FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

スネイプにとっては真実が明らかになる以前は愛するリリーを死に追いやった憎んでも憎んでも余りある男だったのですが、誤解が解けてからもホグワーツ在学中に殺されかけたことがあるので到底許す気にはなれなかったのでした。しかし最後の最後には?(全3項目)

3-1.シリウス・ブラックとの関係、その1
当時はシリウスがハリーの両親ポッター夫妻の「秘密の守人」だと思われていました。ところがポッター夫妻の「秘密の守人」が実は急遽ピーター・ペティグリューことワームテールに変更されたことを知っていたのは・・・

表向きにはシリウスとペティグリューの当の本人2人だけだったので、当然スネイプはポッター夫妻の居場所を闇の帝王に教えてリリーを死に追いやったのはシリウスだと思っていたというわけなんですよね。

そのため「叫びの屋敷」でシリウスとの再会を果たした時スネイプは「愛するリリーが闇の帝王に殺されたのはこいつのせいだ!」ということでシリウスに対する怒りと憎悪は最高潮に達していたのですが・・・

そのことを知らなかったハリー、ロン、ハーマイオニーの3人はスネイプに対して3人が同時に武装解除の術を唱えてしまったためスネイプは杖どころか体ごとぶっ飛んでしまったというわけです。

つまり今にして思えばスネイプにも同情の余地があったというわけなんですが、皮肉にもヴォルデモート卿を復活させたのは「その」ワームテールだったということで「この件」については・・・

スネイプが復活直後にヴォルデモートの所に遅れて参上した時に直接会ったのか?あるいはどういう形で確認したのか?の詳細については不明ですがシリウスに対する誤解は解けたはずなんですよね。ところが・・・

スネイプにとってはまだまだ「それ以外」にもシリウスを憎んで余りある要素があったというわけです。したがってヴォルデモート卿の復活後も2人が真に和解することはなかったというわけなんですよね。

3-2.シリウス・ブラックとの関係、その2
実は今回よくよく考えてみたらシリウスとハリーのお父さんも『血を裏切る者たち』ということになるんですよね。だって2人とも純血の魔法使いなのに狼人間のリーマス・ルーピンが友達ですし・・・

ジェームズはさらに純粋マグル出身のリリー・エバンズに思いを寄せていたわけですからね。まあシリウスに言わせたら「純血主義だのマグル生まれを排除せよなどという考えはまともじゃない!」そうなんですが・・・

それが人や立場が変わってマルフォイ父子に言わせるとウィーズリー家の奴らは「あいつらときたら純血のくせに穢れた血のハーマイオニー・グレンジャーなんぞと付き合っている」連中の行動を見ていると・・・

本当に純血かどうか怪しいものだという言い方になるわけですから。それに加えてスネイプはかつてホグワーツ在学中には満月の日にシリウスに「暴れ柳の幹のコブを長い棒でつつけば穴に入ることができる」と・・・

教えられて危うく狼に変身したルーピンに出くわしそうになり、シリウスに殺されかけた経験があったので1つぐらい誤解が解けてもシリウスを憎む気持ちを軽減することなど到底できないというわけなんですよね。

そのためハリー5年生のクリスマス休暇明けから閉心術を教えることになってグリモールド・プレイス12番地を訪ねて来たスネイプはハリーが厨房に入って来た時にはシリウスに背を向けて部屋の中には・・・

互いの嫌悪感で重苦しい沈黙が流れていたというわけなんですよね。この場面で注目すべきはスネイプはシリウスのことを「ブラック」と呼び、シリウスもスネイプのことを「スニベルス」と呼んで・・・

互いに決してファーストネームでは呼び合っていないことですよね。ちなみにスネイプはリーマス・ルーピンのことも「ルーピン」と苗字で呼んでいますがルーピンのほうはスネイプのことを「セブルス」と・・・

ファーストネームで呼んでいます。シリウスはハリーを巡る主導権争いからウィーズリーおばさんと言い争いをしたこともありますが2人は「モリー」「シリウス」とファーストネームで呼び合っています。

双方の呼び名からもいかにスネイプとシリウスが互いを嫌い合っているのかということが判りますよね。もっともウィーズリーおばさんの場合は「ウィーズリー」が沢山いるからという事情もあるにはあるのですが・・・

3-3.シリウス・ブラックとの関係、その3
そんな「ひょっとしたらハリー以上なのでは?」と思わせるほどのスネイプのシリウスに対する悪感情と嫌悪感なのですが、スネイプが思わずシリウスの安否を確かめてしまったことがあるんですよね。

それはハリーがシリウスがヴォルデモートに捕えられて魔法省の神秘部にいると思い込んでアンブリッジの部屋に侵入しシリウスがグリモールド・プレイス12番地にいるのかどうか?を確かめようとして・・・

当然「2度目」だったのでアンブリッジに捕まってしまったのですがハリーがちっとも白状しないものだからアンブリッジが真実薬を貰おうとスネイプを呼びつけたのでした。そこでハリーは気づいたのです。

ホグワーツにまだ1人騎士団員が残っていたことを・・・

アンブリッジが「真実薬をもう1瓶欲しい」と言うとスネイプは最後の1瓶を持っていかれましたが、まさかあれを全部使ってしまったということはないでしょうな?3滴で十分だと申し上げましたがと・・・

さらにスネイプが成熟するまでに満月から満月までを要するので作るのには1ヵ月かかると言うとアンブリッジはガマガエルのように膨れ上がって「私は今必要なのよ!」とがなり立てたのでした。

冷たく暗いスネイプの目がハリーを抉(えぐ)るように見据えたのでした。ハリーは怯(ひる)まずに見返しスネイプが自分の心を読んで理解してくれるよう一心に夢で見たことに意識を集中したのでした。

アンブリッジが金切り声でスネイプに停職を言い渡し「部屋から出て行きなさい!」と言うとスネイプは皮肉っぽくお辞儀をして立ち去りかけたのでした。ホグワーツに残った最後の騎士団員が出て行ってしまう!

そこでハリーは・・・

「あの人がパッドフットを捕まえた!あれが隠されている場所で、あの人がパッドフットを捕まえた!」

そうハリーに叫ばれて振り返ったスネイプは不可解な表情でした。スネイプがハリーの言葉の意味を理解できたのかどうか?は分りませんでした。やがてスネイプは「さっぱり分りませんな」と冷たく言って・・・

部屋を出ていってしまったのですが・・・

今日の最後に
実は「この後」スネイプはハリーの言葉の意味をちゃんと理解してグリモールド・プレイス12番地にシリウスがいるかどうかを確かめたんだそうです。すると今度はアンブリッジに捕えられたハリーが・・・

禁じられた森から戻って来ないのでハリーはまだシリウスがヴォルデモート卿に囚われの身になっていると信じ込んでいるのではないか?と心配になり即座に他の騎士団員に警報を発したのだそうです。

スネイプはダンブルドアがまもなく12番地に行くのでシリウスに残るようにと言ったんだそうです。しかしシリウスは他の騎士団のメンバーがハリーを探しに行くというのに1人だけ残りたくなかった。

そこでダンブルドアに知らせる役目を屋敷しもべ妖精のクリーチャーに任せてシリウスは魔法省に向かったのですが、シリウスが再びグリモールド・プレイス12番地に戻って来ることはなかったというわけなんですよね。

コメント

スネイプの死について

初めまして。
とても面白く拝見させていただいています。

スネイプの死について、どうしても不思議に思うことがあり、
ぜひご意見をお聞きしたいと思います。

ヴォルデモートは、どうしてナギニにスネイプを殺させたのでしょうか。
もし「死の呪文」を使っていれば、スネイプは一瞬で死んでしまい、
ハリーがスネイプの記憶から真実を知る事もなく、
(まぁそうなってしまったらあの結末はなかったんですが)
また、一番使える部下だと思っていたなら、
苦しめずに一瞬で殺してやるくらいの慈悲をやろう、とかなんとか
言いそうな感じもするのですが。
あれだけ「死の呪文」を乱発していたヴォルデモートが、
わざわざナギニにかみ殺させた、しかも、「食え」とは言わなかった、
彼の死んでいき方はその後の重要な鍵となるので、
きっと作者の意図があるのではないか、と思いましたが
それらしいものが見つかりません。
(作者の意図としては、ああやって殺さないと、上記の結果が
得られないので、まぁ必然なんでしょうが。。
他でもあれだけ伏線を張っていたのに、ここの伏線が分からなくて・・・)

是非ご意見頂けたらを思います。
よろしくお願いします。

2011.01.18  に  編集

今となっては・・・

にさん初めまして。コメントありがとうございました!

確かにそうですよね。ヴォルデモートがスネイプを「死の呪文」で殺してしまっていたらハリーにダンブルドアの伝言を伝えることはできず、そうなるとハリーが自ら「禁じられた森」に行くこともなかったというわけです。

私が思いつく範囲でも「スネイプがこういう形でヴォルデモートに殺される」ということを示す伏線は残念ながらありませんね。

ローリングさんがインタビュー等で答えているかも?しれませんが、今となっては推測するしかありませんね。私が思いつくのはヴォルデモートがとっさに「ニワトコの杖で殺してはいけないのでは?」と思ったからじゃないかな?ということですね。

>苦しめずに一瞬で殺してやるくらいの慈悲をやろう、とかなんとか
言いそうな感じもするのですが。

そういう慈悲の心はヴォルデモートにはないような気が私はしますね。

2011.01.19  トキメキぼーい  編集

ありがとうございました

お返事ありがとうございます。
名前、「にぃ」と書いたつもりですが「に」なってました。
すみません。

なんどか投稿を試みているのですが、
ずっと不正な投稿とみなされてしまってできません(涙)

文が長すぎたのかな。
とりあえずお礼部分だけ投稿してみます。
ありがとうございました。

2011.01.21  にぃ  編集

短いとOKでした

ヴォルデモートの慈悲については私も同感です。
あるとは到底思えません。
慈悲の心がある、と言いたかったのではなく、
いつも偉そうに勿体つけてしゃべるし(訳のせい?)、
いつもの様に「死の呪文」を使わないんだし、
恩着せがましくなんか言いそう、と思ったので。
それがなかったので余計違和感を感じました。
スネイプをちょっと使えるヤツだと思ってやってるから
俺の大事なナギニで殺してやるんだぜ、感謝しろよ、
みたいな態度で、結局その傲慢さが彼の破滅の鍵となった、
のかと思っていました。

2011.01.21  にぃ  編集

そっちのほうが断然いいですね。

にぃさんコメントありがとうございました。ご丁寧なお礼の言葉までいただき恐れ入ります。

私は長過ぎたんじゃなくて意外な禁止ワードが含まれていたんじゃないかと思うんですけどどうでしょう?最近はFC2のほうで禁止ワードを設定しているので「これが?」というのが指定されたりしているんですよね。(苦笑)

にぃさんの見解のほうが私のなんかより断然いいですね。ヴォルデモートの人間性や特性を如実に表していると思います。恐れ入りましたって感じです。その通りだと私も思います。

2011.01.22  トキメキぼーい  編集

ご丁寧にありがとうございます

何度もご丁寧にありがとうございます。

禁止ワードですか。
思いつきませんでした。
気をつけます。

継続して記事をまとめ、
コメントにもきちんと対応されていて
とてもすごいと思います。
これからも楽しく読ませていただきます。
ありがとうございました。

2011.01.24  にぃ  編集

当然のことです。

にぃさんコメントありがとうございました。

いただいたコメントに返事をするのはブログサイトの管理人なら当然のことだと私は思いますよ。別に偉いことでも何でもありません。

> 継続して記事をまとめ、
> とてもすごいと思います。

それも別に毎日記事を書いていれば慣れで考えが閃くようになるので別段凄いことでも何でもありません。

今後とも当サイトをご贔屓に末永くよろしくお願いしますね。(笑)

2011.01.25  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.