FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

散々何度も何度も「早死にする」「早死にする」と言われ続けて来たのに6年生以降も「占い学」を取るべきだったと言われても「よく言うよ」といった感じなのでしょうが、最後にトレローニー先生と会った時にはハリーは衝撃の事実を先生の口から知らされることになったのでした。(全3項目)

3-1.「選ばれし者」を巡って・・・
そんなわけで天敵(?)のアンブリッジがホグワーツにおける全ての職を解かれたので再び「占い学」の教授職に復帰したトレローニー先生だったのですが、こちらのほうは全てが解決というわけにはいかなかったのでした。

トレローニー先生が職を離れている間「占い学」の教師を務めていたケンタウルスのフィレンツェも引き続き教えることになったからです。追放の身となってしまい今さら森に帰るというわけにはいかなかったからです。

そんなトレローニー先生が学期初日の新入生歓迎パーティに出席したのはやはりどうやら「選ばれし者」のハリーを一目見たかったからなんでしょうね。しかしハリーは今年度「占い学」を取らなかったのです。

ハリーにとっても先学期の終わりの出来事は衝撃的でした。ヴォルデモートがハリーの両親を殺し当時1才のハリーを襲う原因となった予言の主がトレローニー先生だと知ったからです。

そのため「なおさら関わりにはなりたくない」とハリーは思ったようなんですが、先生のほうは「選ばれし者」だと判明したのならハリーは「占い学」を取るべきだと思ったようですね。そのことをハリーが知ったのは?

今学期ハリーが「占い学」を取らなかったため2人が直接対面を果たしたのは、スラグホーン主催のクリスマス・パーティということになったのでした。そこでハリーとは久しぶりの再会ということになった先生は?

3-2.スラグホーンのクリスマス・パーティで・・・
ハリーは当初トレローニー先生がスラグホーンのクリスマス・パーティに出席していることを知りませんでした。たまたまハーマイオニーと一緒にマクラーゲンから逃げている時に出くわしてしまったのでした。

ハリーと一緒に来ていたルーナはどうやら死の宣告は受けていなかったようで「こんばんは」と先生に礼儀正しく挨拶したのでした。先生はやっとのことでルーナに焦点を合わせたのでした。

ハリーは今度もまたトレローニー先生から安物の料理用のシェリー酒の匂いを嗅ぎ取ったのでした。酩酊気味のトレローニー先生はハリーの顔も見分けられないようでした。

最近授業でお見かけしないわねと言う先生にルーナが「今年はフィレンツェです」と答えると先生は腹立たしげに酔っ払いらしい忍び笑いをしたのでした。そして自分が戻って来たからには・・・

あんな「駄馬さん」などはダンブルドア校長が追い出してくれるだろうと思っていたのにクラスを分けるなんて「こんな屈辱」はないと言った後さらにフィレンツェに対して激烈な批判を口にしたのでした。

そしてうっかりハリーがルーナとの会話に加わってしまい、ようやくハリーの存在に気づいた先生は「選ばれし者」のことは自分は前々から判っていたことだが予兆が良かったためしがなかったと言った後に・・・

ハリーこそ他の誰よりも「占い学」が最も重要なのに何故「この科目」を取らなかったのかしら?と訊いて来たのでした。するとそこにスラグホーンが現れてトレローニー先生に大きな声でこう答えたのでした。

「ああ、シビル、我々はみんな自分の科目こそ最重要と思うものだ!」

トレローニー先生は自分がそう予言したということは全く覚えていないしスラグホーンは予言の内容を知らない。ということで成り立つ2人の思いっきり的外れな内容の会話だったのでした。

3-3.カード占いとダンブルドアの死
ハリーが最後に交わしたトレローニー先生との会話は、その後に起きた大きな出来事を考えても生涯忘れることができないことだったでしょうね。それはダンブルドアに呼び出されてハリーが校長室に向かっている時でした。

ハリーが8階の廊下を急いでいると悲鳴と衝撃音が聞こえて来たので駆け付けてみるとトレローニー先生が床に大の字になって倒れていたのでした。ハリーが助け起こすと先生は最初の内は・・・

何やら言い訳めいたことを話していたのですが、実は「必要の部屋」に飲み終わったシェリー酒の空き瓶を隠そうとして放り出されてしまったのでした。何故ならそこには先客がいたからでした。

その先客(つまりドラコ・マルフォイ)が歓声を上げて大喜びしていたと言うので、ハリーは先生に「ダンブルドア先生にお話したほうがいいと思います」と言って2人は一緒に校長室に向かうことになったのでした。

当初トレローニー先生は「校長先生は私にあまり来て欲しくないと仄めかしていた」と言って校長室に行くのをためらう素振りを見せていたのですがハリーの説得に応じて行くことにしたのでした。

ダンブルドア校長はトレローニー先生のトランプ占いの警告を無視していると言うのです。何度も何度も「どんな並べ方」をしても・・・「稲妻に撃たれた塔」「災難、大惨事、刻々と近づいて来る」

校長室に向かう間トレローニー先生はしゃべり続けていました。最初の内ハリーはトレローニー先生の話すことを適当に聞き流していたのですが途中から真剣に聞くようになったのでした。それは何故か?と云えば・・・

「最初のダンブルドアの面接のことはよく憶えていましてよ」

その時「何が起こったのか?」をハリーは知っていたからです。トレローニー先生はハリーとヴォルデモートに関する予言をして『その予言』がハリーの人生を大きく変えてしまったからでした。

そして知ってしまったのです!

予言を盗み聞きしたのは?

「でもその時、セブルス・スネイプが無礼にも邪魔をしたのです!」

最後に
こうして初登場時から改めて振り返ってみるとトレローニー先生に関しては数々の疑問点があることや多くの謎が残されたままストーリーが完結してしまったことが判明してしまいましたね。(苦笑)

過去にはどうやら透視経験があったらしいのだが「いつ?」「どんな光景を?」見たのかや、一緒に働いたことは今回が初めてなのにどうしてスラグホーンのクリスマス・パーティに招待されていたのか?

さらにはトレローニー先生は「必要の部屋」の存在を「どうやって知ったのか?」というのも大いなる疑問点ですよね。北塔の教室に閉じこもってばかりでは発見する機会やチャンスはそうそうないはずです。

つまりはハリーがホグワーツに入学する以前にも料理用のシェリー酒を飲みながら校内を徘徊するという行為をしていたのか?そうしたくなるようなことがあったのか?

他にもホグワーツの戦いでは先生も参戦していましたが、フィレンツェを含めたケンタウルスとの和解は成立したのか?今も「占い学」は2人でクラスを分けているのか?それともフィレンツェは森に帰ったのか?

さらにセブルス・スネイプ亡き後のホグワーツの校長はマクゴナガル先生になっているのですから「占い学」という科目の処遇をも含めてトレローニー先生が「今どうなっているのか?」も気になりますよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.