曲がった黄色い物を抱えていたのでした。

ハーマイオニーが息を弾ませながら「ロンなのよ。全部ロンの考えよ!」と言ったのでした。ハリーがルーナとレイブンクロー寮の談話室に向かった後ハーマイオニーがロンに言ったんだそうです。

他の分霊箱を見つけても「どうやって壊すの?」とハーマイオニーがロンに言ったんだそうです。そこでロンが思いついたのが「秘密の部屋」に行けば5年前にハリーが倒したバジリスクの死骸があると!

ハリーが蛇語を話さなきゃならないのに「どうやって入ったんだ?」と言うと、何とロンはハリーがロケットを開ける時に話した蛇語を真似して「秘密の部屋」の入り口を開けたんだそうです。

ハーマイオニーは感激し切ったように何度もロンは「素晴らしかった!」と言ったのでした。この出来事がキッカケとなってロンとハーマイオニーはようやく真の恋人同士になることができたのでした。

3-3.ヴォルデモートは「叫びの屋敷」に
「加勢するんだ!死喰い人を殺してやりたい!」ハリーもロンと同じ気持ちでした。フレッドを殺した奴らを懲らしめてやりたい!しかしそんな2人にハーマイオニーもまた涙を流しながらも必死に訴えたのでした。

「ロン!これを終わらせることができるのは私たちの他にはいないのよ。お願い!ロン!あの大蛇が必要なの。大蛇を殺さないといけないの!」そしてハーマイオニーはハリーに対しては・・・

「あなたはヴォルデモートの居場所を見つけないといけないわ。だって大蛇はあの人が連れているんですもの。そうでしょう?さあやるのよハリー!あの人の頭の中を見るのよ!」

どうして簡単にそれができたのだろう?傷痕が何時間も前から焼けるように痛みヴォルデモートの想念を見せたくてしかたがなかったからだろうか?ハーマイオニーに言われるがままにハリーが目を閉じると・・・

ヴォルデモートは陰気なしかし奇妙に見覚えのある部屋の真ん中に立っていました。壁紙は剥がれ一ヵ所を除いて窓という窓には板が打ちつけてありました。城を襲撃する音はくぐもって遠くに聞こえていたのでした。

ヴォルデモートは再び指に挟んだ杖に目を落としたのでした。気に入らぬ。ヴォルデモート卿を煩わすものは何とかせねばならぬ。そこでヴォルデモートがルシウス・マルフォイに命じたこととは?

「スネイプを連れてこい」

ハリーは息を呑み意識を引き戻して目を開けたのでした。そしてハーマイオニーにヴォルデモートは「叫びの屋敷」にいると告げたのでした。それを聞いてハーマイオニーは?

ハーマイオニーは怒ったのでした。ヴォルデモートは自分は戦いもせずに「叫びの屋敷」でじっとしているというの?何故ならヴォルデモートはハリーが分霊箱を追っていることを知っているから・・・

ロンもハーマイオニーもハリーが行ったらヴォルデモートの思うツボだと言って自分が1人で行くと言い張ったのですが結局はハリーは「透明マント」を自分たち3人に着せかけたのでした。

こうして3人は一緒にヴォルデモートが待つ「叫びの屋敷」に向かったのでした。

今日の最後に
そんなわけでホグワーツの戦いでは長年ウィーズリー家に横たわっていた2つの大きな懸案が解決したというわけなんですよね。1つ目はロンとハーマイオニーがようやく真の恋人同士になれたこと。

そして2つ目はヴォルデモートの復活後ずっと家族と仲違いしていたパーシーがフレッド・ジョージと父親のアーサー氏にやはりようやく謝罪をして仲直りができたというわけなんですよね。

しかしフレッドはパーシーと仲直りした直後に死んでしまったのでした。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/858-b2f14a7f