FC2ブログ
今週は第7巻「死の秘宝」後半の超一大イベントでヴォルデモートの分霊箱探しを劇的に進展させたグリンゴッツの金庫破りを取り上げてみることにしました。「僕はグリンゴッツの金庫破りをする必要があるんだ」ハリーのこの言葉を聞いた時にはロンとハーマイオニーでさえ「ハリーは何を言い出すんだ」と驚いたのですが、グリンゴッツのレストレンジ家の金庫には・・・(全3項目)

3-1.そもそもの動機
ハリーたち3人は狼人間のフェンリール・グレイバック率いる人さらい一味に捕えられてマルフォイの館に連れて行かれますが、その際ハリーはグリフィンドールの剣を見て尋常ならざる極めて激しい動揺ぶりを見せた・・・

ベラトリックス・レストレンジの様子を見て「グリンゴッツのレストレンジ家の金庫にヴォルデモートの分霊箱が隠されている」ことを見抜いたのでした。そこでハリーたちと一緒に館を脱出した小鬼のグリップフックに・・・

「僕はグリンゴッツの金庫破りをする必要があるんだ」

当初ロンとハーマイオニーは「いったいハリーは何を言い出すんだ?」という表情を浮かべていましたが、後から「その理由」を聞いてようやく納得したのでした。グリップフックもまた最初の内は「不可能です」と・・・

「可能性はありません」と強硬に否定をしていたのですが、ハリーの金庫破りの手伝いをする見返りとして代償を要求して来たのでした。しかしその要求はハリーたち3人にとっては到底受け入れがたいものだったのです。

3-2.グリップフックが出した条件
それはハリーたちが持っていた「その」グリフィンドールの剣が欲しいというものだったのです。本来この剣はラグヌック一世の物だったのにゴドリック・グリフィンドールが奪ったとグリップフックは主張したのでした。

これこそ失われた宝で小鬼の技の傑作だ。小鬼族に帰属する品なのだから本来のあるべき場所に戻すのが当然なのだというのがグリップフックの言い分のようでした。嫌なら「この話」はなかったことにすると言うのです。

そこで3人は一旦グリップフックのいた部屋を出て話し合ったのでした。ハリーはハーマイオニーに「あの剣をグリフィンドールが盗んだというのは本当なの?」と訊きましたがハーマイオニーの返事は「分らない」と・・・

何でも魔法史は魔法使いたちが他の魔法生物に対してしたことについては省略してしまうことが多いのだそうです。そのためハーマイオニーが知っている範囲ではグリフィンドールが剣を盗んだとは書いていないのだそうです。

しかしグリップフックに何か同じくらい価値のある物を提案してみた所でグリフィンドールの剣以外の物など受け入れそうにありません。とはいえ剣はヴォルデモートの分霊箱を破壊するのに欠かせない物でもあるのです。

ハリーは目を閉じて窓の外から聞こえて来る海の音に耳を傾けたのでした。ハリーはグリフィンドール生であることを常に誇りにして来ました。グリフィンドールはマグル生まれのために戦った英雄ですし純血好きの・・・

スリザリンと衝突した魔法使いでした。ハリーは目を開けると2人に「グリップフックが嘘をついているのかもしれない」と言ったのでした。グリフィンドールは剣を盗んでいないかもしれない。それは何故かと云えば・・・

小鬼側つまりグリップフックの主張が正しいとは限らない。そんなことは誰にも分らないだろうと言うハリーにハーマイオニーは「それで何か変わるとでもいうの?」と言われてハリーは「僕の感じ方が変わる」と・・・

ハリーはグリップフックが金庫に入る手助けをしてくれたら、その後には剣を譲ると約束することにしようと2人に提案したのでした。でも「いつ渡すのか?」については正確に言わないように注意すればいいと言ったのでした。

ハーマイオニーは「気に入らないわ」と異議を唱えハリーもまた苦渋の選択であることを認めましたが、もう一方のロンは「僕は天才的だと思う」と言ってハリーのアイデアを大絶賛してくれたのでした。そこで3人は・・・

グリップフックのいる部屋に戻り剣を渡す具体的な時期を言わないようにしてグリップフックに金庫破りを手伝ってくれたらグリフィンドールの剣を渡すと提案したのでした。ハリーが話している間ハーマイオニーは・・・

ずっと床を睨みつけていたままでハリーは「ハーマイオニーのせいで計画を読まれてしまうのでは?」と恐れ苛立ちましたが、グリップフックはハリー以外は誰も見ていなかったので幸いにも気づかれずに済んだのでした。

こうして取り引きは成立したというわけです。

3-3.協議は始まったものの・・・
ハリーポッター・シリーズでは最初の印象は最悪だったのに劇的に印象が良くなったり、あるいはその逆のパターンも数限りなくあるわけですが、私はまさかグリップフックがそうなるとは夢にも思いませんでしたね。(苦笑)

こうして取り引きが成立してグリンゴッツのレストレンジ家の金庫に侵入するための計画作りがスタートしたというわけなんですが、グリップフックを含めた4人で長い時間を過ごすことによってハリーは小鬼族の本性を・・・

否応なしに見せつけられることになったのでした。グリップフックは思ってもみなかったほど血に飢え下等な生き物でも痛みを感じるという考え方を笑いレストレンジ家の金庫にたどり着くまでに他の魔法使いを・・・

傷つけるかもしれないという可能性を大いに喜んだのでした。ロンとハーマイオニーもハリーと同様に嫌悪感を持っていることが判りましたが3人ともその話はしませんでした。グリップフックが必要だったからです。

4人は1つの部屋に何度も何時間もこもりました。レストレンジ家の金庫は一番深い所にあって守りも一番堅いため次から次へと難題が出て来たのでした。そのため4人の協議は何週間にも及ぶことになってしまったのでした。

そのため計画が立てられ準備が完了する頃には5月を迎えていたのでした。

今日の最後に
当初ビルはハリーたちが連れて来た杖職人のオリバンダー翁とグリップフックをその日の内にミュリエルおばさんの家に移すと言っていたんですよね。そこなら十分な広さがあるので2人を受け入れられるからだそうです。

しかし結果としてグリップフックもオリバンダー翁も2人とも「貝殻の家」に残して欲しいと言ったのはハリーだったためにビル・フラー夫妻とりわけフラーには多大な負担を強いることになってしまったのでした。

そのためハリーは責任を感じフラーに「こんな大変な思いをさせるつもりはなかったんだけれども」と謝ったのですが・・・

そんなハリーにフラーは?
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/980-3beceaec