FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

何故ドローレス・アンブリッジはあれほどまでにケンタウルスを恐れるのか?何故あれほどマグルやマグル生まれの人たちが憎いのか?さらにこれほどまでに狂信的な純血主義者なのにヴォルデモート卿はどうしてアンブリッジを自分の配下である死喰い人に加えなかったのか?それはアンブリッジが・・・(全3項目)

3-1.マグル生まれ登録委員会
そんなわけで「闇の魔術に対する防衛術」の教師にホグワーツ高等尋問官さらにはホグワーツ魔法魔術学校校長と一気に3つの職位を剥奪された上に未承認で吸魂鬼をハリーの元に派遣していたということであれば・・・

加えて相方のコーネリウス・ファッジが魔法大臣の座を追われたということで、大方の読者もそしてハリーも「当然一緒にクビになったんだろうな」と思っていたのですが驚くべきことにドローレス・アンブリッジは・・・

クリスマスに「隠れ穴」で行われた会談の中で事もあろうにファッジに代わって魔法大臣に就任したルーファス・スクリムジョールの口からアンブリッジの名前が出て来るではありませんか!それを聞いてハリーは・・・

アンブリッジはクビにもならずにまだ魔法省に留まっていると聞いてハリーは腹の底から沸々と怒りが込み上げて来るのを感じたのでした。アンブリッジはクビにもならず魔法省内でしぶとく生き残っていたのです。

ヴォルデモートがスクリムジョールを亡き者にしてクーデターの末に魔法省を乗っ取ると魔法省にはいわゆる「マグル生まれ」の調査に取りかからせたのでした。その調査の内容は「何だったのか?」と云えば・・・

それは調査とは名ばかりで「マグル生まれの魔法使いや魔女は窃盗又は暴力によって魔法力を得た」と称してマグル生まれの魔法使いや魔女たちを魔法界から根絶やしにしようという恐ろしい方策だったのです。

そしてその法律の作成に関与していたのが当然のごとくドローレス・アンブリッジだったというわけなんですよね。

3-2.いびつな法律を振りかざして・・・
私ももちろんそうだったんですがハリーもまさか「こんな形」でアンブリッジと関わることになろうとは夢にも思っていなかったでしょうね。ヴォルデモートの分霊箱の1つスリザリンの金のロケットを・・・

アンブリッジがこそ泥のマンダンガス・フレッチャーから掠め取っていったがためにハリーたち3人は魔法省に潜入してアンブリッジを探し出さなければならない必要性に迫られたというわけなんですが・・・

ハリーがアンブリッジとハーマイオニーのいる法廷に入るとそこにはアンブリッジの猫の守護霊が光り輝いていたのでした。自分が作成に関与したいびつな法律を振りかざし本領を発揮できる幸せを反映して・・・

アンブリッジの分身は「これ以上はない!」というほどに生き生きと輝いていたのでした。そしてアンブリッジがマンダンガスから奪っていったロケットが自分の純血の証明を補強するのに使われていると知った時ハリーは?

「家に先祖代々伝わる古い品よ」

「エスの字はセルウィンのエス。私はセルウィンの血筋なの。実のところ純血の家系で私の親戚筋でない家族はほとんどないわ」

アンブリッジの嘘でハリーは頭に血が上り警戒心を忘れてしまったのでした。ハリーは「透明マント」の下に隠すことさえせず杖を上げてアンブリッジに向かって失神呪文を唱えたのでした。その後ハリーは・・・

ハーマイオニーに命じてアンブリッジが首から下げていたヴォルデモートの分霊箱のスリザリンの金のロケットを奪わせて、その場にいたカタモール夫人とマグル生まれの人たちを逃がしたというわけなんですよね。

こうして1つ目の分霊箱を手に入れたというわけなんですが・・・

3-3.ドローレス・アンブリッジは実は?
何故アンブリッジは「あそこまで極端と云えるほどケンタウルスを恐れるのか?」さらに「水中人や巨人に対して激しい差別意識を持っているのか?」そして「何故あんなにマグル生まれの人たちが憎いのか?」と云えば・・・

ご存知のように金のロケットの「S」の字は「スリザリン」の頭文字でセルウィンの「S」というのはアンブリッジが後からでっち上げたというのは明らかな隠しようのない列記とした事実ですよね。何故アンブリッジは?

ここまで臆面もなく真っ赤な嘘をつくことができるのでしょうか?さらにこれほどまでに狂信的な純血主義者なのにヴォルデモート卿は自分の配下の死喰い人に加えなかったのでしょうか?それは何故か?と云えば・・・

私はドローレス・アンブリッジは純粋マグル出身の魔女だと思います。

つまりアンブリッジは「穢れた血」というわけなんですよね。

そもそも「自分は純血の魔女」というのが真っ赤な嘘なんですから、嘘をつくのなら1つも2つも同じというわけなんですよね。ヴォルデモート卿がアンブリッジを自分の配下である死喰い人に加えなかった。その理由も・・・

ご存知のようにセブルス・スネイプは父親のトビアス・スネイプ氏がマグルなので純血の魔法使いではありません。にも関わらずヴォルデモート卿はスネイプを自分の配下の死喰い人の1人に加えたのです。つまり・・・

死喰い人というのは父親か母親のいずれか一方が魔法使いか魔女ならなれるというわけなんですよね。それならどうしてヴォルデモート卿はドローレス・アンブリッジを死喰い人の1人に加えなかったのか?

当然アンブリッジは両親はもちろんのこと。母方の先祖も父方の先祖も皆全てマグルだった。つまりハーマイオニーと同様に純粋マグル出身の魔女だから自分の配下である死喰い人に加えなかったというわけなんですよね。

そこで新たな疑問として浮かび上がって来るのが「何故アンブリッジはこれほどまでにマグル生まれの人たちが憎いのか?」と「純粋マグル出身の魔女がスリザリン寮に組分けなどということが有り得るのか?」ですよね?

ハリーの母方の祖父母つまりエバンズ夫妻は自分の娘リリーが魔女だということがうれしかった。

さらにハーマイオニーのご両親グレンジャー夫妻も自分の娘が魔女だということがうれしかった。

この2人の場合は両親が2人揃って自分の娘が魔女だということを喜んでくれましたが「もし両親が娘が魔女だということを喜ばなかったら?」私はアンブリッジの両親は娘が魔女だということを喜ばなかったと思いますね。

今日の最後に
実際ダーズリー一家は自分の甥やいとこであるハリーが魔法使いであることを嫌いハリーに対して「どれだけ酷い仕打ちをして来たのか?」という歴然たる事実がありますよね。ハリーの場合は親戚一家でしたが・・・

それが「もし自分の両親だったら?」と考えるとゾッとしますよね。私はドローレス・アンブリッジの両親は自分たちの娘が魔女だということを嫌い幼少時代は娘に対して相当酷い仕打ちをしたんだと思いますね。

そういったわけで物心ついた時から両親から残酷な仕打ちを受けて来た結果ドローレス・アンブリッジはマグルの両親を恨み、それがマグルやマグル生まれの人たちを憎む気持ちに発展していったんだと思いますね。

アンブリッジがケンタウルスや巨人さらには水中人に対して極端なまでの恐怖心や差別意識を持つに至ったのは純粋マグル出身の魔女だったのでホグワーツに入学するまでは予備知識が全くなかったからでしょうね。

そのためにホグワーツに入学してからクラスメイトや先輩のスリザリン生から著しく偏った内容の話や情報さらには伝聞などを聞いて「ケンタウルスというのはとても恐ろしい生き物らしい?」などという誤った考えを・・・

持つに至ったと私は思いますね。アンブリッジは自分の両親がマグルであることを嫌う余りホグワーツに入学してからは「私は純血の魔女だ」とクラスメイトや先輩のスリザリン生には説明していたと思いますね。

おそらくアンブリッジはハーマイオニーがクリーチャーから借りたという「生粋の貴族-魔法界家系図」という本の中から自分の両親と同年代で既に死亡している純血の魔法使い夫婦の中から適当に拾い出したのが・・・

前述のセルウィンだったんだと私はそう思います。周囲のスリザリン生たちも「スリザリンに穢れた血が入って来るはずがない」と思っていたのでアンブリッジの言うことを疑わなかったんだと思います。

コメント

アンブリッジ

いつも楽しく読ませて頂いています★
アンブリッジについて、
あまり深く考えたことが無かったので、
読んでいてとても面白かったです(^o^)!

アンブリッジとは関係ないのですが、
ハリーポッターと死の秘宝で
ハリーは17歳になり〈臭い〉が
消えたはずなのに、なぜカフェで
死喰い人に見つかってしまったのでしょうか?

2011.02.24  づも  編集

ハーマイオニーが・・・

づもさんコメントありがとうございました!

それはハリーが原因ではなくてヴォルデモート卿が自身の名前「ヴォルデモート」を禁句にしてハーマイオニーがその名前を口にしたから死喰い人たちに見つかったんです。

死の秘宝下巻7ページでロンが詳しく説明しています。

2011.02.25  トキメキぼーい  編集

死の秘宝

ありがとうございます!
改めて本を読んでみようと思います!

2011.02.25  づも  編集

ご丁寧にお礼恐れ入ります。

確認してください。
でもわざわざお礼のコメントを入れていただくほどのことじゃないんですけどね。(笑)

2011.02.26  トキメキぼーい  編集

アンブリッジは以前は立派な人間だったらしいですけど、その後歪んでしまったそうです。不死鳥の騎士団のDVD映像特典で語られてました。ですから、生い立ちに問題はないかと…

2011.04.22  名無しさん  編集

私は映画は観ない派なので・・・

コメントありがとうございました。

そうなんですか。(汗)それじゃあこの推測は私の見当違いだったみたいですね。残念ながら私は「映画は観ない派」なのでその特典映像は見ていないんですよ。(笑)

でもそうなると「何が原因でアンブリッジはああなってしまったのか?」がますます気になってきますね。

それと今度からはちゃんと名前を名乗ってくださいね。(笑)

2011.04.22  トキメキぼーい  編集

アンブリッジの闇

ポッターモア第5巻第13章で、アンブリッジのプロフィールが紹介されていました。ですが、こういう経緯があったとしても、やっぱり同情の余地はありませんね。

家族は魔法使いの父オルフォードとマグルの母エレン、そしてスクイブの弟の3人。魔法省勤務でありながら野心に乏しく低い役職に甘んじた父と、杜撰で気まぐれな母の夫婦仲は最悪で、 父の役職の低さもあって非常に貧しい生活を強いられたようです。

ホグワーツでは、やはりスリザリン寮に所属。卒業後にインターンで魔法省に就職するなど優秀な成績でしたが、 貧しいうえに半純血という生い立ちからスリザリン内でも肩身が狭く、いい思い出は一つもありませんでした。

さらに15歳の時、父とドローレスは「弟がスクイブなのは母のせいだ」と主張したため大喧嘩となり、母と弟はマグル社会に去り、絶縁状態になります。以降、低い役職の父、マグルの母、スクイブの弟の存在に劣等感を持ったドローレスは、半純血の自身を純血と偽るようになり、17歳の頃にはすっかり歪んで批判的かつ攻撃的、差別的な性格になってしまいました。唯一の家族となった父に対しても、就職後に金を渡して早めに引退させ、周囲が父の存在を忘れるように手回ししていました。

魔法省でも上司に媚びを売るわ、他人の功績を横取りするわで室長へと出世。しかし、時として反マグル主義者ですらドン引きするほどマグルやスクイブの扱いに関する苛烈な発案をするなど、その真面目さや能力と野心を評価されながらも、人格面ではいい評価を得られませんでした。

自分の望むほどの昇進ができず、不満を募らせていたドローレスは、ヴォルデモートの復活という現実に向き合えず疑心暗鬼に陥ったファッジに取り入って出世の機会を得ようとし…。

このプロフィールの中で作者は、「ドローレスは支配欲が強く、半人間(ケンタウルスや巨人)のように自分の権力やものの見方を脅かすものを罰さなければ気が済まないのです。他人を服従させ、恥をかかせることを積極的に楽しむという点では、ベラトリックス・レストレンジと本質的に同じです」と断言しています。スリザリンのロケットを持っていたのに守護霊を呼び出せたのも、「ヴォルデモートの分霊箱に親近感を覚えるほど意地が悪い」ため、影響を受けなかったからだとか…。もう笑うしかないですな。

2016.03.23  龍  編集

当たらずと云えども遠からず?

龍さんコメントありがとうございました!

この記事で私はドローレス・アンブリッジは純粋マグル出身の魔女という説を唱えました。つまり純血の魔女という主張は嘘である。この嘘の主張を補強するためにあのロケットをマンダンガス・フレッチャーから取り上げた。

やっぱり純血の魔女というのは嘘だったんですね。ほんの少しホッとしました。アンブリッジが半人間やマグル生まれの人たちのの事をあそこまで激しく憎んでいたのはそういう家族構成と生い立ちだったからなんですね。

でも確かにだからといって同情はできませんね。

2016.03.24  トキメキぼーい  編集

No title

アンブリッジに同情の余地はありませんが彼女の父親には呆れを感じます。自分の甲斐性なしと女を見る目のなさ余計な苦労をかけた娘に小遣いもらって定年前に引退とかとことんダメですね・・・。「親らしいことをしてあげられなかったのに金なんて受け取れない」が普通の反応です。
因みにアンブリッジの母親の旧制であるクラックネルは固焼きビス蹴ってもしくはカリカリに焼けた豚の脂身という意味でどこにでも寝転がって、常に何か食べている自堕落な中年女性が思い浮かびました。

2017.07.02  アンブリッジ  編集

そこまで言わなくてもと思います。

アンブリッジさん初めまして!ですよね?コメントありがとうございました!

確かにアンブリッジに同情の余地はありません。でも「何もそこまで言わなくても」という気が私はしますけどね。(笑)

娘からお金を受け取って引退した父親にしても「どう言われて引退したのか?」を考えると呆れるとまで言うのはいかがなものかと私は思いますけどね。物静かな性格の人が恫喝されて無理やり引退させられたのかもしれません。

ちなみにどうやら魔法省には定年はなく本人が望めば死ぬまで勤める事ができるようです。魔法試験局のグリゼルダ・マーチバンクス先生やトフティ教授は相当に高齢のようですが勤めていてハリーたちの試験官をやっています。

マーチバンクス先生はダンブルドアのNEWT(いもり)試験の「変身術」と「呪文学」の試験官もしているそうです。第3巻「アズカバンの囚人」の危険生物処理委員会のメンバーにもかなり年寄りの魔法省の職員が登場しています。

2017.07.03  トキメキぼーい  編集

No title

家系ごとに大体同じ寮に振り分けられるそうなのでアンブリッジ家もスリザリン家系かと思ったのですが
アンブリッジの生い立ち情報から想像されるオルフォード・アンブリッジ像からは良くも悪くもスリザリン生の特徴は感じられないように思えます。
ハッフルパフの卒業生という方がしっくりくるような・・・或は魔力が低くてホグワーツからの入学許可が降りないような家系だったのかも?ドロレスが突然変異的に優秀だったとか?

2017.07.05  アンブリッジ家はスリザリン家系なのか?  編集

スリザリン出身でしょう。

アンブリッジ家はスリザリン家系なのか?さんコメントありがとうございました。

オルフォード・アンブリッジはスリザリンではなくハッフルパフ出身ではというご指摘ですが確かに彼は野心家ではないのでそう思われるのかもしれませんがホラス・スラグホーンと同タイプの人物ではないでしょうか?

だから野心に乏しいという一点だけで一概に「スリザリン出身ではない」と言い切れないと私は思いますね。純血だと偽ったり魔法省に就職してからの行動を見れば父親のスリザリン的要素を引き継いだと言えなくもありません。

魔法省に就職できるほど優秀でしたし父親のオルフォード氏もスリザリン出身だと私はそう思いますね。父親も優秀なのですから別に突然変異ではないでしょう。

2017.07.06  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.