FC2ブログ
「年齢線なら老け薬でごまかせるのでは?」そう考えたフレッドとジョージは対抗試合の代表選手に名乗りを上げるため「老け薬」を飲んで炎のゴブレットに臨んだのでした。その一方で2人はハリーやロンには知られたくない心配事を何やら抱えているようです。(全3項目)

3-1.らしくない2人
ハリーとロン待望の(?)「闇の魔術に対する防衛術」の初授業が行われた木曜日の夜2人は月曜日にトレローニー先生が出した宿題を談話室でしていたのでした。1時間経っても少しも宿題がはかどらないので・・・

やはりここは「まさかの時の占い学」つまりはでっち上げしかないということで、2人がトレローニー先生が喜びそうな悲劇的な運勢を書いているとハリーの目にふとフレッドとジョージの姿が飛び込んで来たのでした。

2人は壁際に座り込み額を寄せ合って羽根ペンを持ち1枚の羊皮紙を前に何かに夢中になっていました。フレッドとジョージが隅に引っ込んで静かに勉強をしているなんて有り得ないことでした。

大抵何でもいいから真っ只中でみんなの注目を集めて騒ぐのが2人とも好きなのです。羊皮紙1枚と取り組んでいる2人の姿は何やら秘密めいた匂いがしました。そんな2人の姿を見てハリーは夏休みの最終日に・・・

「隠れ穴」で2人がやはり部屋の隅っこに座り込んで何かを書いていたのを思い出したのでした。その時はウィーズリー・ウィザード・ウィーズの新しい注文書を作っているのかな?とハリーは思ったのですが・・・

今度はそうではなさそうでした。もしそうならリー・ジョーダンも加わっていたハズです。もしや三校対抗試合に名乗りを上げることと関係があるのでは?と思っていると2人の会話が聞こえて来たのでした。

それと云うのも寮生たちが1人2人と立ち上がり寝室に消えてしまっていたので、談話室が静かになり聞こうという気がなくともフレッドとジョージの会話が聞こえて来てしまうのでした。何やら2人は深刻な様子でした。

「だめだ・・・それじゃ、俺たちがやっこさんを非難しているみたいだ。もっと慎重にやらなきゃ」

ジョージがふとハリーのほうを向いて2人は目が合ったのでした。ハリーは曖昧に笑うと急いで「占い学」の宿題に戻ったのでした。ジョージに盗み聞きしていると思われたくなかったからです。

それからまもなく2人は羊皮紙を巻くと寝室に入って行ったのでした。

3-2.対抗試合前夜
そして月日は流れて10月29日となり、いよいよ明日にはダームストラングとボーバトンの代表団が入って三大魔法学校対抗試合が始まるという日の朝にもフレッドとジョージは何やら密談の様子でした。

ジョージがフレッドに憂鬱そうに「そいつは確かに当て外れさ」とか「あいつが自分で直接俺たちに話す気がないなら、結局俺たちが手紙を出さなきゃいけないだろう」とか・・・

「いつまでも俺たちを避けてることはできない」などと言っている所にロンが「誰が避けてるんだい?」と訊くと、フレッドは「お前が避けてくれりゃいいのに」と邪魔が入ってイライラしたように言ったのでした。

ジョージはマクゴナガル先生に「どうやって代表選手を選ぶのか?」を訊いたそうなんですが教えてくれなかったんだそうです。ただ1つだけ課題をいかに上手くこなすかで点数がつけられるとのことでした。

屋敷しもべ妖精の件でもフレッド、ジョージとハーマイオニーは真っ向から意見を対立させていたのでした。ジョージは自分たちは何度も厨房に下りて行って連中と会ったことがあるが妖精たちは幸せなんだと・・・

世界一いい仕事を持っていると思っていると言うとハーマイオニーは「それはあの人たちが教育も受けてないし洗脳されてるからだわ!」と言って熱くなって話し始めたのでした。フレッドとジョージは2人とも・・・

S・P・E・Wバッジを買うことを拒否していたのでした。

そして日は改まって10月30日となり午後6時過ぎにはボーバトンに続いてダームストラングの代表団がホグワーツ入りして三大魔法学校対抗試合の開幕がダンブルドア校長によって宣言されたのでした。

3-3.老け薬
ホグワーツの生徒並びに代表団がデザートも食べ終わり金の皿が再びピカピカになると、ダンブルドア校長が立ち上がり「時は来た」と大広間全体に呼びかけたのでした。いよいよ公正なる選者が発表されるようでした。

ダンブルドア校長が今回この三大魔法学校対抗試合の復活開催に尽力した国際魔法協力部の部長バーテミウス・クラウチ氏と魔法ゲーム・スポーツ部の部長ルード・バグマン氏を紹介した後に・・・

管理人のフィルチがダンブルドアに促されて宝石を散りばめた大きな木箱をダンブルドアの前のテーブルに置いたのでした。その箱からダンブルドアは大きな荒削りの木のゴブレットを取り出したのでした。

それこそが公正なる選者『炎のゴブレット』だったのです。そしてダンブルドアは「17才未満の者がゴブレットに近づけぬように」とゴブレットの周囲に年齢線を引くことも合わせて宣言したのでした。

それを聞いてフレッドは「年齢線なら老け薬でごまかせるのでは?」と言ったのでした。一旦ゴブレットに名前を入れてしまえばゴブレットには入れた生徒が「17才未満かどうか?」なんて分りはしないと云うのです。

翌日ハリーたち3人が他の生徒と同様に土曜日にしては早い朝食を取ろうと玄関ホールに下りて来ると背後で笑い声が聞こえて来たのでした。振り返るとフレッドにジョージにリー・ジョーダンの3人でした。

3人ともひどく興奮しているようでした。3人は「老け薬」を飲んで来たんだそうです。ハーマイオニーは「ダンブルドアはきっとそんなことは考えてあるはずよ」と警告するように言ったのですが・・・

最初にゴブレットに臨んだのはフレッドでした。フレッドは「フレッド・ウィーズリー、ホグワーツ」と書いた羊皮紙をポケットから取り出して年齢線の手前でまずは立ち止まり試すように前後に体を揺すった後に・・・

そして玄関ホールにいる全員が注目する中フレッドは大きく息を吸って線の中に足を踏み入れたのでした。一瞬ハリーも「上手くいった!」と思ったのでした。ジョージも同様にそう思ったようです。しかし・・・

フレッドに続いてジョージも年齢線を踏み越えようとしたのですが「ジュッ」という大きな音と共に2人は金色の円の外に放り出されてしまったのでした。2人は3メートルほども吹き飛ばされてしまい・・・

ポンと大きな音がすると2人とも全く同じ白い顎鬚が生えて来たのでした。玄関ホールが大爆笑に沸き2人は立ち上がって互いの髭を眺めて笑い合ったのでした。こうしてフレッドとジョージの果敢な挑戦は・・・

ものの見事に失敗に終わり2人は代表選手に名乗りを上げることができなかったのでした。

今日の最後に
ハリーが代表選手に選ばれてしまった時にダンブルドアはハリーに「上級生に頼んで炎のゴブレットに君の名前を入れたのかね?」と訊いているんですよね。もちろんハリーは「いいえ!」と答えているのですが・・・

つまり!「この手」があったというわけなんですよね。実はフレッドとジョージが失敗した直後にはクィディッチのグリフィンドール・チームのメンバーの1人で2人とは同学年のアンジェリーナ・ジョンソンが・・・

先週が誕生日だったということで「炎のゴブレット」に名前を入れてホグワーツの代表候補の1人として名乗りを上げているんですよね。だからフレッドもジョージもリー・ジョーダンもアンジェリーナに頼んでいれば・・・

君が名前を入れる時に僕たちの羊皮紙も一緒に入れて欲しいと言っていればフレッドもジョージもリーも立候補することができたんですよね。しかし私はどっちにしろセドリック・ディゴリーが選ばれていたと思いますね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/883-a7b690c4