FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

さて!12月31日が誕生日ということで今年最後の週はトム・リドルことヴォルデモート卿に特化した内容をお届けすることにします。今回はハリー6年生の時に実施された個人教授でダンブルドア校長が「どのようにして?」ヴォルデモートの分霊箱に関する情報を与えていったのかを改めて検証してみたいと思います。(全3項目)

3-1.最初の授業でハリーが見た光景
ハリーは4年生と5年生の時に「憂いの篩」を使って他人の過去の記憶を覗き見たことがありました。しかしいずれも記憶の持ち主に許可を得ずに見てしまったため思わぬ事態を招くことにもなってしまったのでした。

そして今回ダンブルドア校長の個人教授では初めて記憶の持ち主に許可を得て過去のヴォルデモート卿に関する数々の情報を享受することになったのでした。そして最初の授業で得たヴォルデモート卿に関する情報とは?

それは魔法法執行部に勤めていたボブ・オグデンの記憶でした。オグデン氏が昔ヴォルデモート卿の祖父であるマールヴォロ・ゴーントと息子のモーフィンそれに娘のメローピーが住むリトル・ハングルトンの家に・・・

モーフィン・ゴーントがマグルを襲って魔法法を破ったという事実があったかどうか?を確認するためにオグデン氏がリトル・ハングルトンのゴーント家の家を訪れた時の記憶だったのです。

そこでハリーが見た光景とは?

3-2.死の秘宝そして分霊箱の1つ「蘇りの石」
オグデン氏は家の中に入るとマールヴォロに「息子のモーフィンが昨日の夜にマグルの面前で魔法をかけたと信じるに足る根拠がある」と言い渡したのでした。それに対してマールヴォロはオグデン氏に・・・

オグデン氏の「モーフィンは魔法法を破ったのです」という言葉に大袈裟に節をつけて真似した後に「息子は穢らわしいマグルに焼きを入れてやっただけだ。それが違法だと?」と開き直ってみせたのでした。

オグデン氏は内ポケットから小さな羊皮紙の巻紙を取り出して読み上げたのでした。それは魔法省への召喚状だったのです。マールヴォロはオグデン氏に向かって「何様だと思っているんだ!」と激怒した後さらに・・・

マールヴォロはオグデン氏に詰め寄り黄色い爪でオグデン氏の胸を指しながら「魔法省が来いと言えば俺たちがすっとんで行くとでも思っているのか!」と言った後さらにオグデン氏に罵倒の言葉を浴びせかけたのでした。

そんなマールヴォロに対してオグデン氏は用心しながらも決して臆せず「ゴーントさんに向かって話しているつもりでおりましたが」と応じて粛々と事を進めようとしたのでした。そこでマールヴォロが取った行動とは?

マールヴォロは中指にはめている黒い石がついた醜悪な指輪をオグデン氏の目の前で振って見せた後にこう言い放ったのでした。それに対してオグデン氏は「全く分りませんな」と言ってさらに話を進めようとしたのですが?

「これが見えるか?見えるか?何だか知っているか?これがどこから来た物か知っているか?何世紀も俺の家族の物だった。それほど昔に遡(さかのぼ)る家系だ」さらにマールヴォロはオグデン氏に対して・・・

「しかもずっと純血だ!どれだけの値段をつけられたことがあるのか判るか?石にペベレル家の紋章が刻まれた。この指輪に!」そう言ってマールヴォロがオグデン氏に見せつけた物が『蘇りの石』だったのです。

そしてこれが後にヴォルデモート卿の分霊箱の1つになったのは周知の事実です。

3-3.分霊箱の1つ「スリザリンのロケット」
しかしオグテン氏はペベレル家の「蘇りの石」を鼻先に突きつけられても「何のことか?」全く分らず、その価値をも認めなかったので「それはこの話には関係ない」と言ってさらに話を進めようとしたのでした。

すると今度はマールヴォロは怒りに吼え哮(たけ)り娘のメローピーに飛びついたのでした。マールヴォロの手がメローピーの首にかかると次の瞬間にはマールヴォロはメローピーの首にかかっていた金鎖を掴むと・・・

メローピーをオグデン氏のほうに引きずって来て重そうな金のロケットを振って「これが見えるか?」と大声を上げたのでした。金鎖を掴んで娘のメローピーを引きずるというマールヴォロのあまりに極端な行動に・・・

オグデン氏は慌てて「見えます。見えますとも!」と言ったのですが、その時マールヴォロがオグデン氏に見せた物が『スリザリンの金のロケット』だったのです。マールヴォロは「スリザリンのだ!」と言った後に・・・

我々ゴーント家はサラザール・スリザリンの最後の末裔だとオグデン氏に勝ち誇って言ったのでした。我々は何世紀にも渡って純血だ。全員が魔法使いだと。だから自分たちに向かってそんな口の聞き方をするなと・・・

貴様なんぞよりずっと純血だってことは間違いないのだからとマールヴォロはオグデン氏に言い放ったのでした。しかしオグデン氏はそんなマールヴォロに理路整然と冷静沈着に反論したのでした。オグデン氏は・・・

あなたの先祖が全員魔法使いだろうと私の先祖にマグルが混じっていようと「今回の件」には全く関係がないと毅然とした態度で言い返したのでした。私は今あなたの息子のモーフィンのことでここにいるのだと!

オグデン氏は再び羊皮紙に目を走らせながら「モーフィンは当該マグルに対し呪いもしくは呪詛をかけ、この男に非常な痛みを伴う蕁麻疹を発疹させしめた」と息子が犯した咎をマールヴォロに言い渡したのですが・・・

マールヴォロが「息子がそうしたら?どうだと?」とか「お前たちがそのマグルの小汚い顔をきれいに拭き取ってやったのだろうが」などと全く自分たちのした行為に反省も後悔の念をも示そうとしないので・・・

今日の最後に
こうしてハリーに対するダンブルドア校長の最初の個人教授ではヴォルデモートの分霊箱の内の2つ「ペベレル家の蘇りの石」と「スリザリンの金のロケット」が示されていたというわけなんですよね。

そしてこの後ゴーント家のマールヴォロとモーフィンにメローピーの3人は家の外をたまたま通りかかったマグルすなわち後のヴォルデモートの父親になる男を巡って言い争いになり娘のメローピーが・・・

ずっとずっと純血を誇りにして来たサラザール・スリザリンの末裔が事もあろうにマグルの男に恋心を抱いているということで掴み合いの大ゲンカとなりオグデン氏は命からがらゴーント家の家を逃げ出すと・・・

今度は援軍を連れてゴーント家の小屋に戻って来たのでした。そして身柄を拘束されたマールヴォロとモーフィンはアズカバンに送られメローピー1人だけが家に残ることになったのですが・・・

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.