FC2ブログ
ハリーがジニーに「シリウスと話したい」と言ったことを受けてフレッドとジョージは「それなら俺たちがその機会を作ってやろう」と申し出て来てくれたのでした。しかしイースター休暇明けのその日2人はホグワーツを・・・(全3項目)

3-1.シリウスと話したいというハリーに2人は?
こうしてせっかくド派手に打ち上げ花火をぶちかましてイースター休暇に入ったのにスポンサーのハリーが塞ぎ込んでいる件でジニーがフレッドとジョージに相談して来たのでした。ハリーがシリウスと話したいとのことでした。

そこで休暇最終日の日曜日にジニーから相談を受けたと言ってフレッドとジョージが談話室でハリーに声をかけて来たというわけです。その理由が理由だったのでハリーが2人に「そうできたらと」と何気なく言うと・・・

近くにいたハーマイオニーが信じられないという目つきで「アンブリッジが暖炉を見張っているしふくろうは全部ボディチェックされているのに?」と早速異を唱えて来たのでした。しかしそんなハーマイオニーに2人は・・・

ジョージは「俺たちならそれも回避できる」と言うのです。続けてジョージは「ちょっと騒ぎを起こせばいいのさ」とも言ったのでした。そのためにイースター休暇中は何もせずおとなしくしていたと言うのです。しかし!

「明日からは平常営業だ」ジョージの話のあとをフレッドが続けたのでした。そこでせっかく騒ぎをやらかすならハリーがシリウスと軽く話ができるようにやったらどうだろう?とフレッドは言ったのでした。そこで・・・

2人はハリーに明日の最後の授業が終わったところで東塔のどこかで仕掛けてアンブリッジを部屋から引き離すと言ったのでした。生徒全員が廊下に出ている授業終了時こそが最高に効果が上がるんだそうです。

それを聞いて「どんな騒ぎを起こすんだい?」と訊くロンにジョージと揃って腰を上げながらフレッドがこう言ったのでした。

「弟よ、見てのお楽しみだ。明日の午後5時ごろおべんちゃらのグレゴリー像のある廊下のほうに歩いてくればどっちにしろ見えるさ」

3-2.携帯沼地
今にして思えばフレッドとジョージはジニーがハリーのことで相談してこなくてもイースター休暇明けには「この計画」を実行するつもりだったと私は思いますね。つまりハリーのことは「渡りに舟」だったというわけです。

ハリーが「透明マント」に飛びつき頭から被った途端に管理人のフィルチがアンブリッジの部屋に「急げ!急げ!」と低い声でゼイゼイ言いながら飛び込んで来ました。戯言のように独り言を言いながら有頂天になっていました。

「鞭打ち許可証・・・鞭打ち許可証・・・とうとうその日が来た。もう何年も前からあいつらはそうされるべきだった」

フィルチはアンブリッジの机の中から羊皮紙を1枚引っ張り出しキスをすると、それをしっかりと抱き締めて不恰好な走り方であたふたと部屋から出て行ったのでした。ハリーがフィルチを追いかけて行くとそこには・・・

そこには生徒も先生方もホグワーツのほとんど全員が集結しているようでした。生徒が大きな輪になって立ち先生とゴーストも混じっていました。頭上を見上げるとポルターガイストのビーブズも浮かんでいたのでした。

尋問官親衛隊の面々は皆が満足げな表情を浮かべていたのでした。フレッドとジョージはホールの中央に立ち紛れもなく「たった今追い詰められた」という顔をしていたのでした。そしてアンブリッジが勝ち誇ったように・・・

「それじゃあなたたちは学校の廊下を沼地に変えたら面白いと思っているわけね?」

しかしフレッドは全く恐れる様子を見せずに「相当おもしろいね」と言葉を返したのでした。そこへフィルチが人混みを肘で押し分けて幸せのあまり泣き出さんばかりに喜びながらアンブリッジに駆け寄り言ったのでした。

「校長先生書類を持って来ました。それに鞭も準備してあります。ああ今すぐ執行させてください」

「そこの2人。わたくしの学校で悪事を働けばどういう目に遭うかをこれから思い知らせてあげましょう」

しかし!それを受けてフレッドが・・・

「ところがどっこい!思い知らないね」

3-3.ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ
フレッドはジョージのほうを振り向くと「どうやら俺たちは学生稼業を卒業しちまったな?」と言ったのでした。するとジョージも気軽な口調で「俺もずっとそんな気がしてたよ」と応えたのでした。そしてフレッドが・・・

「俺たちの才能を世の中で試す時が来たな?」と言ってジョージが「全くだ」と言って同意すると2人はアンブリッジが何も言い返せないでいる内に2人揃って杖を上げると同時に呪文を唱えたのでした。すると!そこには?

「アクシオ!箒よ来い!」

どこか遠くで「ガチャン!」と大きな音がすると2人の箒が矢のように飛んで来たのでした。箒の片方にはアンブリッジが壁に縛りつけるのに使った鎖がついたままで石畳の床でガチャガチャと音を立てていたのでした。

フレッドは箒に跨りながらアンブリッジに「またお会いすることもないでしょう」と言ったのでした。続けてジョージも箒に跨りながら「連絡もくださいますな」と言ったのでした。そして声もなく見つめる生徒たちに・・・

フレッドは「上の階で実演した携帯沼地をお買い求めになりたい方はダイアゴン横丁93番地までお越しください」と言って自分たちの新店舗「ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ店」を大々的に宣伝したのでした。

さらにジョージはアンブリッジを指差して「我々の商品をこの老いぼれ婆ぁを追い出すために使うと誓っていただいたホグワーツ生には特別割引をいたします」と高らかに宣言したのでした。アンブリッジが金切り声で・・・

「2人を止めなさい」と言った時には既に2人は床を蹴り5メートルの高さに飛び上がっていました。ぶら下がっていた鉄製の杭が危険をはらんでブラブラ揺れていたのでした。フレッドが自分と同じ高さで浮いている・・・

ポルターガイストのビーブズを見つけるとフレッドは「俺たちに代わってあの女をてこずらせてやれよ」と言ったのでした。すると驚くべきことにビーブズは鈴飾りのついた帽子をさっと脱いで敬礼の姿勢を取ったのでした。

ビーブズが生徒の命令を聞く場面をハリーが見たのはこれが初めてでした。眼下の生徒たちの大喝采を浴びながらフレッドとジョージは箒の向きをくるりと変えると開け放たれた正面の扉を通り抜けてホグワーツを・・・

去って行ったのでした。

今日の最後に
と!いうわけでフレッドとジョージはホグワーツの生徒のほとんどを学校の玄関ホールに集結させて最後にはバッチリと新店舗「ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ店」の宣伝をして去って行ったというわけなんですよね。

これでアンブリッジにとっては「悪事の元凶」のフレッドとジョージがいなくなったことで「学校内の秩序が回復するのか?」と思いきや、むしろ混乱に拍車をかけることになってしまったんですよね。何故なら・・・

2人がいなくなったことで・・・
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/966-d68dde4d