FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

さて!来たる7月15日には「映画ハリー・ポッターと死の秘宝Part2」が上映されるということで、当サイトは6月と7月はドラコ・マルフォイとハリーの誕生月ということもあって色々と予定が立て込んでいるので少し早い(かなり?)ですが映画関連の話題を「この時期」にお届けしてみることにしました。(全3項目)

3-1.古本屋さんに「賢者の石」の在庫が・・・
何でも伝え聞いた話によると「古本屋さんに行くと何故か?賢者の石の在庫が沢山ある」というコトらしいですね。(苦笑)それは「どうしてか?」と云うとハリーポッター・シリーズの映画を観て感動・感激した人たちが・・・

「映画があれだけ面白いのだから原作も面白いに違いない!」ということで、第1巻「賢者の石」を買って読み始めたものの挫折してしまい結局は「やはりハリーポッターは映画で観ておくに限る(汗)」ということで・・・

買った「賢者の石」の本を古本屋さんに売り飛ばしてしまうため古本屋さんには賢者の石だけの在庫が大量に余るということになるのだそうです。まあハリポタにハマっている読者諸氏に云わせれば「どうして?」と・・・

「あんなに面白い本を?どうして途中で挫折してしまうの?」と思うのでしょうが、私はそういった人たちの気持ちが判るような気がするんですよね。というのも私が思うには「賢者の石は冒頭の2章がちょっと」と・・・

思うからなんですよね。私が思うには挫折している人たちの大部分は最初の「2章」でつまづいているんじゃないかな?と思うんですけどどうなんでしょうか?やはり私は冒頭の2章が「暗くて重い」という気がするんですよね。

まずハリーポッター・シリーズの第1巻「賢者の石」の冒頭章は主人公ハリーの両親が死んでハリーが孤児になるという話からスタートします。それに最初の書き出しも到底明るいとは云えない雰囲気だと私は思いますね。

第2章の内容もハリーは生まれて初めて動物園に行くことが出来たものの、ハリポタ・フリークの皆さんはよくよくご存知のようにハリーが大ニシキヘビと会話を交わしたのが元でひどい目に遭うという暗い話だったため・・・

私が思うには多分ですけど挫折する人たちは最初の2章の内容が「あまりにも重くて暗いため」だと思うんですよね。したがって私から言いたいことは「どんなに辛くてもとにかく第3章まで読んで欲しい!」ということですね。

そうすれば後は一気に読めて「すぐに次の巻が読みたい!」ということになると私はそう思います。

3-2.あくまでもダイジェストでありハイライト
私が以前とある書店に行った際に山積みにされているハリポタの本を手に取って見ていたものの「厚い!」と言って再び元の場所に戻している小学校高学年らしい女の子を見かけたことがあります。多分同級生あたりに・・・

「面白いよ!」と言われて一度は読む気になったものの本の分厚さを見て読むのを断念してしまったようです。それは映画を観てハリポタを好きになった人たちも同様に感じるようです。つまり最初の1巻で挫折する所か・・・

映画を観て原作を読む気になったものの書店に行って本の分厚さを見てたじろぐ人は結構いるようです。そういった人たちが「それでも何とか原作本を読みたい!」ということで思い浮かべる発想がこれなんだそうです。

「ハリーポッター・シリーズは途中の巻から読んでも大丈夫なのか?」

例えば映画は賢者の石からアズカバンの囚人まで全部観ている。それならいきなり第4巻「炎のゴブレット」を読んでも「内容が理解できるものなのでしょうか?」といった質問をQ&Aサイトで見かけたことが私はあります。

出版業界に精通した人などに云わせれば「シリーズ物でも第1巻から読まないと内容が理解できないなんてのはダメ!」なんだそうです。途中の巻から読み始めてもちゃんと読めるように補足説明等をすべきだと・・・

実はローリングさんも「途中の巻から読み始めても大丈夫なように」と一応最初の巻から通して読んでいる人たちは「当然既に知っていること」を各巻の随所(特に序盤の章では)に繰り返し説明したりもしているんですよね。

しかし!残念ながら「映画というのはあくまでもダイジェストでありハイライト」であって原作の内容の全てが映像化されているわけではないということは原作本を読んでいる皆さんは既にご存知のことです。さらに・・・

全巻を通して読んでいる皆さんはよくよくご存知のように、ハリーポッター・シリーズの場合は先の巻の伏線が縦横無尽に張り巡らされているので、そういった観点からも最初の巻から読まなきゃ損!というわけなんですよね。

3-3.原作と映画の違い
そんなわけで原作の内容の全てを映像化することは当然不可能なので「どのエピソードを盛り込んで?何をカットするのか?」が常に問題になって来るというわけです。特にハリーポッター・シリーズの場合は・・・

第1巻「賢者の石」から第5巻「不死鳥の騎士団」までは巻を追うごとにページ数が増えて行くので「その問題」も大きくなって行くというわけです。実際第3巻「アズカバンの囚人」の映画では原作を読んでいる人からは・・・

「ストーリー展開が早過ぎて原作を読んでいない人が理解するのは難しいのでは?」という指摘もあったようですし、第4巻「炎のゴブレット」は実現には至りませんでしたが初めて2つに分けることが検討されたようですね。

実際「炎のゴブレット」の映画では序盤のダーズリー一家の登場シーンが丸ごとカットされたため映画のみで原作を読んでいない人からは「あの一家が登場しないは少し寂しい」という意見を見かけたことがありました。(苦笑)

他には製作の都合上で原作とは違った内容になってしまったケースもあったようです。私が知っているのは「不死鳥の騎士団」の映画でダンブルドア軍団のことを密告するのが原作ではマリエッタ・エッジコムでしたが・・・

映画では密告するシーン以外にマリエッタ・エッジコムの出番がなかったのでチョウ・チャンに差し替えられてしまったそうですね。私から言わせれば「えーっ!何でチョウ・チャンが?」といった感じですけどね。(苦笑)

他にも原作を読み込んでいる人に言わせれば「この場面やエビソードをカットするのはおかしい」という意見が多数あったようです。しかし読者1人1人のこだわりは千差万別なので全ての読者を満足させるのは残念ながら・・・

絶対に無理というわけなんですよね。

最後に
私としては今からでも遅くはないと思うので最後の映画が公開されるのにあたって是非「映画しか観ていない」という人にも原作を読んで欲しいと思います。幸い昨年の12月には最終巻の第7巻「死の秘宝」の携帯版が・・・

出ているので「1冊も持っていない」という人は携帯版で全巻を揃えるというのもいいんじゃないかな?と私は思いますね。

コメント

1巻は辛かったです(苦笑)

こんにちは!
1巻はホグワーツに入学するまでが長いですし、厚い本が苦手な方は途中で止めてしまうかもしれませんね。
映画しか観ていない人にも是非読んで欲しいですが、個人的には好きな巻の好きな場面から読めば良いのではないかな?と思います。「映画とこういう風に違うんだなー」と思って、そこから読むのが楽しくなるのではないでしょうか。
チョウ・チャンがマリエッタの代わりをしたのは、可哀想でしたね。
また、俳優さんがスキャンダル等で出演できなくなったときに、別の人物が代わりを務める(その俳優さんが演じる人物がやるはずだったことを、別の人物がする)こともあります。ダンブルドアの俳優さんが亡くなったときは、さすがに校長を変える訳にいかないので、別の人がダンブルドアになったのですが(汗)生身の人間が演じていると、そういうことも起こってしまうのです・・・。

2011.05.15  リラ  編集

こんにちはー!

1巻は確かに、暗く重いですね。自分は蛇と会話したというところでテンションアップしたので問題なかったですが、人によってはあの当たりは辛いでしょうね。
ちなみに私は映画で知って原作読んだ、という具合ですが、今では原作ばっかり読んでいる気がします。
チョウ・チャンが密告する役回しになっていますが、本人が望んでというよりも、真実薬によるもののようですね。原作と違って、ダンブルドアがアンブリッジによって追放された後、ハリーがアンブリッジの部屋に招かれる(?)ことはなかったので、偽の真実薬云々の話も出てきませんでした。
シリウスがつかまる光景を見て、アンブリッジの部屋に侵入したあの時、アンブリッジに真実薬の提出を求められたスネイプ曰く「チョウ・チャンに使ったアレが最後」だそうなので。ゆえに顔に密告者の文字も出ていません。
とはいえ不憫ですね。

ちなみに映画ではハグリットが失神術で失神します(汗)

2011.05.15  clearive  編集

「最初の巻から読まなきゃ損!」、ディメンターとロンのビデオ

「最初の巻から読まなきゃ損!」

よくおっしゃいました!私は絶対賛成です!! ハリーポッターを読むには怠け者になってはいけません。実は、読むどころか、本当に味わうのにも最初から読まなければ。

ところで、この頃Eメールでお届けしたディメンターとロンのビデオを観ることができましたか。もし画面が現れなかったとすれば、ぜひメールでご連絡くださいね。よろしくお願いします。

echo echoより

2011.05.15  echo echo  編集

6月の5日からは・・・

リラさんコメントありがとうございました!

そうですか。リラさんは学校に入るまでが長かったんですね。(笑)

私は初めて読んだ時は第3章でバーノン叔父さんが逃げても逃げても手紙が追いかけてくるのが面白くってしかたなかったです。そこからは一気に読めましたね。気がつくと第2巻の途中まで読んでいました。

チョウ・チャンは本当に気の毒でしたね。これで映画のほうでは「別れた後に未練を持つなんてとんでもない」という状況になってしまいましたからね。

それと初代のダンブルドア校長役の俳優さんは一度は断ったそうですが、そしたら孫娘が口を利いてくれなくなったのでしかたなく引き受けたそうですね。おそらく体力面で最後まで務め切る自信がなかったんでしょうね。

寿命が尽きたのは予想外だったと思いますが・・・

それと6月の5日はちょうど日曜日なので、その日から2週間ぶち抜きでドラコ・マルフォイを取り上げる予定にしていますので楽しみにしていてくださいね。(笑)

2011.05.16  トキメキぼーい  編集

人それぞれのようで・・・

cleariveさんコメントありがとうございました!

そうですか。(笑)映画ではハグリッドが失神術で失神するんですか。しかし私は映画を観る人は「原作と違う!」とガミガミ怒るよりも間違っている箇所を見つけて笑い飛ばすぐらいの余裕を持って欲しいと思います。

そうなんですか!チョウは真実薬でしゃべってしまうんですか。でもそれだと「アンブリッジはどうやってダンブルドア軍団のことを知ったのか?」という疑問が湧いてしまいますね。アンブリッジは原作ではマリエッタが密告するまで知らなかったんですからね。(笑)

何はともあれ情報提供ありがとうございました。

2011.05.16  トキメキぼーい  編集

ありがとうございます!でも・・・

echo echoさんコメントありがとうございました!

「最初の巻から読まなきゃ損!」に賛同していただきありがとうございます。(笑)でも通して読むのは最初の1回だけでいいと思います。私も通して読み返したことがあるのは第1巻と第6巻が一度ずつだけなのでね。(汗)

後は自分の好きなページを拾い読みすればそれでいいと思います。それと私は何度も言っているように「映画は観ない派」なのでロンとディメンターのビデオを見るつもりはありません。心遣い恐れ入ります。

2011.05.16  トキメキぼーい  編集

返事ありがとうございます。「映画は観ない派」ということを気付けなかったのは申し訳ありません。迷惑をおかけしました。

ローリングさんはいろんな所でヒントをばらすし、時々、人物の本音も微妙な動作で表すので、捨てられるページがなかなかないと思いますが・・・
だから、選ぶのは本当に簡単ではないと思います。

2011.05.19  echo echo  編集

関係者の心持ち次第でしょう。

echo echoさんコメントありがとうございました。

そんなわざわざ謝っていただく必要は全くなかったんですけどね。私は全然気にしていませんから。(笑)

「どの場面を映像化して、どこをカットするのか?」については監督あるいは脚本家のいずれかがハリポタに深い思い入れがあったら大変でしょうね。だからむしろ熱心な読者ではない人のほうがいいかも?しれませんね。(笑)

細かい動作やローリングさんが後から明らかにしたことまでは到底映画には盛り込めないと思いますからね。

2011.05.20  トキメキぼーい  編集

No title

こんにちは。以前から拝読していましたが、初めて書き込みします。
私は当初は「イメージ崩れちゃうから、映画なんて観たくない!」と思っていましたが、どうしても情報が入ってきてしまうので、それなら…、と観始めたくちです。
もっとこういうふうに編集して欲しかったのに!という所はありますが、映画は映画なりに、楽しんでいます。
が、とにかく映画はものすごいスピードで話が進んでいくので、未読の人はどう感じているのかな?と疑問だったので、こちらの記事で、未読の人・原作ファン、いろいろな方の話が載っていて興味深く読みました。
なるほど確かに、1巻の最初は暗いといえば暗いですね。でも挫折する人が多いとは知りませんでした。!
うまく言えませんが、ハリー・ポッターは「小説」という形態で高いレベルで完成されていると思うので、それを映画に移し替えるっていうのは難しいよなあと思います。

2011.07.18  corara  編集

映画は映画。原作は原作。

coraraさん初めまして!コメントありがとうございました!

そうですね。映画を観るなら「原作とは別物」と割り切って観たほうがいいみたいですね。それと原作とは違う箇所を見つけて突っ込みながら観るというのも結構面白いと私は思いますよ。

とにかく料金を払って観るのですから楽しまなきゃ損!ということです。

2011.07.19  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.