FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

アズカバンの囚人では・・・
昨年度まではダーズリー一家になすすべなく、ほとんど無抵抗だったハリーでしたが三年目の夏ということで少し知恵がついて来たようですね。

例によって例のこどく物置に全ての学用品をしまい込まれてしまったハリーでしたが、ダーズリー一家が全員外に出てバーノン叔父さんの新しい社用車を誉めそやしているスキに物置の鍵をこじ開けて教科書を数冊自分の寝室に持ち込みました。(8ページ)

序盤はロンから電話がかかって来たこと以外には大きな衝突やトラブルもなく比較的(?)平和な夏休みでしたが、そんな静寂を打ち破ったのがマージ叔母さんでした。

マージ叔母さんの度重なる誹謗・中傷・罵詈・雑言でついにハリーの怒りが爆発!「マージョリー・ダーズリー風船事件」を起こしてダーズリー家を飛び出す事態となってしまいました。

その後夜の騎士(ナイト)バスに拾われ漏れ鍋に到着したとたんに魔法大臣コーネリウス・ファッジに捕まってしまいましたが、大臣の寛大な(?)処置によって処罰も免れて夏休みの残りの期間は漏れ鍋で過ごすことになりました。

まさに災い転じて福と成す!といった感じでプリベット通りのダーズリー家を離れることが出来たハリーはもう懐中電灯を片手に夜にこそこそ宿題をする必要もなくなり、明るい陽の光を浴びながらフローリアン・フォーテスキュー・アイスクリーム・パーラーのテラスで店主に時々手伝ってもらいながら宿題を仕上げたのでした。

炎のコブレットでは・・・
この巻から形成逆転というか?!力関係がハリー優勢に転じていますよね。

大いなる誤解・勘違いなんですが、ダーズリー一家にとっては身の毛もよだつ?!極悪非道の魔法使いシリウス・ブラックがハリーの名付け親であることが明らかになり、ハリーは絶対的な切り札を持つこととなりました。

ウィーズリーおばさんからマグルの郵便で届いた手紙をキッカケにしたバーノン叔父さんとハリーの話し合いは初めてハリーが主導権を握る形で行われています。

昨年度までは屈辱的とも言えたダーズリー家とハリーの関係だっただけに、その分まさに胸のすくような気持ちといった感じですよね!そんなわけでハリーはバーノン叔父さんとの話し合いを100%自分の思惑通りに終えることができました。

ハリーはロンと目を見交わし、急いで互いに顔を背けた。吹き出したくてがまんできなくなりそうだった。(上巻70ページ)

ウィーズリーおじさんがダーズリー家を初めて訪問した時のおじさんと一家のやり取りは抱腹絶倒!笑いが止まらない!といったところです。ハリーとロンも同じ気持ちだったようですね。(またつづく)

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.