FC2ブログ
さて!今週は第7巻「死の秘宝」のそしてハリーポッター・シリーズのクライマックスシーンであるホグワーツの戦いを改めて振り返ってみたいと思います。死喰い人とホグワーツの防衛隊そしてハリーとヴォルデモートが雌雄を決するために対決した戦いはレイブンクロー寮の談話室でマクゴナガル先生とハリーが出会った所から始まったのでした。(全3項目)

3-1.開戦のきっかけを作ったのは?
ホグワーツの戦いが始まる一番最初のきっかけは何と云ってもレイブンクロー寮の談話室でハリーとマクゴナガル先生が出会ったことでしょうね。ハリーは当初は可能性は低いのでは?と思ったものの・・・

ヴォルデモートがホグワーツに隠した分霊箱の手がかりが他に見当たらなかったため、取り合えずルーナと共にレイブンクローの髪飾りを見に行くことにしたのでした。ところがそのレイブンクロー寮の談話室に・・・

死喰い人のアレクト・カローがいたのです。その結果「どうやらヴォルデモートがホグワーツに隠した分霊箱はレイブンクローの失われた髪飾りらしい」との結論を出すこともできたというわけなんですよね。

一緒にレイブンクロー寮の談話室に入って来た兄のアミカス・カローがマクゴナガル先生に唾を吐きかけたため激怒したハリーが「透明マント」を脱ぎ捨ててアミカスに「磔の呪い」をかけたのでした。

「マクゴナガル先生、ヴォルデモートがやって来ます」
「あら、もうその名前を言ってもいいの?」

ハリーに続いて「2人目の反逆者」のルーナ・ラブグッドが突如として現れたので狼狽するマクゴナガル先生だったのですが、気持ちを落ち着かせてハリーが「ダンブルドアの命令で動いている」と聞くや・・・

マクゴナガル先生はハリーがその何か(分霊箱)を探している間は学校を守りましょうと言って、未成年の生徒を避難させるべく動き出したのでした。こうして戦いの火ぶたは切って落とされたというわけなんですよね。

3-2.ミネルバ・マクゴナガル先生対セブルス・スネイプ
マクゴナガル先生に「透明マント」を被ったハリーとルーナがレイブンクロー寮の談話室を出て急いでいると、やがて静かな足音が加わったのでした。最初に「その足音」に気づいたのはハリーでしたが・・・

マクゴナガル先生も誰かがいることに気づいたようで、立ち止まって杖を構えて決闘の体勢を取りながら「そこにいるのは誰です?」と言ったのでした。甲冑の陰から歩み出て来たのはセブルス・スネイプでした。

スネイプは寝巻き姿ではなく普段通りの黒いマントを着てマクゴナガル先生と同様に杖を構えて決闘の体勢を取っていました。そしてマクゴナガル先生に「カロー兄妹はどこだ?」と訊いて来たのでした。

マクゴナガル先生が「あなたが指示した場所だと思います」と答えると、スネイプは自分の印象ではアレクトが侵入者を捕えたようだがと反論したのでした。闇の印が焼けるのを感じたからでした。

どうやらスネイプはマクゴナガル先生がハリーを伴っていることに気づいているようでした。何故ならハリーが「透明マント」を持っていることを知っているからです。スネイプはマクゴナガル先生に・・・

「今夜廊下を見回るのがあなたの番だったとは知りませんでしたな」とか「こんな遅い時間に起き出してここに来られたのは何ゆえですかな?」などと言いながら近づいて来たのでした。

マクゴナガル先生はハリーが信じられないほど素早く動いたのでした。そのためハリーはスネイプが気絶して倒れ込んだに違いないと思ったのでした。しかしスネイプの敏速な盾の呪文にマクゴナガル先生は・・・

体勢を崩していたのでした。2人の激しい攻防にハリーはルーナをかばって引き寄せなければならなかったのでした。そんなマクゴナガル先生とスネイプの対決はフリットウィック先生にスプラウト先生さらには・・・

スラグホーン先生の3人の他の寮の寮監の先生方が駆け付けた所でスネイプ校長が逃亡して終了ということになったのでした。

3-3.4人の寮監の先生方が集結して・・・
マクゴナガル先生が3人の寮監の先生方に守護霊を派遣してフリットウィック先生とスプラウト先生が駆け付けて来たので「3対1」では到底かなわないということでスネイプ校長は逃走したのでした。

「透明マント」を脱ぎ捨てて突然現れたハリーにビックリ仰天していた3人の寮監の先生方だったのですが、マクゴナガル先生がヴォルデモートが来ると告げるとフリットウィック・スプラウト両先生は・・・

さっそくホグワーツ城を守るべくそして未成年の生徒を避難させるべく動き出したのでした。唯一スラグホーンだけは「果たしてこんなことをするのが賢明なことなのか?」と懸念を示しましたが・・・

ヴォルデモートは結局は侵入する道を見つけるので、そうなればヴォルデモートを阻もうとする者たちは由々しき危険に晒されると言ったのですがマクゴナガル先生はそんなスラグホーンに対して・・・

スリザリン生と一緒にホグワーツを去るというのなら止めはしないと。しかしスリザリン生の誰かが抵抗運動を妨害したりなどすれば自分たちは死を賭して戦うと告げたのでした。今こそスリザリン寮は・・・

旗幟を鮮明にすべき時が来たと!

そしてマクゴナガル先生はハリーとルーナに「必要の部屋」に戻って友達を大広間に連れて来るようにと指示したのでした。そして先生自身はグリフィンドール生を起こしに行くため2人と分かれたのでした。

今日の最後に
当サイトでは折ある毎にハリーには未来を予見する力すなわち予知能力があると繰り返し主張して来ました。ハリーが可能性は低いものの取り合えずレイブンクローの失われた髪飾りを見に行こうと思ったのも・・・

レイブンクロー寮の談話室に入った時に「透明マント」から出たのもマクゴナガル先生に会えることやカロー兄妹を一網打尽にできることを見越しての行動だったというわけなんですよね。

こうしてホグワーツの戦いは始まったというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/900-16b359fc