FC2ブログ
今回は「忠誠の術」についておさらいしてみることにします。
理解して思うに私は本当に色んな意味で複雑な術でローリングさんはよく考えたな~ぁと思いますね。この術についてはフリットウィック先生がアズカバンの囚人265~266ページ(携帯版293ページ)で説明してみえます。

1人の生きた人の中に秘密を魔法で封じ込める。選ばれた者は『秘密の守人』として情報を自分の中に隠す。かくして情報を見つけることは不可能となる。『秘密の守人』が口を割らない限りまた秘密を暴露しない限り、守られている人・物を見つけることはできなくなる。という術です。

どうして入れ替わったのか?
当初ポッター夫妻の『秘密の守人』はシリウスがなる予定でした。ダンブルドアにもそう報告していますし、ダンブルドアも魔法省にそのように報告しています。それでは何故?最後の最後になって『秘密の守人』がシリウスからピーター・ペティグリューことワームテールに代わったのでしょうか?

私は術の複雑さもさることながら呪文も相当複雑なのではないか?私が思うには、唱える呪文が舌を噛んでしまうぐらい複雑なのではないか?・・・それとこの「忠誠の術」というのは守ってもらう本人と『秘密の守人』はかけることができないのではないか?と思います。騎士団本部は建物ですし、ペチュニア叔母さんは純粋マグルですから当然ですよね。

だからポッター夫妻の時の場合は最初はピーターが術をかけようとしたが、何度やっても失敗するものだから急きょシリウスとピーターが入れ替わったのではないか?と私は思います。お世辞にもピーターは優秀な魔法使いとはいえないですからね。ということで・・・

まずポッター夫妻の場合
秘密の守人は「ピーター・ペティグリュー(ワームテール)」
術をかけたのは「シリウス・ブラック」

ハリーの場合
秘密の守人は「ペチュニア・ダーズリー」
術をかけたのは「アルバス・ダンブルドア」

不死鳥の騎士団本部の場合
秘密の守人は「アルバス・ダンブルドア」
術をかけたのは「シリウス・ブラック」

とまあこんな構成になっているのではないか?と思います。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/9-5d413729