FC2ブログ
何故ドローレス・アンブリッジはあれほどまでにケンタウルスを恐れるのか?何故あれほどマグルやマグル生まれの人たちが憎いのか?さらにこれほどまでに狂信的な純血主義者なのにヴォルデモート卿はどうしてアンブリッジを自分の配下である死喰い人に加えなかったのか?それはアンブリッジが・・・(全3項目)

3-1.マグル生まれ登録委員会
そんなわけで「闇の魔術に対する防衛術」の教師にホグワーツ高等尋問官さらにはホグワーツ魔法魔術学校校長と一気に3つの職位を剥奪された上に未承認で吸魂鬼をハリーの元に派遣していたということであれば・・・

加えて相方のコーネリウス・ファッジが魔法大臣の座を追われたということで、大方の読者もそしてハリーも「当然一緒にクビになったんだろうな」と思っていたのですが驚くべきことにドローレス・アンブリッジは・・・

クリスマスに「隠れ穴」で行われた会談の中で事もあろうにファッジに代わって魔法大臣に就任したルーファス・スクリムジョールの口からアンブリッジの名前が出て来るではありませんか!それを聞いてハリーは・・・

アンブリッジはクビにもならずにまだ魔法省に留まっていると聞いてハリーは腹の底から沸々と怒りが込み上げて来るのを感じたのでした。アンブリッジはクビにもならず魔法省内でしぶとく生き残っていたのです。

ヴォルデモートがスクリムジョールを亡き者にしてクーデターの末に魔法省を乗っ取ると魔法省にはいわゆる「マグル生まれ」の調査に取りかからせたのでした。その調査の内容は「何だったのか?」と云えば・・・

それは調査とは名ばかりで「マグル生まれの魔法使いや魔女は窃盗又は暴力によって魔法力を得た」と称してマグル生まれの魔法使いや魔女たちを魔法界から根絶やしにしようという恐ろしい方策だったのです。

そしてその法律の作成に関与していたのが当然のごとくドローレス・アンブリッジだったというわけなんですよね。

3-2.いびつな法律を振りかざして・・・
私ももちろんそうだったんですがハリーもまさか「こんな形」でアンブリッジと関わることになろうとは夢にも思っていなかったでしょうね。ヴォルデモートの分霊箱の1つスリザリンの金のロケットを・・・

アンブリッジがこそ泥のマンダンガス・フレッチャーから掠め取っていったがためにハリーたち3人は魔法省に潜入してアンブリッジを探し出さなければならない必要性に迫られたというわけなんですが・・・

ハリーがアンブリッジとハーマイオニーのいる法廷に入るとそこにはアンブリッジの猫の守護霊が光り輝いていたのでした。自分が作成に関与したいびつな法律を振りかざし本領を発揮できる幸せを反映して・・・

アンブリッジの分身は「これ以上はない!」というほどに生き生きと輝いていたのでした。そしてアンブリッジがマンダンガスから奪っていったロケットが自分の純血の証明を補強するのに使われていると知った時ハリーは?

「家に先祖代々伝わる古い品よ」

「エスの字はセルウィンのエス。私はセルウィンの血筋なの。実のところ純血の家系で私の親戚筋でない家族はほとんどないわ」

アンブリッジの嘘でハリーは頭に血が上り警戒心を忘れてしまったのでした。ハリーは「透明マント」の下に隠すことさえせず杖を上げてアンブリッジに向かって失神呪文を唱えたのでした。その後ハリーは・・・

ハーマイオニーに命じてアンブリッジが首から下げていたヴォルデモートの分霊箱のスリザリンの金のロケットを奪わせて、その場にいたカタモール夫人とマグル生まれの人たちを逃がしたというわけなんですよね。

こうして1つ目の分霊箱を手に入れたというわけなんですが・・・

3-3.ドローレス・アンブリッジは実は?
何故アンブリッジは「あそこまで極端と云えるほどケンタウルスを恐れるのか?」さらに「水中人や巨人に対して激しい差別意識を持っているのか?」そして「何故あんなにマグル生まれの人たちが憎いのか?」と云えば・・・

ご存知のように金のロケットの「S」の字は「スリザリン」の頭文字でセルウィンの「S」というのはアンブリッジが後からでっち上げたというのは明らかな隠しようのない列記とした事実ですよね。何故アンブリッジは?

ここまで臆面もなく真っ赤な嘘をつくことができるのでしょうか?さらにこれほどまでに狂信的な純血主義者なのにヴォルデモート卿は自分の配下の死喰い人に加えなかったのでしょうか?それは何故か?と云えば・・・

私はドローレス・アンブリッジは純粋マグル出身の魔女だと思います。

つまりアンブリッジは「穢れた血」というわけなんですよね。

そもそも「自分は純血の魔女」というのが真っ赤な嘘なんですから、嘘をつくのなら1つも2つも同じというわけなんですよね。ヴォルデモート卿がアンブリッジを自分の配下である死喰い人に加えなかった。その理由も・・・

ご存知のようにセブルス・スネイプは父親のトビアス・スネイプ氏がマグルなので純血の魔法使いではありません。にも関わらずヴォルデモート卿はスネイプを自分の配下の死喰い人の1人に加えたのです。つまり・・・

死喰い人というのは父親か母親のいずれか一方が魔法使いか魔女ならなれるというわけなんですよね。それならどうしてヴォルデモート卿はドローレス・アンブリッジを死喰い人の1人に加えなかったのか?

当然アンブリッジは両親はもちろんのこと。母方の先祖も父方の先祖も皆全てマグルだった。つまりハーマイオニーと同様に純粋マグル出身の魔女だから自分の配下である死喰い人に加えなかったというわけなんですよね。

そこで新たな疑問として浮かび上がって来るのが「何故アンブリッジはこれほどまでにマグル生まれの人たちが憎いのか?」と「純粋マグル出身の魔女がスリザリン寮に組分けなどということが有り得るのか?」ですよね?

ハリーの母方の祖父母つまりエバンズ夫妻は自分の娘リリーが魔女だということがうれしかった。

さらにハーマイオニーのご両親グレンジャー夫妻も自分の娘が魔女だということがうれしかった。

この2人の場合は両親が2人揃って自分の娘が魔女だということを喜んでくれましたが「もし両親が娘が魔女だということを喜ばなかったら?」私はアンブリッジの両親は娘が魔女だということを喜ばなかったと思いますね。

今日の最後に
実際ダーズリー一家は自分の甥やいとこであるハリーが魔法使いであることを嫌いハリーに対して「どれだけ酷い仕打ちをして来たのか?」という歴然たる事実がありますよね。ハリーの場合は親戚一家でしたが・・・

それが「もし自分の両親だったら?」と考えるとゾッとしますよね。私はドローレス・アンブリッジの両親は自分たちの娘が魔女だということを嫌い幼少時代は娘に対して相当酷い仕打ちをしたんだと思いますね。

そういったわけで物心ついた時から両親から残酷な仕打ちを受けて来た結果ドローレス・アンブリッジはマグルの両親を恨み、それがマグルやマグル生まれの人たちを憎む気持ちに発展していったんだと思いますね。

アンブリッジがケンタウルスや巨人さらには水中人に対して極端なまでの恐怖心や差別意識を持つに至ったのは純粋マグル出身の魔女だったのでホグワーツに入学するまでは予備知識が全くなかったからでしょうね。

そのためにホグワーツに入学してからクラスメイトや先輩のスリザリン生から著しく偏った内容の話や情報さらには伝聞などを聞いて「ケンタウルスというのはとても恐ろしい生き物らしい?」などという誤った考えを・・・

持つに至ったと私は思いますね。アンブリッジは自分の両親がマグルであることを嫌う余りホグワーツに入学してからは「私は純血の魔女だ」とクラスメイトや先輩のスリザリン生には説明していたと思いますね。

おそらくアンブリッジはハーマイオニーがクリーチャーから借りたという「生粋の貴族-魔法界家系図」という本の中から自分の両親と同年代で既に死亡している純血の魔法使い夫婦の中から適当に拾い出したのが・・・

前述のセルウィンだったんだと私はそう思います。周囲のスリザリン生たちも「スリザリンに穢れた血が入って来るはずがない」と思っていたのでアンブリッジの言うことを疑わなかったんだと思います。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/941-d7703597