FC2ブログ
本日はいよいよ!「この人」の登場です。まさに「このシリーズ」の最後を飾るにふさわしい人物と言えるのではないでしょうか。(巻名なしのページ数は謎のプリンス)

謎のプリンスの先生は「セブルス・スネイプ」でした。
満を持しての登場?セブルス・スネイプ

以前にも触れましたが騎士団上巻571~572ページでのスネイプとアンブリッジのやり取りでスネイプがホグワーツの教師になって14年になることと、赴任して以来毎年「闇の魔術に対する防衛術」の教職に応募していたが、それをダンブルドアが拒否して来たことが明らかになっています。

また賢者の石187~188ページではパーシーがクィレルの席を狙っていると生徒みんなが知っていると言っていますね。つまり生徒の間でもスネイプが『この教職』を望んでいたことは相当以前から周知の事実だったようです。

上巻43ページでスネイプは「この職」に就くことが昔に引き戻される・・・ぶり返しにつながるかもしれないと思っていたらしいので自分を「闇の魔術」の教職に就かせなかったと言っています。

つまりダンブルドアはこの教職に就いた人が「あれ以来」全員一年を越えて留まったことがないことはスネイプにも黙っていたということになりますね。つまり自分自身が任命する『最後の教師』セブルス・スネイプと決めていたんでしょうね。

どうして最後の教師をセブルス・スネイプにしたのか?!
騎士団下巻380ページでマクゴナガル先生はスネイプ先生はふくろう試験で『O・優』を取った者以外は絶対に教えませんと言っています。しかしハリーの魔法薬学のふくろう試験の結果は『E・期待以上』でした。

つまり!スネイプが魔法薬学の教師のままだとハリーは6年生で魔法薬学を取ることが出来ず、ということは当然フェリックス・フェリシスを獲得するこも出来ませんでした。

上巻第4章冒頭(86ページ)からハリーが隠れ穴で眠りにつくまでの間(133ページ)に登場する人たち全員(ダンブルドア・トンクス・ウィーズリー夫妻)が・・・ホラス・スラグホーンがホグワーツで教えていた時に『何の科目』を教えていたのか一言も口にしていません!

さらにハリーたちがダイアゴン横丁に行った際にもウィーズリーおじさんは二手に分かれて買い物を早く済ませようと提案しています。(上巻169ページ)これはハリーたち3人をフローリッシュ・アンド・ブロッツに行かせないようにするための方策ではないか?と思うのは私の深読みのし過ぎでしょうか?

私はこれは間違いなくダンブルドアは事前にスラグホーンが何を教えていたのか?ハリーたちには知られないようにして欲しいとの要請を受けての処置・対策だと私は思います!

結果としてハリーは魔法薬学の教科書「上級魔法薬」の本を買わず、プリンス手書き付きの上級魔法薬の本のお陰でフェリックス・フェリシスを入手することが出来たというわけです。

スネイプがハリーに示した課題について
スネイプが念願かなって着任した闇の魔術に対する防衛術の最初の授業でいきなり取り上げたのが『無言呪文』でした。

下巻432ページでスネイプはハリーに「おまえが口を閉じ、心を閉じることを学ばぬうちは、何度やっても同じことだ」と言っています。

つまりスネイプが『この教職』に着任したのはハリーが第7巻の最後にヴォルデモートと対決する時には必ず習得しておかなければならない課題を「より強く」ハリーに植え付けるためだったと見て間違いないでしょう。

総括(このシリーズの最後に)
というわけで!ダンブルドアが「どのような基準」を元に闇の魔術に対する防衛術の先生を選んでいたのか?というと・・・

つまりハリーに何をやらせるのか?何を習得させるのか?すなわちハリーがホグワーツに入学してからの6年間は全ての教師をハリー中心に選んでいたというわけです。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/98-af5a076b