FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

「一難去ってまた一難」とはこのことでアンジェリーナもよりによってアンブリッジがホグワーツにいる時にグリフィンドール・チームのキャプテンをすることになるとは巡り会わせも運も悪いというわけです。しかし最後の最後にアンジェリーナ率いるグリフィンドール・チームは意外な?あの人の大活躍で・・・(全3項目)

3-1.教育令第24号
その張り紙はハーマイオニーとハリーが週末の土曜日にホッグズ・ヘッドで「闇の魔術防衛グループ」のちのダンブルドア軍団の第1回会合を開催した週明けの月曜日に寮の掲示板に張り出されたのでした。その内容とは?

それは「学生による組織、団体、チーム、グループ、クラブはここに全て解散される」という教育令でした。そして再結成を高等尋問官に願い出て承認されなければ存在してはならないというものだったのです。

ハリーたちもアンジェリーナに指摘されて気づいたのですが、それにはクィディッチのチームも含まれていたのです。アンジェリーナはハリーに「もう2度とアンブリッジに癇癪を起こさないように」と言ったのでした。

ところがアンジェリーナの助言通りハリーは週明けの月曜日の授業ではおとなしくしていたのにアンブリッジはグリフィンドール・チームの再結成の承認をすぐにはしなかったのでした。それを聞いてロンは・・・

スリザリンは許可したくせに何で僕たちは駄目なんだと怒りましたが、ハリーはアンブリッジがグリフィンドールのクィディッチ・チームをつぶすという脅しをちらつかせて楽しんでいると思ったのでした。しかし・・・

マクゴナガル先生がダンブルドア校長に直訴したらしくチームを再編成する許可をようやく貰うことができたのでした。その一方でスリザリン戦終了後には新たな教育令が発効されてグリフィンドール・チームは・・・

新たな試練を抱えることになってしまったのでした。

3-2.それはスリザリン戦終了後に
グリフィンドール対スリザリン戦が行われた日の夜遅くアンジェリーナは談話室で虚ろな声を上げていたのでした。シーカーもビーターもいないというのに「いったいどうしろって?」いうのというわけです。

やがてアンジェリーナは「私、寝るわ」と言ってゆっくり立ち上がったのでした。明日の朝目が覚めれば全部悪い夢だったということになるかもしれない。まだ試合をしていなかったということになるかもしれない。

アリシア・スピネットも放心したように「クラッブはどうなの?ホイッスルが鳴ってからブラッジャーを打ったのにアンブリッジはあいつを禁止した?絶対に不公平よ」と言ったのでした。そのクラッブは・・・

「書き取りの罰則だけ」だとスリザリンのキャプテンのモンタギューが夕食の時に笑っていたとジニーが大広間で見聞きしたことを報告したのでした。全てが何もかもが理不尽だと感じずにはいられなかったのでした。

しかし「何もやっていないのにフレッドを禁止にするなんて」とアリシアは拳で膝を叩きながら怒りをぶつけていましたが、フレッドは「僕がやってないのは僕のせいじゃない」と怒っていたのでした。それは・・・

フレッドは悔しさに顔を歪めながら自分だって3人に押さえられていなければ「あんなクズ野郎は打ちのめしてグニャグニャにしてやったのに!」とマルフォイへの怒りと憤りを露にしていたのでした。

こうしてグリフィンドール・チームはシーカーのハリーにビーターのフレッドとジョージという史上最強の主力選手3人を一気に失ってしまい絶望のどん底に突き落とされてしまったのでした。

3-3.奇跡の逆転優勝!
今にして思えば「どうしてアンブリッジはグリフィンドール・チームを廃部にせず存続させたのか?」と云えばハリーにフレッドとジョージの主力選手3人が抜けてボロボロのガタガタになったグリフィンドールが・・・

他のチームに惨めに負けて行く様を見て「大いに楽しもうじゃないの?」ということだったんだと私は思いますね。またそれを見てジリジリと苛立つハリーを見て「してやったり!」と笑うつもりだったというわけです。

しかしハリーにフレッドとジョージの3人が抜けて確かにグリフィンドール・チームの選手の質は落ちましたが「それは今までがあまりにも凄すぎた」ということだと私は思いますね。実際2戦目のハッフルパフ戦は・・・

グリフィンドールは負けはしたもののスコアは「230対240」の僅差でした。初戦に引き続き2戦目のハッフルパフ戦でもロンは相変わらずの「ざる状態」で14回もゴールを抜かれたのでした。それでもなお・・・

アンジェリーナはロンをチームから外さなかったのでした。どうしてなんだ?と問うロンにハリーは「それは調子のいい時の君は上手いことを知っているからさ」と答えたのでした。それが最終戦ではロンは?

よくよく考えてみればアンジェリーナ・ジョソンソンにアリシア・スピネットそれにケィティ・ベルの最強チェイサー・トリオはそのまま温存されていたというわけです。この3人とロンの大車輪の活躍で・・・

アンブリッジと尋問官親衛隊が見守る中グリフィンドールは最終戦のレイブンクロー戦に見事勝利して奇跡の大逆転優勝を成し遂げたというわけです。結果としてグリフィンドールがこういうことになったのを見て・・・

アンブリッジはきっと「あの時廃部にしておけばよかった」と後悔したんじゃないかな?と私は思いますね。今度はグリフィンドールのほうがアンブリッジに対して「してやったり!」と思ったというわけです。(笑)

最後に
こうしてアンジェリーナ・ジョソンソンはキャプテンになっての最後のシーズンを優勝で締めくくってホグワーツ魔法魔術学校を卒業していったというわけなんですよね。そしてホグワーツの戦いでは?

オリバー・ウッド、ケィティ・ベル、アリシア・スピネットなどかつてのクィディッチのグリフィンドールのチームメートと共に戦いに参加するために馳せ参じたというわけなんですよね。

ちなみに伝え聞いた話によるとアンジェリーナ・ジョンソンはホグワーツの戦い終了後にジョージ・ウィーズリーと結婚して最初に生まれた男の子の名前を「フレッド」にしたそうですね。

コメント

アンジェリーナは、私の中で「アリシア、ケイティとの3人組のリーダー」的存在です。でも、男勝りでかっこよくて、チームのことを誰よりも考えている素敵な女性ですね。
また、ジョージと結婚して息子に「フレッド」と名前をつけたなんて…(涙)。ダンスパーティーはフレッドと行っていましたよね。ジョージとしてもアンジェリーナと結婚することは色々な意味で非常にフクザツだったのではないでしょうか(と勝手に思っています)。
ふたりにはもう一人娘がいて名前は「ロクサーヌ」だそうですね。

2011.04.17  まちゃる  編集

2人とも相当悩んだようですね。

まちゃるさんコメントありがとうございました。

確かにジョージの性格を考えればフレッドと結婚するものと思っていた人と結婚するというのは相当に心の葛藤があったでしょうね。どうやら2人はハリーやロンより結婚が遅かったようですからね。

何故か?というと7巻の最終章にはジョージ・アンジェリーナ夫妻が登場していないからです。つまり19年後にはまだ子供が11才以上になっていなかったのでキングズ・クロス駅に来てなかったというわけなんですよね。

2011.04.18  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.