FC2ブログ
ハーマイオニーにシリウスにヴォルデモート卿と今週はスネイプと個々の登場人物との関係について考えて来ましたが最後を締めくくるのはやっぱり「この人」です。特にホグワーツ卒業後のスネイプの人生はこの人を抜きには考えられなかったのでした。(全3項目)

3-1.アルバス・ダンブルドアとの関係、その1
昨日の記事でもチラリと触れましたし当サイトではこれまでも散々取り上げて来ましたが、ハリーは5年生のクリスマス休暇明けから閉心術を習得するためにとスネイプの課外授業を受けることとなりました。

自分が教えるというスネイプに対してシリウスが「何でダンブルドアじゃなくて君なんだ?」と問うとスネイプは「多分あまり喜ばしくない仕事を委譲するのは校長の特権なのだろう」と答えたのですが・・・

私も後に思いついたのですが当時ダンブルドアにはダンブルドアの考えがあってのことで敢えてハリーと距離を取っていたとのことなのでダンブルドア自身が駄目だというのならマクゴナガル先生が良かったのでは?

ご存知のようにマクゴナガル先生はハリーがそしてかつてはシリウスも所属していたグリフィンドール寮の寮監でしかも騎士団員です。マクゴナガル先生ならシリウスも異議を唱えなかったでしょうね。

それにマクゴナガル先生なら「校長先生が私をご指名とあらば喜んで引き受けさせていただきます」と言っていたでしょうね。スネイプみたいに文句は言わなかったでしょうね。何と云ってもダンブルドアは・・・

マクゴナガル先生にとってダンブルドア校長はダンブルドアがホグワーツの校長に就任したのに伴って後任の「変身術」の教師としてホグワーツ入りできた大恩人ですからスネイプとは違って・・・

ダンブルドアに対しては相当強い尊敬と畏敬の念を抱いています。さらに自分の寮からの減点も躊躇しない公正中立で厳格な人ですからマクゴナガル先生ならキッチリ教えてくれるだろうというのは誰もが思うことでしょうね。

それじゃあダンブルドアが駄目なら「どうしてスネイプなのか?」と云えば第1に考えられるのはマクゴナガル先生だとシリウスも納得してしまっていたのでハリーに「両面鏡」を渡すこともなかった。

第2に考えられるのはこれも昨日の記事で触れたようにルーピンがハリーに教えたこと。つまり「スネイプは優秀な閉心術士」だということ。だからマクゴナガル先生よりスネイプのほうが適任なのでは?ということ。

しかしダンブルドアがスネイプを指名した本当の理由とは?

3-2.アルバス・ダンブルドアとの関係、その2
スネイプにとってもダンブルドアにとってもその互いの存在というものは「この世に2人といない」と言えるほど貴重なものだったと云えるでしょうね。そんな2人の濃密な関係が始まったのは?

シビル・トレローニーによって「闇の帝王を打ち破る力を持った者が7月の末に生まれる」という予言が成された時でした。ご主人様の一大事と予言の内容を急いでヴォルデモートに伝えたスネイプだったのですが・・・

事もあろうにヴォルデモートが狙いを定めたのは結婚した後もスネイプが思いを寄せるリリーを含めたポッター一家だったのです。ヴォルデモートには「リリーだけは殺さないで欲しい」と懇願したものの・・・

ヴォルデモートからもまた「リリーの命は助けてやる」との確約を取り付けたものの、やはりリリーのことが心配でならなかったスネイプが駆け込んだ先は何と大胆不敵にも敵方のトップのダンブルドアの所だったのです。

スネイプの通報を受けてダンブルドアはポッター夫妻に「忠誠の術」で身を隠すよう勧めたのでした。ところがシリウスに代わって夫妻の「秘密の守人」になったピーター・ペティグリューが実は死喰い人だったのです。

ペティグリューはヴォルデモートに即座にポッター夫妻の居所を教えたのでした。その結果リリーは我が子ハリーの盾になって自らの命を投げ出しヴォルデモートに殺されてしまったのでした。

リリーの死を嘆き悲しみ「自分も死にたい!」と訴えるスネイプだったのですが、そんなスネイプにダンブルドアは「リリーがどのようにして何故死んだのか?」判っているだろう。それならば・・・

リリー・エバンズを本当に愛していたのなら「その死」を無駄にしないことだとダンブルドアはスネイプに説いたのでした。だから自分がリリーの息子を守るのを手伝えとダンブルドアはスネイプに言ったのでした。

闇の帝王は必ず戻って来る。そしてその時ハリー・ポッターは非常な危険に陥るとダンブルドアに言われたスネイプは次第に自分を取り戻し気持ちも落ち着いて呼吸も整って来ました。そこで・・・

ダンブルドアと共にハリーを守って行くことを決意したスネイプだったのですが、ダンブルドアには「このことは2人の間だけに留めて欲しい」と約束するよう懇願したのでした。言われたダンブルドアは・・・

「君の最もよい所を決して明かさぬということじゃな?」と言って溜め息をつきながら「君のたっての望みとあらば」と言って決して他言はしないことをスネイプに約束したのでした。

3-3.アルバス・ダンブルドアとの関係、その3
そんなわけでハリーの母リリーへの思いを決して他人特にジェームズ・ポッターの息子ハリーには教えないで欲しいとダンブルドアに約束させたスネイプだったのですが最大の危機が訪れたのは?

まさに「その日」がダンブルドアの命日となる日のことでした。ダンブルドアの呼び出しを受けて校長室に向かっていたハリーは途中で「あの」トレローニー先生と偶然出くわしたのでした。

トレローニー先生を「必要の部屋」から放り出したのはドラコ・マルフォイだということは火を見るより明らかだったのでハリーはそのことをダンブルドア校長に話すべきだと言って2人は一緒に校長室へ・・・

ところがこの後ハリーはトレローニー先生の口から衝撃の事実を聞かされることになったのでした。何と事もあろうに「部屋の外で予言を盗み聞きしていたのはスネイプだった!」ということを知ってしまったのでした。

校長室に駆け込んだハリーは「ここで怒りを爆発させてしまったらダンブルドアと一緒に行けなくなるのでは?」と恐れました。そこで必死に怒りを抑えたのでした。ダンブルドアはスネイプの心情を説明したのでした。

前述の通りスネイプは当時まだヴォルデモート卿の配下でした。したがって予言の内容がヴォルデモートに深く関わることだったため自分が聞いたことを急いで伝えた。ところが・・・

ヴォルデモートが狙いを定めたのがハリーとその両親だと知った時スネイプはハリーには想像もつかないほどの強い自責の念に駆られたんだとダンブルドアは必死にハリーに説明したのでした。そこでハリーは・・・

ダンブルドアに「あいつこそとても優れた閉心術者じゃないですか?それにヴォルデモートもスネイプが自分の味方だと信じているのではないですか?」それなら何故先生はスネイプがこちら側の人間だと・・・

確信しているのですか?と訊いたのでした。

ハリーはついに核心に迫る質問をしてしまったのです。

ダンブルドアは一瞬沈黙しました。そして何事かに関して意思を固めようとしているようでした。しばらくしてダンブルドアは「わしは確信しておる。セブルス・スネイプを完全に信用しておる」と答えましたが・・・

結局その理由については具体的なことは何も言わなかったのでした。

最後に
この後ダンブルドアは「先生は何もせず学校を留守にしようとしている」と抗議するハリーに自分は学校や生徒を無防備の状態で放置したことは一度もない。今夜も追加の保護策が施されていると言って・・・

何とかハリーを説き伏せてヴォルデモートの分霊箱が隠されているという昔ヴォルデモートが孤児院時代に遠足で行った海辺の洞窟に行ったというわけなんですよね。こうしてダンブルドアが死ぬまで守った・・・

スネイプの秘密はスネイプ自身が死ぬ間際にハリーに差し出した「記憶」の中で明らかにされたというわけなんですが、それならダンブルドアは何故ハリーに閉心術を教える仕事をスネイプに託したのか?

それはスネイプにハリーが「憂いの篩」の使い方を知っているということを教えるためだったというわけなんですよね。スネイプは「これだけはポッターに見られたくない」という記憶を「憂いの篩」に移し替えて・・・

ハリーに見られないようにしていました。あの当時スネイプはハリーが「憂いの篩」の使い方を知っているということを知りませんでした。そのために最後の授業の時に「記憶」をそのままにして・・・

一番見られたくない記憶をハリーに見られてしまったというわけなんですよね。スネイプにとっては極めて酷い出来事だったのですが「その分忘れようにも忘れられないこと」になったというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/923-d688a7f2