FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

プリンス下巻190ページではヴォルデモート卿が「その座」に就くことをダンブルドアが拒んで以来ホグワーツにおいては一年を超えて「その職」にとどまった教師は一人もいないことが明らかにされています。

そこで各巻の「闇の魔術に対する防衛術」の先生を振り返って分析してみたいと思います。(巻名なしのページ数は賢者の石)
賢者の石は「クィレル先生」でした。

秀才なのだそうですが・・・

108ページのハグリッドの説明によると本を読んで研究していた時はよかったんですが一年間実地に経験を積むということで休暇を取ったのですが旅行先でヴォルデモート卿と出会ってしまい、それ以来人が変わってしまって生徒を怖がるやら自分の教えている科目にもビクつくようになってしまいました。

グリンゴッツから賢者の石を奪うことに失敗してしまった後はヴォルデモートに取り憑かれて取り憑いたヴォルデモート卿が後頭部からはみ出していたため頭にターバンを巻いてごまかしていました。

数々の不信な挙動から「賢者の石を狙っているのはスネイプなのでは?」と思ったハリーたちは懸命にクィレルを庇(かば)いましたが実は生徒を怖がるのも自分の教える科目にビクついていたのも演技でした。

結局みぞの鏡から賢者の石を取り出すことが出来ずハリーのお母さんが与えた守りの力がハリーの体に流れていたためにハリーに触れることが出来ず最後には死んでしまいました。

どうしてクィレルを雇ったのか?!
428ページでクィレルはグリンゴッツから石を盗み出すことに失敗した後は、もっと身近で見張らなければならないとあの方(ヴォルデモート卿)は決心したと言っています。それなら9月1日の時点では既にクィレルにはヴォルデモート卿が取り憑いていたことになります。

また330ページではスネイプがクィレルに「どちらに忠誠を尽くすのか決めておいていただきましょう」と言っていますから既に『この時点』でクィレルがヴォルデモート卿に与(くみ)していたことは分かっていたはずです。どうして放置したんでしょうね?

さらに賢者の石を保管しておくのに一番安全な所はダンブルドアの校長室だと思うのですが、どうしてあんな所(みぞの鏡)に隠したのでしょうか?

炎のコブレット下巻458ページでヴォルデモート卿は失脚の時より強力になって蘇るには、どうしてもハリー・ポッターの血が欲しかったと言っています。結果としてハリーは死喰い人以外では唯一ヴォルデモート卿復活の目撃者となりました。

ですから私はダンブルドアは敢えてハリーとヴォルデモート卿を対決させて自身が蘇る時にはハリーの血が必要だと思わせるためにクィレルにヴォルデモート卿が取り憑いていることを知った上で見て見ぬフリをしていたんだと考えています。

tags : ヴォルデモート

コメント

クィレルの過去

これもポッターモアで明かされています。本名はクィリナス・クィレル。本人は混血で家族構成は不明ですが、少なくとも妻子はいないようです。

ホグワーツではレイブンクロー寮に所属。ハリーの前で見せたオドオドした態度は演技でしたが、当時は本当にあんな感じで、他の学友にからかわれるいじめられっ子でした。そのため、みんなを見返してやりたいという思いが強くなりすぎたあまり、どんどん闇の魔術に傾倒していきます。

元々好奇心や自己顕示欲が強かったことから、卒業後はホグワーツでマグル学の教授として働きながら、秘密裏に失踪したヴォルデモートを探し出そうとしていたようです。

そして、1年間修行の為に休暇を取って訪れたアルバニアの森で、ついにヴォルデモートとの邂逅を果たし…。その後は1巻で描かれた通りです。ターバンでヴォルデモートの顔を、ニンニクの匂いでヴォルデモートの体臭をごまかしていました。

ところで、作中ではヴォルデモートに忠実な様子でしたが、実は心の奥底では「いつかヴォルデモートの主導権を握ってやろう」という野心を燃やしていたようです。どうやら、死んだと思われていたヴォルデモートを一番最初に発見したことで、自分の優秀さにすっかり舞い上がってしまったようです。

たびたび妨害してくるスネイプのことも、「(自分と同じように)ヴォルデモートに成り代わって死喰い人の頂点に君臨しようとしているのだ」としか思っていませんでした。クィレルはダンブルドアやスネイプに自分の本性を見抜かれていることは分かっていましたが、スネイプが「ヴォルデモートがまだ生きていることを知っている」ことも、ダンブルドアの命令で動いていることすらも見抜けなかったのです。結局、この浅はかさと傲慢さが仇となり、クィレルは憐れな最期を迎えることになってしまいます。

2016.03.23  名無しさん  編集

やっぱりそうだったんですか。(笑)

龍さんですよね?コメントありがとうございました!

11才の誕生日に「漏れ鍋」でハリーが出会った直後にハグリッドはクィレルの事を「優秀なんだが」と言っています。

さらにドロレース・アンブリッジはハリーが習った過去の4人の「闇の魔術に対する防衛術」の教師で唯一クィレルだけが魔法省の査察をパスしたと評価しているんですよね。

だから私はこのクィレルについては「レイブンクロー寮出身なのでは?」とそう思っていました。(笑)

2016.03.24  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.