FC2ブログ
再び始まった戦いでは巨人のグロウプにケンタウルスという「禁じられた森」では激しく反目し合っていた者同士が共にホグワーツの戦いに参戦することで形勢は一気に逆転したのでした。戦いはケンタウルスたちとネビルと巨人のグロウプが同時に行動を起こすことで・・・(全3項目)

3-1.ケンタウルスたち
ホグワーツに入学してから初めて受けた罰則でハリーは「禁じられた森」でケンタウルスと出会っているんですが、その時ハリーたちと同行していたハグリッドがケンタウルスについてはこう評しているんですよね。

「ただの一度もケンタウルスからはっきりした答えを貰ったためしがない。いまいましい夢想家よ。星ばかり眺めて月より近くのものには何の興味も持っとらん」こうハグリッドは不満を漏らしていたのですが・・・

それが直後にフィレンツェが自分の背中にハリーを乗せたことを巡ってベインと言い争いになり思いがけずハリーがケンタウルスたちの本音を引き出すことになったのでした。そのベインがハグリッドにこう言われて・・・

「満足だろうな臆病者の駄馬どもが。お前たちは戦わんかったんだからな?満足か!ハリー・ポッターが死・・・死んで?」

ハグリッドの怒りの一言がベインを筆頭にしたケンタウルスたちの心に熱い炎を燃え上がらせたようでした。この後再開された戦いにケンタウルスたちが参戦して戦場はホグワーツ魔法魔術学校の大広間に持ち込まれたのでした。

3-2.ネビル・ロングボトム
残念ながら「お世辞にも優秀な生徒とは到底言いがたい」ということをネビル自身も十二分に自覚していたのでした。そのためふくろう試験を控えた5年生最初の「変身術」の授業でマクゴナガル先生がこう話すと・・・

「OWLに落ちたくなかったら刻苦勉励、学び、練習に励むことです。きちんと勉強すればこのクラス全員が変身術で合格点を取れないわけはありません」そんなマクゴナガル先生にネビルが悲しげに弱音を吐くと・・・

マクゴナガル先生はネビルに「あなたの術に問題があるわけではありません。ただ自信がないだけです」と言って聞かせたのでした。そんなネビルだったのですがダンブルドア軍団に参加してハリーの指導を受けると・・・

アズカバンから自分の両親を廃人にしたベラトリックス・レストレンジら10人の死喰い人が脱獄したというニュースはネビルに少し驚くほどの不思議な変化をもたらしました。ネビルはDAの練習中ほとんど口を利かず・・・

ハリーが教える新しい呪いや逆呪いの全てを一心不乱に練習したのでした。怪我や事故も「なんのその」といった感じで他の誰よりも一生懸命練習に打ち込んだのでした。上達ぶりがあまりに速くて戸惑うほどでした。

こうして常に厳しく接して来たマクゴナガル先生からも一目置かれるようになって自信を得たネビルは7年生になるとジニーにルーナと共にスネイプ新校長への抵抗運動のリーダー的存在へと成長していったのでした。

今にして思えばネビルの気持ちをなお一層強く燃え上がらせたのはヴォルデモートの隣には自分の両親を廃人にしたベラトリックス・レストレンジがいたからかも?しれませんね。ネビルは素早い滑らかな動きで・・・

ヴォルデモートにかけられた「金縛りの術」を解くと組分け帽子の中からグリフィンドールの剣を取り出して一太刀でナギニの首を切り落としたのでした。こうしてヴォルデモートの分霊箱は全て破壊されたのでした。

ナギニの首は玄関ホールから溢れ出る明かりにヌメヌメと光り回りながら空中高く舞ったのでした。そしてナギニの胴体はドサリとヴォルデモートの足元に落ちたのでした。ヴォルデモートは口を開け怒りの叫びを・・・

上げましたが周りの喧騒に掻き消されてヴォルデモートの声は誰の耳にも届かなかったのでした。

3-3.グロウプ
こうしてネビルが一太刀でナギニの首を切り落としケンタウルスたちが戦いに参戦するのと時を同じくして「ハガー!」と叫びながら城の側面からドスンドスンと現れたのがハグリッドの異父兄弟で巨人のグロウプでした。

ハグリッドが巨人の居住地から連れて帰って来たのですがハリーが5年生の時は樹木を根元から引っこ抜く才能のある狂暴な巨人で言葉はたった5つの単語しか話せず5つの内の2つはまともに話せないという有様でした。

実らない努力をしていると見て取ったケンタウルスのフィレンツェはハリーに「ハグリッドがやろうとしていることは上手くいかないから放棄したほうがいい」と私の忠告を伝えて欲しいと言わせるほどの惨状でした。

さらにグロウプはケンタウルスの怒りを増幅させる存在でもあったのです。

それがダンブルドアの葬儀の時には上着とスボンを身につけ大岩のような頭を下げておとなしく普通の人間のように座っていたのでした。ハグリッドが隣に座るとグロウプはハグリッドの頭をポンポンと叩きましたが・・・

その強さにハグリッドの座った椅子の脚が地面にめり込むのを見てハリーは一瞬笑い出したくなりましたが、ダンブルドアの葬儀中だったので笑うのを我慢して正面に向き直ったのでした。その巨人のグロウプが・・・

セストラルたちとヒッポグリフのバックビークがヴォルデモート側の巨人たちの目玉を引っ掻きグロウプを援護したのでした。そしてグロウプは相手をめちゃくちゃに殴りつけていたのでした。こうしてグロウプは・・・

ホグワーツの戦いに参戦し敵方の巨人をやっつけた功績を認められて戦いが済んだ後グロウプは壊れた窓から覗き込んで、みんなはグロウプの笑った口に食べ物を投げ込んでいたのでした。ようやくグロウプも・・・

仲間として認知されたというわけなんですよね。

今日の最後に
ケンタウルスにネビルそれにグロウプが行動を起こすと同時にハリーも立ち上がり「透明マント」を被るとハリーも戦いに参戦したのでした。何もかもが混沌としてホグワーツの防衛隊も死喰い人たちも全員が皆・・・

突撃するケンタウルスが死喰い人を蹴散らし敵味方の区別なく誰もが巨人たちに踏み潰されまいと逃げ惑っていたのでした。そのため戦いの舞台は否応なしにホグワーツ魔法魔術学校の大広間に持ち込まれたのでした。

そこで最後の戦いが・・・
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/994-38c36f21