FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ヴォルデモート卿が生きている限りハリー・ポッターは決して死なない。ハリーが閉心術を完璧に習得していたためヴォルデモートは最後の最後まで「このこと」を知らずに死んでいったのでした。全てはヴォルデモートが1才のハリーを襲った時から始まっていたのです。(全3項目)

3-1.ヴォルデモート卿の誤算
ナルシッサ・マルフォイの嘘の「死んでいます!」宣言に端を発したボタンの掛け違いはこの後ヴォルデモート卿にとっては予想外の展開を次から次へと引き起こすことになっていったのでした。

ヴォルデモート卿にとって誤算だったのはハリーの遺体を見て嘆き悲しむ者は多数いたのにヴォルデモート卿の姿を見て恐れたり、たじろぐ人が全くいなかったことでしょうね。ロン、ハーマイオニーに・・・

ジニーの叫び声を引き金にして生存者たちが義に奮い立ちヴォルデモートがかけた沈黙呪文を何度も破るので、ヴォルデモートはその都度沈黙呪文を掛け直して人々を黙らせなくてはならなかったのでした。

挙句の果てには無謀にもヴォルデモート卿に対して攻撃を仕掛けて来る者が現れたのでした。それはネビル・ロングボトムでした。ヴォルデモートは杖もなく空っぽの両手を握り締めているネビルに対して・・・

「お前は気概と勇気のある所を見せた」とねぎらいとも思える言葉を掛けた後ネビルに「お前は純血で高貴な血統の持ち主だから貴重な死喰い人になれる」と自分の配下に加わるようにと言ったのでした。

しかし!そんなヴォルデモートに対してネビルは「地獄の釜の火が凍ったら仲間になってやる」と高らかに拒否宣言をしたのでした。さらに「ダンブルドア軍団!」と叫んでアルバス・ダンブルドアに・・・

前校長のダンブルドアに死後も変わらぬ恭順の意を誓うことを表明したのでした。ヴォルデモートは愚かにも自分に逆らい続けるのならネビルが「どういうことになるのか?」を見せつけてやると言って・・・

「ホグワーツに組分けは要らなくなる」と称してネビルの頭に「組分け帽子」を無理やり被せて帽子に火を点けたのですが・・・

それが戦闘再開の合図になったのでした。

3-2.戦いの舞台は大広間に・・・
こうして再開された戦いはホグワーツ魔法魔術学校の大広間に持ち込まれたわけですが、ここではその中から私が注目した組み合わせを拾い出して紹介してみることにします。

●フィリウス・フリットウィック対アントニン・ドロホフ
呪文学の教師でレイブンクローの寮監のフリットウィック先生はローリングさんの公式サイトで小鬼と魔法使いのハーフであることが明らかにされています。

そして何でも伝え聞いた所によるとリーマス・ルーピンはアントニン・ドロホフに殺されたんだそうです。つまり狼人間の敵討ちを小鬼と魔法使いのハーフがしたという面白い構図になっているんですよね。

●ルビウス・ハグリッド対ワルデン・マクネア
ハグリッドがやっつけたワルデン・マクネアはハリーが3年生の時にヒッポグリフのバックビークの死刑執行人としてホグワーツにやって来た前歴を持つ死喰い人なんですよね。

さらにハグリッドがボーバトンの校長マダム・マクシームと共に巨人の居住地にダンブルドアの使者として赴いた時に現地で見かけたヴォルデモート側の使者の1人でもあったというわけなんですよね。

●アーサーとパーシー・ウィーズリー対パイアス・シックネス
ご存知のようにパイアス・シックネスはルーファス・スクリムジョール亡き後に魔法大臣に就任した魔法省の高級官僚でした。ヤックスリーに「服従の呪文」をかけられていました。

つまりアーサー氏とパーシーの2人にとっては今現在の勤め先の最高責任者ということになるんですよね。その人物を2人かがりで床に打ち倒しているというわけなんですよね。

●ルシウスとナルシッサ・マルフォイ
ルシウスはヴォルデモートに奪われ、ナルシッサは息子のドラコに貸してしまったため2人とも「杖なし」でホグワーツの戦いでは戦闘に参加したくても参加できない状態だったんですよね。

そのため大広間での戦いの時も戦闘には加わらず息子ドラコの名前を叫びながら戦闘の中を走り回っていたというわけなんですよね。

●モリー・ウィーズリー対ベラトリックス・レストレンジ
ベラトリックス・レストレンジは一時休戦前の戦いの最中にフレッド・ウィーズリーとトンクスを殺害しているんだそうです。だから「フレディちゃんとおんなじようにいなくなったら?」と言っているというわけなんですよね。

したがってウィーズリーおばさんは騎士団員のトンクスと息子のフレッドの敵討ちを一度に済ませたというわけなんですよね。

3-3.ハリー・ポッター対ヴォルデモート卿ことトム・リドル
こうして圧倒的な数の援軍が押し寄せて死喰い人たちは一網打尽ということになり、最後の最後に残ったのはハリーとヴォルデモートの対決のみということになったのでした。

このハリーとヴォルデモートの対決シーンで注目されるのは、ヴォルデモートのハリーに対する指摘や追究が全てことごとく的外れな内容に終始しているということなんですよね。つまりはヴォルデモートは・・・

ハリーはドビーの死を境に閉心術を完璧に習得したので、ヴォルデモートはハリーの心を開くことが全くできなくなっていたんですよね。ハリーが「ついにこの時が来た!」と覚悟を固めているのに対して・・・

ヴォルデモートは「ポッターは本気ではない」とか「今日は誰を盾にするつもりだ?」などと言っているんですよね。そしてハリーは偶然生き残ったに過ぎないと繰り返し主張したのでした。

ヴォルデモートは自分が負けるはずなどない。最後に勝つのは自分なんだと思いつつもハリーが本当に究極の秘密を知っているのでは?という微かな可能性にたじろいでハリーを攻撃することができなかったのでした。

「どうしてポッターはあんなに自信満々なんだ?」とヴォルデモートはおそらく必死にハリーの心を開こうとしていたのでしょうが、ハリーの心は固く固く閉ざされていたのでヴォルデモートは・・・

ハリーが自分はヴォルデモートにはできない魔法もさらにヴォルデモートの武器よりもっと強力な武器の両方を持っていると言われて思わず衝撃を受けていることを顔の表情に現してみたり・・・

さらにダンブルドアの死はあらかじめスネイプとダンブルドア自身の間で事前に決められていたことなので、ヴォルデモートの命令で事が成されたわけではないとハリーが本当のことを言っているのに・・・

ヴォルデモートは「何たる子ども騙しの夢だ?」などと言って信じようともしなかったのでした。結局ヴォルデモートは「ニワトコの杖」の真の所有者に一度もなることなく自身の「死の呪文」が・・・

撥ね返って死んでいったのでした。

最後に
結局結果としてはヴォルデモートは1才3ヵ月の時にハリーを襲った時も今回のホグワーツの戦いの時も自身の「死の呪文」が撥ね返って滅びて行ったというわけなんですが・・・

以前の時とは違ってハリーたち3人とネビルがヴォルデモートの分霊箱を全て破壊してしまったので今度ばかりは本当に死んだというわけなんですよね。そしてそれらの一連の出来事や動きには全て・・・

アルバス・ダンブルドアが深く関わっていたというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.