FC2ブログ
こうしてヴォルデモートの分霊箱を手に入れるためにグリンゴッツに向けて出発したハリーたち3人にグリップフックだったのですが、ダイアゴン横丁に足を踏み入れた次の瞬間にはハリーたちが全く想定していなかった事態が起きてハリーもロンも「この計画は失敗だったのでは?」と思うに至ったのでした。それでも4人は・・・(全3項目)

3-1.ド派手なダイアゴン横丁入場
ハリーたちのダイアゴン横丁入場は「これ以上目立つのは難しいだろう」というほど人目についたのでした。一瞬ハリーは今すぐ立ち去って別な計画を練るほうがよいのではないか?と思ったのでした。ところが・・・

「何と、マダム・レストレンジ!」

ハリーがハーマイオニーに近寄って「もう一度出直そう」と声をかける間もなく背後からハーマイオニーに話しかける男が現れたのです。それは死喰い人のトラバースでした。グリップフックがハリーの耳に囁いたのでした。

しかも運の悪いことにトラバースもちょうどグリンゴッツに行くところだというのです。ハーマイオニーはしかたなくトラバースと並んで歩き小さな店舗の上にひときわ高くそびえるグリンゴッツの建物へと向かったのでした。

警戒心の強い死喰い人の出現はハリーたちにとって最も望ましくない展開でした。当然トラバースはハーマイオニーのことをベラトリックスだと思い込んでハーマイオニーの横を歩いているのでロンとハーマイオニーの・・・

いずれの2人にも話しかけられないのは最悪でした。そうこうする内にトラバースとハリーたちはグリンゴッツの入口の大理石の階段の上にある大きなブロンズの扉の手前に差し掛かったのでした。そこには2人の小鬼が・・・

潔白検査棒を持って・・・

いよいよ第1関門というわけです。

3-2.いよいよ本丸へ・・・
ロンとハーマイオニーは表立って術をかけるわけにはいかないので、グリンゴッツの敷地内に足を踏み入れたからには「透明マント」に隠れているハリーが呪文を唱えなくてはなりませんでした。そこでハリーは入口の・・・

ブロンズ像の扉の両脇に立っている2人の門番の小鬼に立て続けに杖を向けると「コンファンド錯乱せよ」と呟いたのでした。門番の2人は呪文に撃たれた瞬間「ビクッ」としたのでした。これで第1関門突破というわけです。

ハーマイオニーがカウンターに進み出て「私の金庫に入りたい」と言うと年老いた小鬼は少し後退りしたように見えました。その小鬼だけでなく他の小鬼も数人が仕事の手を止めて顔を上げハーマイオニーを見つめたのでした。

ベラトリックス・レストレンジに「身分証明書はお持ちで?」と訊いて来たのを見てグリップフックはハリーに「連中は知っている!名を騙る偽者が現れるかもしれないと警告を受けているに違いない!」と囁いたのでした。

小鬼が「あなた様の杖で結構でございます」と言うのを聞いてハリーは気づいたのでした。グリンゴッツの小鬼たちはベラトリックスの杖が盗まれたことを知っているのです。そこでハリーはグリップフックに促されて・・・

「インペリオ服従せよ」

奇妙な感覚がハリーの腕を流れたのでした。暖かいものがジンジン流れるような感じで「その何か」は自分の心から流れ出て筋肉や血管を通り杖と自分を結びつけて今かけた呪いへと流れ出て行くようでした。ハリーはさらに!

死喰い人のトラバースにも杖を向けて服従呪文をかけたのでした。ハーマイオニーはトラバースの問いかけに「わけが分らない」という表情を見せましたが、結局この不可解な成り行きを何も言わずに受け入れたので・・・

ハリーはホッとしたのでした。しかし服従呪文をかけられたトラバースは非常に虚ろな顔で口をだらりと開けて棒のように突っ立っていたので、ハリーは意を決して杖を一振りするとトラバースにも従いて来させたのでした。

3-3.今さら引き返せない!
これで最大の関門を突破したというわけなんですがハリーはロンとハーマイオニーに「十分強く呪文をかけられなかったかも?」と弱気を口にしたため、それを聞いてロンは「まだ間に合う内にすぐここを出ようか?」と・・・

しかしハーマイオニーはホールに戻る扉を振り返りながら「出られるものならね」と言ったのでした。確かに扉の向こう側では「何が起こっているのか?」分ったものではありません。そこでハリーは2人に言ったのでした。

「ここまで来た以上、先に進もう」

ところがハリーにロンそれにハーマイオニーとグリップフックの4人とトロッコを操るボグロットが乗り込んだ所でハリーは背後のホールから確実に叫び声が聞こえたように思ったのです。トロッコは走り出したものの・・・

ハリーはちらちらと何度も後ろを振り返ったのでした。ハリーたちは膨大な手がかりを残して来たも同然でした。ハリーは改めて「ハーマイオニーをベラトリックスに変身させたのは愚かだった」と後悔したのでした。

ベラトリックスの杖を「誰が盗んだのか?」死喰い人には判っているのに「その杖を持って来るなんて」とハリーは思ったのでした。ハリーがそう考えている間にもハリーたちを乗せたトロッコはハリーが今まで一度も・・・

入ったことのないグリンゴッツの奥深くへと入り込んで行ったのでした。

今日の最後に
そんなわけでダイアゴン横丁に足を踏み入れてから死喰い人のトラバースとばったり出会ってしまったり2度も「ハーマイオニーをベラトリックスに変身させたのは間違いだった」と後悔したハリーだったのですが・・・

この後もレストレンジ家の金庫にはグリップフックですら予想していなかった魔法が追加されていてハリーたちの分霊箱探しは困難を極めることになったのでした。そして最後にはグリップフックがハリーたち3人を・・・
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/982-81d9e4a1