FC2ブログ
正直に言わせてもらうと私は「何で?こんな嫌な奴でしかも情けない男が人気があるんだろう?」なんて思うのですが、何故か?男女を問わず好きだと言う人が多いんですよね。今週は第3巻「アズカバンの囚人」のドラコ・マルフォイをお届けすることにします。(全3項目)

3-1.ホグワーツ特急では・・・
ドラコは最初に出会った時からハリーが気に障ることばかり言って来ました。例えば初対面の時には「ほんの数時間」前に自分が魔法使いだと知ったハリーに向かってこんなことを言ったのでした。

「僕らのやり方が判るような育ち方をしていないんだ。手紙を貰うまではホグワーツのことだって聞いたこともなかったなんて奴もいるんだ。考えられないようなことだよ」スバリ!ハリーのことですよね?

そして2年の新学期に入ってから最初に会った時にはドラコはハリーに向かって「みんな並べよ!ハリー・ポッターがサイン入り写真を配るそうだ!」と言ってハリーを激怒させた後にはさらに・・・

「何を?僕はありがたいことに額の真ん中に醜い傷なんか必要ないね。頭をかち割られることで特別な人間になるなんて僕はそう思わないのでね」と言い放ったのでした。そして3年生になってホグワーツ特急で・・・

最初に出会った時にもドラコは毎度お馴染みの気取った口調でロンに向かって「君の父親がこの夏やっと小金を手にしたって聞いたよ。母親がショックで死ななかったかい?」などと言ったのでした。

そのためロンは怒って立ち上がり一触即発の雰囲気になったのですが、同じコンパートメントにルーピン先生がいたのでドラコは取り巻きのクラッブとゴイルと共に早々に姿を消したのでした。

3-2.いきなりハグリッドの初授業で・・・
そんなドラコはハグリッドの「魔法生物飼育学」の初授業でもやらかしてくれたのでした。ハグリッドが最初の授業で取り上げたヒッポグリフについて「絶対に侮辱してはいけない」と説明しているのに・・・

ハグリッドの説明を聞こうともせずにクラッブとゴイルの取り巻き2人と何やらひそひそ話をしていたのでした。どうやら「どうしたら授業をぶち壊しにできるだろう?」と企んでいるようでした。

ドラコたち3人はハリーが成功したバックビークを相手にしたのでした。バックビークが自分にもお辞儀をしたのでドラコはハリーに聞こえるように「簡単じゃないか」と言って尊大な態度で・・・

ハリーにできたんだから簡単に違いないと思っていたなどと言いながら、バックビークのくちばしを撫でていたのでした。ところが「その後」がいけません。ドラコがバックビークに向かって事もあろうに・・・

「そうだろう?醜いデカブツの野獣君」

などとヒッポグリフを侮辱したためバックビークがドラコに襲いかかったのでした。ドラコは悲鳴をあげて次の瞬間にはハグリッドはバックビークに首輪をつけようと格闘していたのでした。

ドラコのローブは見る見る内に血に染まりドラコは「死んじゃう!」と喚いていました。クラス中がパニックに陥っていました。ハグリッドはドラコを抱え上げると医務室に走ったのでした。そしてその後は・・・

当然のごとく一緒に授業を受けていたグリフィンドール生とスリザリン生の間で意見が真っ二つに分かれたのでした。スリザリン生たちは「すぐにクビにすべき!」などとハグリッドを罵倒し始めて・・・

グリフィンドール生たちは「ちゃんと説明を聞いていなかったマルフォイが悪い!」と言ってハグリッドのことをかばったのでした。こうしてハグリッドの「魔法生物飼育学」の授業はドラコのお陰で・・・

大波乱の幕開けということになってしまったのでした。

3-3.復讐?何のこと?
ドラコは木曜日の昼近くまで現れずスリザリンとグリフィンドール合同の「魔法薬学」の授業が半分ほど終わった頃に姿を見せたのでした。ドラコが「痛いフリをしているだけ」なのは火を見るより明らかでした。

スネイプがドラコに気楽に「座りたまえ」と言うのを聞いてハリーとロンは腹立たしげに顔を見合わせたのでした。遅れて入って来たのがハリーやロンだったらそんな言葉は言わないことが明らかだったからです。

それどころか自分たちだったら「座りたまえ」なんて言うハズもなく厳罰を科したに違いないからでした。スネイプのクラスではドラコはいつも何をやってもお咎めなしでした。そしてドラコがハリーとロンの・・・

すぐ隣に自分の鍋を据えてハリーとロンに対する露骨な嫌がらせとスネイプ先生のドラコに対する依怙贔屓が始まったのでした。ドラコは自分は「こんな腕だから」と称してハリーとロンに・・・

自分の魔法薬の材料を刻めと迫って来たのでした。ドラコの声には底意地の悪い笑いがたっぷり含まれていたのでした。スネイプはまたいつものハリーのためだけの取って置きの憎しみのこもった視線を・・・

投げつけながらハリーにドラコの魔法薬の材料を刻むようにと言いつけていたのでした。するとシェーマス・フィネガンがハリーの真鍮の台秤を借りようと身を乗り出しながらハリーに言ったのでした。

「聞いたか?今朝の日刊予言者新聞。シリウス・ブラックが目撃されたって書いてあったよ」それを聞いてハリーとロンはシェーマスに「どこで?」と急き込んで聞いたのでした。すると3人の会話を聞いていた・・・

ドラコがハリーに「1人でブラックを捕まえようと思っているのか?」と訊いて来たのでした。さらにドラコは意地悪そうな笑みを浮かべた後に落ち着き払ってハリーにこう言ったのでした。

「言うまでもないけど僕だったら既にもう何かやってるだろうな。いい子ぶって学校にじっとしてたりしない。ブラックを探しに出かけるだろうなぁ」そんなドラコの言葉を聞いてロンはドラコを問い質したのでした。

ロンがドラコに「いったい何を言い出すんだ?」と訊くとドラコはハリーに薄青い目を細めて「知らないのか?」と囁くように言ったのでした。そしてドラコは僕なら自分自身でブラックを追い詰めると・・・

ハリーもまた「いったい何のことだ?」と怒ってドラコに訊きましたが、ドラコの言った言葉の意味がさっぱり分らずハリーはロンに「何で僕がブラックに復讐しなきゃならないんだ!」と言ったのですが・・・

今日の最後に
秘密の部屋76ページでは父親のルシウス氏はドラコに「ハリー・ポッターが好きではないような素振りを見せるのは賢明ではない」と忠告していますね。何故なら今は魔法界の大多数の者たちがハリーを・・・

闇の帝王を消したヒーローとして扱っているのだからと言っていますが、私はそもそもちゃんと両親が揃っていて恵まれた幼年時代を過ごして来たドラコと1才3ヵ月で両親を失って以降は・・・

叔母夫婦に虐げられて育てられて来たハリーが意気投合することなど絶対に有り得ないことだと思いますね。つまり2人が出会った時から対立したのは宿命で避けられなかったことだったというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/876-c06cce16