FC2ブログ
ついに最後の最後まで互いに理解することが出来なかったルーファス・スクリムジョールとハリーだったのですが、それが死んでからハリーたち3人に感謝の念を抱かせることになろうとは!最後に死んでいく時にはスクリムジョールはハリーを守りながら死んでいったのでした。(全3項目)

3-1.ハリーへの遺贈品
こうしてロナルド・ウィーズリーには「灯消しライター」をそしてハーマイオニー・グレンジャーには「吟遊詩人ビードルの物語」の蔵書を渡した魔法大臣ルーファス・スクリムジョールだったのですが・・・

ハリーがホグワーツ魔法魔術学校での初めてのクィディッチ試合で捕まえたスニッチを大臣が取り出した時ハリーは高揚していた気持ちが落ち込むのをどうすることもできなかったのでした。ところがここで・・・

スクリムジョールはここで今にして思えば鋭い意見を言っているんですよね。スニッチというのは空に放たれるまでは素手で触られることがない。作り手でさえも手袋をはめている。それは何故か?と云えば・・・

判定争いになった時に「最初に触れた者が誰か?」を認識できるように呪文がかけられているからです。そのため『このスニッチ』はハリーの感触を記憶しているというわけなんですよね。そこでスクリムジョールは?

このスニッチはハリーの感触を記憶している。それならば「このスニッチ」にハリーが再び触れた時に「何かが起こるのではないか?」と考えたようですね。スクリムジョールに言われた時にはハリーも・・・

全く同じことを考えたというわけです。さらにスクリムジョールは「もう1つ」鋭い意見を言っているんですよね。つまりスニッチというのは小さな物を隠すのには格好の場所だと指摘しているんですよね。したがって・・・

スクリムジョールはダンブルドアが「このスニッチ」に魔法をかけてハリーだけのために開くようにしたのではないか?とも言っています。当然単に象徴的な記念品としてダンブルドアがハリーに遺したのではなく・・・

「何かがスニッチの中に隠されているのでは?」とスクリムジョールも考えたようです。そして実際このスニッチの中には死の秘宝の1つの「蘇りの石」が隠されていたというわけなんですよね。

しかし!残念ながらご存知のように「このスニッチ」は最後の最後にハリーが本当に「蘇りの石」が必要になった時でなければ絶対に開かないようにとダンブルドアが魔法をかけていたために・・・

スクリムジョールが期待することは起きなかったのでした。

3-2.ゴドリック・グリフィンドールの剣
そんなわけでハリー、ロン、ハーマイオニーの3人に「それぞれ1品ずつ」の物品が贈られた所で「これで終了」と思ったハーマイオニーが大臣に「これでおしまいですね?」と言って立ち上がりかけた「その時」でした。

自分が期待していたことが起きなかったためか?今や不機嫌な顔の大臣がハリーに「ダンブルドアは君にもう1つ形見を遺した」と言うのです。しかしもうスクリムジョールは遺言書を読もうともしなかったのでした。

それは「ゴドリック・グリフィンドールの剣」だというのです。

ハリーはルビーを散りばめた柄の剣が「どこかに見えるのかな?」と思わず見回しましたが、スクリムジョールは巾着袋から剣を取り出そうともしませんでした。そこでハリーが「どこにあるんですか?」と訊くと・・・

スクリムジョールは残念ながらゴドリック・グリフィンドールの剣は重要な歴史的財産で、その所有先はホグワーツ魔法魔術学校なのだからダンブルドアが個人に譲り渡せる物ではないと言って引き渡しを拒否したのでした。

ハーマイオニーが「あの剣」はハリーが組分け帽子の中から取り出したんだからハリーの物だと主張すると大臣は「信頼できる歴史的文献によれば剣はそれにふさわしいグリフィンドール生の前に現れる」と言って・・・

したがってダンブルドアが「どう決めようと」つまり遺言書で「ハリーに譲る」と言ってもハリーの専有財産ではないから引き渡すことはできないとハーマイオニーの指摘を突っぱねたのでした。そのため大臣が・・・

ハリーに「何故ダンブルドアは君に剣を遺そうとしたのか?」の問いかけには「僕の部屋の壁に掛けるときれいだと思ったんじゃないですか?」と応えたのでした。そのため激怒したスクリムジョールは・・・

冗談事じゃない!ダンブルドアはゴドリック・グリフィンドールの剣のみがスリザリンの継承者を打ち負かすことが出来ると考えたのではないか?だからハリーに譲ろうとしたのではないか?と指摘したのでした。さらに・・・

スクリムジョールはダンブルドアが「この剣」をハリーに遺したかったのはダンブルドアもまたハリーこそがヴォルデモート卿を滅ぼす運命にある者だと信じたからではないか?とハリーに言ったのでした。

この後スクリムジョールとハリーは言い合いの大喧嘩となってしまい、互いに後味の悪さが残る形で大臣とハリーたち3人のダンブルドアの遺品の受け渡し作業は終了ということになってしまったのでした。

3-3.最後は死喰い人たちに・・・
それはハリーたちにとっては突然にそして唐突に舞い込んで来た報せだったのでした。それは何とスクリムジョールがハリーたち3人にダンブルドアの遺贈品を引き渡しに来た翌日のことだったのでした。

「魔法省は陥落した。スクリムジョールは死んだ。連中がそっちに向かっている」

ハリーたち3人はビルとフラーの結婚式の会場を脱出してグリモールド・プレイス12番地に居を落ち着けて3日目の夜に12番地を訪れたルーピンからスクリムジョールの死亡に至るまでの事の経緯を聞いたのでした。

何でもアーサー・ウィーズリー氏が聞いた噂では死喰い人たちはハリーの居場所を聞きだそうとしてスクリムジョールを拷問した上に殺したらしいとのことでした。つまり最後の最後にはスクリムジョールは・・・

ハリーを守って死んでいったのでした。ハリーもルーピンの話を聞いて思わずロンとハーマイオニーを見ましたが2人ともハリーと同じく驚きと感謝が入り交じった顔をしていたのでした。先日のこともありましたし・・・

これまでのこともあってハリーもスクリムジョールがあまり好きではなかったのですが、自分の命と引き換えにハリーを守ってくれたスクリムジョールに感謝の念を抱かずにはいられなかったのでした。

結局ルーファス・スクリムジョールが死んだことで魔法省はヴォルデモート卿と死喰い人が支配することになってしまったというわけなんですよね。つまりスクリムジョールは最後の砦だったというわけです。

最後に
今回改めて特に7巻のルーファス・スクリムジョールを振り返ってみて「何て気の毒な人だったんだ!」と思わずにはいられないですね。本人は魔法大臣の職責を果たそうとそれはそれは一生懸命だったのに・・・

アルバス・ダンブルドアがハリーたち3人に遺した品物の謎を解き明かせばヴォルデモート卿を打倒する方法が判るに違いない。もし判った時にはハリーにそのことを伝えてあげようと思ってたんじゃないかな?と・・・

スクリムジョールは「それが判ればハリーとも解り合えて和解することができるんじゃないか?」と考えていたと私はそう思いますね。しかし結局謎が解けることはなくスクリムジョールとハリーは残念ながら・・・

不本意な形で別れることになってしまったというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/939-c3f093af