FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ハーマイオニーの呼びかけで結成された「ダンブルドア軍団」にはハリーが直々に指導してくれるということで「このチャンスを逃すわけにはいかない!」ということで当然コリンとデニスも参加したのでした。しかし2人の前には大きな問題が1つあったのです。さらに参加したことが新たな悲劇を生むことになってしまったのでした。(全3項目)

3-1.ハリーが代表選手に選ばれて
そんなわけで当のハリー本人にとってはコリンのハリーに対する崇拝の念にも近い熱い思いは「ありがた迷惑」以外の何物でもないのですが、コリンがハリーの窮地を助けたことが一度だけあったんですよね。それは?

ハリーが4年生の時何故か?三大魔法学校対抗試合の代表選手に選ばれてしまい「魔法薬学」の授業では唯一の理解者で押さえ役のハーマイオニーが不在で一触即発の雰囲気になりハリーの怒りが爆発しそうな時でした。

するとそこに地下牢教室の扉をノックする音がして入って来たのがコリン・クリービーだったのです。コリンはハリーに笑いかけながらそろそろと一番前にあるスネイプの机まで進みスネイプにこう言ったのでした。

「先生、僕、ハリー・ポッターを上に連れて来るように言われました」

スネイプがずいっとコリンを見下ろすと使命に燃えたコリンの顔から笑顔が消え去ったのでした。そしてスネイプが「ポッターにはあと1時間魔法薬の授業がある」したがってハリーは魔法薬の授業が終わってから・・・

上に行くと言うとコリンは顔を上気させておずおずと「でもバグマンさんが呼んでます」と言ったのでした。さらには「代表選手は全員行かないといけないんです」と言ったのでした。そんなコリンにスネイプは・・・

なおも執拗にハリーに対して戻ってから作った解毒剤を試してもらうから持ち物を置いて行けと言ったのでした。しかしコリンは甲高い声で申し訳ないが「持ち物を持って行かないといけません」と言ったのでした。

スネイプが「カバンを持って我輩の前からとっとと消えろ」と言うとハリーはカバンを肩から放り上げるようにしてかけコリンと共に地下牢教室を出たのでした。ハリーが教室の扉を閉めた次の瞬間にはコリンは・・・

堰を切ったようにしゃべり出し「凄いよねハリー?」とさらに「だってそうじゃない?君が代表選手だってこと、ね?」と言ったのでした。指定された部屋に2人が到着するとコリンは「がんばって!」と言って・・・

ハリーとコリンは部屋の入口で別れたのでした。

3-2.共にダンブルドア軍団に参加!
そんなハリーに対しては崇拝に近い熱い思いを抱いているコリンとデニス・クリービーのことですからハーマイオニーの呼びかけで結成されたダンブルドア軍団には当然のごとく2人揃って参加したというわけです。

しかしここで問題になって来たのが当時はまだ「ダンブルドア軍団」という名前がついていなかったのですが、第1回の会合がホグズミード村のパブ「ホッグズ・ヘッド」で行われるということでした。というのも・・・

昨日の記事でも説明したようにデニス・クリービーはハリーたちが4年生の時にホグワーツに入学して来たので、この時まだ2年生だったのです。つまりまだホグズミード村行きを許されていなかったのです。そのため・・・

ホグズミード村には3年生にならないと行くことが許されない。しかし村に行ってパブ「ホッグズ・ヘッド」で行われる第1回の会合に出席しなければ「闇の魔術防衛グループ」に参加することはできない。そこで・・・

2人が講じた策とは何だったのかと云えば多分2人はハーマイオニーの口添えで「フレッドとジョージなら村に行く抜け道を知っている」と聞いて「例の」ハリーがかつて3年生の時に使った抜け道を使ったんでしょうね。

こうして参加した会合では「ハリーは牡鹿の有体の守護霊を創ることができる」とか「校長室にある剣でバジリスクを殺した」とか「1年生の時には賢者の石をヴォルデモートから救った」などハリーの数多の・・・

数々の武勇伝を聞くことができたので「これだけでも無理して学校の規則を曲げてまで来た甲斐があった!」ということで2人はさぞかし「来て本当に良かった!」と思ったんでしょうね。これらの話を聞いて2人は・・・

尊敬で打ちのめされたように目を見交わしていたのでした。

3-3.ホグワーツの戦いでは・・・
ハリー最終学年の年度の直前8月1日にヴォルデモートが魔法省を支配するといわゆる「マグル生まれ狩り」の動きが本格化して純粋マグル出身の魔法使いや魔女は魔法界から閉め出されることになってしまったのでした。

そのため当然コリンとデニスのクリービー兄弟もおそらくは学校には戻れなくなってしまったんでしょうね。そこで翌年5月にハリーがホグワーツ入りして一気に戦いの機運が高まりフレッドとジョージが・・・

ダンブルドア軍団のメンバーに参戦を呼びかけたためコリンも参加したというわけです。ただ私が思うには「ここで2人揃って戦死という事態は避けなければならない」ということで兄コリンは弟のデニスに・・・

「お前は参加するな!」と言ったと私はそう思いますね。そのため「未成年はダメです!」と言ってマクゴナガル先生が追い立てていたグリフィンドール生の中にコリン・クリービー1人がいたというわけです。

クリービー兄弟がハリーに対して抱いていた思いを考えれば「ハリーが身の危険をも顧みずホグワーツ入りしたというのに戦いに参加しないわけにはいかない!」と思うのは当然でしょうね。しかし結果として・・・

こっそり戻って来て戦いに参加してしまったためコリン・クリービーは・・・

最後に
私は残念ながらクリービー兄弟がダンブルドア軍団に参加したことでコリンは「こういう時のために自分はハリーの指導を受けて色々な学んだのではないか?」と思ってしまったと思うんですよね。つまりは・・・

コリンとデニスの2人がダンブルドア軍団に参加したことがコリンの死期を早めてしまったと思います。しかし私の推測通り弟のデニスは戦いに参加せず生き残っていることを切に願わずにはいられませんね。

コメント

私は…

こんにちは!
あの、私は、「3-1.ハリーが代表選手に選ばれて」でコリンはハリーの窮地を救ったわけではないのでは?と思いました。
なぜなら、4巻466ページ、『「写真を撮る」という言葉をコリンにだけは言われたくない』「ロンをチラ見」などコリンが来てからハリーはますますイライラしているように感じるからです。それから「あのバッジの光が飛んでくる」467ページ「重苦しい声」「うんざりした」とあまり機嫌は良くないようですし…。
だからあの地獄のスネイプの教室を抜け出したところでハリーにとってなんのプラスにもならなかったんじゃないかと私は思いました。まあ、写真撮影はコリンのせいではないのですが(笑)。

あと、私もコリンはDAに参加したからこそあの日に死んでしまったんだと思いました!でも、こんな死に方ができてコリンはきっと幸せだったと思います。いや、思いたいです(泣)。

長文失礼しました。

2011.04.12  まちゃる  編集

一応コリンの視線で・・・

まちゃるさんコメントありがとうございました。

一応この記事ではハリーの思いは極力省略してコリンの視線で記事を書いたつもりです。そうしないと記事の分量や長さが際限なく膨らんでしまいますからね。(苦笑)

まあ確かに「この場面」に限らずコリンがハリーの思いを理解していなかったということは数限りなくありますからね。しかしコリンがハリーを迎えに行っていなければもっと最悪の事態になっていたでしょうからね。

私もコリンがダンブルドア軍団に参加したことは必然だったと言えるし避けられなかったのでコリンがホグワーツの戦いで命を落としたのもコリンのハリーへの思いを考えれば運命だったと思います。

しかしコリンの両親のことを考えると「出来れば思い留まって欲しかった」と思わずにはいられませんね。

2011.04.13  トキメキぼーい  編集

お返事嬉しいです。

そうですね。コリンは確かにハリーが嫌がる極度な英雄扱いをしますからね。
私は、ローリングさんは、ハリーが権力に対して無欲であり、崇められることを好まないというまさに「死の秘宝」を所有するにふさわしい者であるということを間接的に表現する為に、クリービー兄弟を登場させたのかな、と(勝手に)思っています…。でもハリーがこのような性格になったのは、ダンブルドアの正しい判断で、幼少時代に過ごした環境のおかげですよね。

コリンが亡くなったと知った時のデニスのことを考えると切なすぎます(泣)。あの二人は、フレッドとジョージのように(DAでもペアだったですし)ずっと一緒だったんでしょうね。「思い留まって欲しかった」です、本当に。

2011.04.13  まちゃる  編集

ダンブルドアの思いとデニスの思い

まちゃるさんコメントありがとうございました。

ダンブルドアが「どうしてハリーをダーズリー家に預けたのか?」については第1巻「賢者の石」の冒頭章で説明していますよね。当時のハリーはヴォルデモートを消し去ってくれた大英雄ですから呼びかければ・・・

「ぜひ我が子として育てたい!」と申し出る人は沢山いたと思います。しかしダンブルドアはあえてハリーを純粋マグル夫婦のダーズリー夫妻に預けたというわけなんですよね。

それとデニスは当然兄の死を知って悲しかったものの覚悟は決めていたと私は思いますよ。

2011.04.14  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.