FC2ブログ
10月4日が誕生日ということで先週はマクゴナガル先生を取り上げましたが、今週もまたマクゴナガル先生に関連した内容の記事をお届けすることにします。今回は各巻から「変身術」の授業風景を拾い出して紹介してみることにしました。(全3項目)

3-1.マクゴナガル先生の初授業
さて!当サイトでは折ある毎にハリーは極めて優秀な開心術士だと指摘して来ました。ハリーがボートに乗って初めてホグワーツ城入りしてマクゴナガル先生と対面した時ハリーは「この人には逆らってはいけない」と・・・

思ったそうなんですが「変身術」の最初の授業でハリーは自分の思った通りだったということを確認することになったのでした。厳格で聡明そのもののマクゴナガル先生は最初の授業でいきなり説教を始めたのでした。

先生の説明によると「変身術」はホグワーツで学ぶ魔法の中では最も複雑で危険なものの1つなんだそうです。したがっていいかげんな態度で授業を受ける生徒は2度とクラスには入れないとのことでした。

それから先生は机を豚に変え再び元の姿に戻してみせたのでした。生徒たちはそれを見て大感激し早く試したくてウズウズしたのでした。しかし!家具を動物に変えられるようになるまでには・・・

まだまだ時間がかかることが即座に判ったのでした。散々複雑なノートを採った後1人1人にマッチ棒が配られそれを針に変える練習が始まったのでした。ところが授業が終わるまでにマッチ棒を・・・

わずかでも変身させることができたのはハーマイオニー・グレンジャー1人だけでした。先生はハーマイオニーのマッチ棒がどんなに銀色で尖っているのかを生徒全員に見せた後には・・・

ハーマイオニーに向かって滅多に見せない笑顔を見せたのでした。ハーマイオニーは入学直後から飛び抜けて優秀な生徒だったということがここからも判りますよね。

3-2.夏休み明け最初の授業
そしてハリー、ロン、ハーマイオニーの3人が2年生になって最初に行われた「変身術」の授業ではコガネムシをボタンに変えるという課題が出されたのでした。マクゴナガル先生のクラスはいつも大変でしたが・・・

この日の授業はことさらに難しく感じられたのでした。去年1年間習ったことが夏休みの間にハリーの頭から溶けて流れてしまったようでした。ハリーの杖をかいくぐって逃げ回るコガネムシに机の上で・・・

たっぷり運動をさせてやっただけでした。杖が折れてしまったロンはもっと悲惨でした。スペロテープを使ってつぎはぎしてはみたものの杖は修復できないほどに壊れてしまったようでした。

とんでもない時にパチパチ鳴ってみたり火花を散らしたり濃い灰色の煙でロンを包み込んだりしたのでした。そのためロンは煙で視界を遮られてコガネムシをうっかり肘で押しつぶしてしまい・・・

新しいコガネムシを貰わなくてはならなかったのでした。マクゴナガル先生はご機嫌斜めでした。ハリーは脳みそが絞った後のスポンジのようになったような気がしたので終業ベルが鳴った時にはホッとしたのでした。

昼食の席ではハーマイオニーが完璧に変えたコガネムシのボタンを幾つも2人に見せつけるのでロンはますます不機嫌になりハリーが話題を変える気遣いをしなくてはならなかったのでした。

3-3.改めてマクゴナガル先生について、その1
実は今回「変身術」のまとまった授業シーンを拾い出してみたら「8場面」という半端な数しか見つからなかったので「どうしたものか?」と考えたのですが、結局急遽最後に新たな項目を付け加えることにしました。

まず今日は「変身術」の授業シーンではないのですが、第1巻「賢者の石」でのハリーたちの初めての飛行訓練シーンについてマクゴナガル先生が取った行動を改めて振り返ってみたいと思います。

ハリーがネビルの「思い出し玉」を地面スレスレでつかんで地上に軟着陸した時にマクゴナガル先生がハリーに声を掛けて来たのでした。ハリーはてっきり自分はホグワーツを退学になるものと思ったのですが・・・

マクゴナガル先生はハリーをその足でクィディッチのグリフィンドール・チームのキャプテンのオリバー・ウッドの所に連れて行ったのです。そしてウッドに「シーカーが見つかった」と言ったのでした。

当然マクゴナガル先生は「今年入学したグリフィンドール生にシーカーに抜擢できそうな子はいないかしら?」と思って飛行訓練を見守っていたんでしょうね。もちろん「収穫なし」で終わる可能性のほうが・・・

高いと思ってマクゴナガル先生も見ていたんでしょうが、ハリーがネビルの「思い出し玉」をかすり傷1つ負わずに16メートルもダイビングして掴むのを見て「この子だ!」「飛行訓練を見ていて良かった!」と・・・

きっとそう思ったんでしょうね。私はウッドにハリーの説明をしている先生の言葉の節目節目に興奮や高揚した気持ちを感じ取ることができると思うんですけど?それは私の妄想なのでしょうか?

そして最後に先生はハリーに笑顔を見せて「あなたのお父さんも素晴らしい選手でした」と言ったのでした。

今日の最後に
この時ハリーはマクゴナガル先生に「箒に乗るのは初めてなんでしょう?」と問われて黙って頷いていますが、実はハリーが箒に乗ったのは「この時」が初めてじゃなかったんですよね。

死の秘宝上巻258ページでのハリーのお母さんがシリウスに宛てて出した手紙の中に1才のハリーがおもちゃの箒に乗っていたという記述が登場しているんですよね。当然1才の時のことですから・・・

ハリーは覚えていなかったというわけです。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/864-4f299b70