FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

念願叶ってハーマイオニーをクリスマス・ダンスパーティのパートナーにすることができて幸福感絶頂期といった感じのクラムだったのですが1つだけ気になる懸念材料があったのです。それはハーマイオニーとハリーの関係は「どういうものなのか?」ということでした。しかしそれから2年余りの歳月が経って・・・(全3項目)

3-1.ハーマイオニーへの思い
そんなわけで念願叶ってハーマイオニーをクリスマス・ダンスパーティのパートナーにすることもできましたし、パーティ当日の彼女はメチャかわいくて「少々はしゃぎすぎてしまったのでは?」と思うほどでしたが・・・

そんな今にして思えば幸福感絶頂期のクラムにとって1つだけ気になることがあったのです。それはハーマイオニーと三大魔法学校対抗試合の代表選手の1人であるハリー・ポッターとの関係でした。というのも彼女は・・・

ハーマイオニーは会って話していると頻繁にハリー・ポッターのことを話題にするし「何を置いてもまずハリーのことが最優先」といった感じなのです。そこで対抗試合の「第3の課題」のちょうど1ヵ月前には・・・

4人の代表選手が全員集合して課題の内容が知らされるとのことだったので、クラムはその機会に「君とハーマイオニーの関係はどうゆうものなのか?」について訊いてみることにしたのでした。そこでクラムは・・・

課題の内容の説明が終わった後ハリーに「ちょっと話したいんだけど?」と声をかけて2人は一緒にクィディッチ競技場を出て「盗み聞きされないように」とのことで「禁じられた森」の袂(たもと)に向かったのでした。

3-2.改めて「ハリーとハーマイオニーの関係」について
当サイトでは折ある毎にハリーは極めて優秀な開心術士であるということとロンとハーマイオニーはホグワーツ特急で初めて対面した時に互いに一目惚れだったということを指摘しています。したがってハリーは・・・

「ハーマイオニーはロンの好きな人なんだから決して自分が好きになってはいけないんだ」ということで厳格に線引きをしているのでハーマイオニーに対しては絶対に恋愛感情を抱かないというわけなんですよね。つまり・・・

ハリーにとってハーマイオニーという存在は「かけがえのない友人で親友」と云っていいんですけど、決して「それ以上でもそれ以下でもない」というわけなんですよね。いわば2人の関係は男女の性別を超越していて・・・

2人は男女の性別を越えて固い友情の絆で結ばれているというわけなんですが当然先週取り上げたチョウ・チャンも増してや知り合って間もないビクトール・クラムには2人のそんな関係が理解できないというわけなんですよね。

「知りたいのだ」「君とハーマイオニーの間には何かあるのか」

クラムに睨まれた後こう切り出されたハリーは「何にもないよ」と答えましたがクラムがまだ納得していない様子だったので、さらに付け加えて自分とハーマイオニーの関係についてこう説明したのでした。

「僕たち友達だ。ハーマイオニーは今僕のガールフレンドじゃないし、これまで一度もそうだったことはない。スキーターって女がでっち上げただけだ」こう答えたハリーに対してクラムはこう切り返してきたのでした。

クラムはさらに疑うような目でハリーを睨みながら「ハーマイオニーはしょっちゅう君のことを話題にする」と言ったのですが、ハリーはそんなクラムの疑問に「それは友達だからだ」と答えたのでした。念を押すように・・・

ハリーが「(ハーマイオニーとそういう関係になったことは)一度もない」ときっぱり答えるとクラムはようやく納得したようで気が晴れたような表情を浮かべて「第1の課題」の時のハリーの飛びっぷりを褒めてくれたのでした。

3-3.ビルとフラーの結婚式に・・・
そんなクラムだったのですが三大魔法学校対抗試合が終わってクラムがイギリスを出国してしまうとハーマイオニーとは会うこともなかなかできない状況に陥ってしまい手紙をやり取りするだけになってしまったのでした。

「第2の課題」終了直後にクラムはハーマイオニーに「もし良かったら夏休みに計画がなければ(ブルガリアに)来ないか?」と言ったのですがハーマイオニーは当然ヴォルデモートが復活したこともあって忙しいようで・・・

「夏休みにハーマイオニーを我が家に招待して両親に紹介する」というクラムの計画は実現しなかったのでした。そうこうする内に「2年余り」の歳月が経ってクラムとハーマイオニーがようやく再会を果たしたのは?

対抗試合のもう1人の代表選手ボーバトンのフラー・デラクールの結婚式に出席した時だったというわけなんですよね。本当に久しぶりの再会ということでハーマイオニーは頬を染めてうれしそうにしていたのですが・・・

想定外のライバルの出現にロンは耳を真っ赤にして不必要に大きな声で「どうしてここに来たんだい?」と訊いたのでした。そんなロンに対してクラムは「フラーに招待された」と眉毛を吊り上げながら答えたのでした。

クラムに何の恨みもないハリーは握手した後ロンのそばから引き離すほうが賢明だと感じたのでクラムを席に案内したのでした。ただこの時ハリーはポリジュース薬で別人に成り済ましていたのでクラムは席に案内した・・・

目の前の人物が「あの」ハリー・ポッターだということは知らなかったのでした。クラムは声を荒げていたロンのことを「君の友達は僕に会ってうれしくない」と言った後「友達ではなく親戚か?」と訊きましたが・・・

ハリーは「いとこだ」と答えましたがクラムはハリーの答えを聞こうとはしていなかったのでした。クラムが結婚式の会場に来るのが遅かったためクラムが席に着いた直後に結婚式が始まったのでした。

最後に
と!いうわけでロンにとってビクトール・クラム殿は「招かざる客」だったというわけなんですが、ハリーとハーマイオニーの2人にとってはルーナのお父さんのゼノフィリウス・ラブグッド氏が首からぶら下げていた・・・

「あの印」がグリンデルバルドの印しいては「死の秘宝」の印だということが判ることに繋がったというわけなんですよね。さらにヴォルデモートが海外で探していたグレゴロビッチという人物がブルガリアの杖職人だと・・・

ハリーが思い出すきっかけを作ってくれたのもビクトール・クラムだったというわけです。しかし当のクラム本人にしてみればハーマイオニーは既に別の人(つまりロン)と付き合っていることが判明してしまいましたし・・・

招待客の中に「あの」汚らわしいグリンデルバルドの印をぶら下げている輩がいて不愉快な思いをしたということでフラーの結婚式はあまりいい思い出にはならなかったようですね。残念の極みといった所でしょうか?

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.