FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

先々週第7巻「死の秘宝」終盤のあらすじをお届けしましたが、杖の所有権等を含めたハリーと杖職人のオリバンダー翁との会談のシーンを盛り込み損ねてしまったので今日の記事で取り上げてみたいと思います。それとニワトコの杖の所有権の移動についても改めて復習してみたいと思います。(全3項目)

3-1.改めて杖の所有権の移動について
「僕はこの杖をドラコ・マルフォイから力ずくで奪いました。僕が使っても安全でしょうか?」このハリーの問いに対してオリバンダー翁は「そう思いますよ」と答えた後その理由としてこう言っています。すなわち・・・

「杖の所有権を司る法則には微妙なものがあるが克服された杖は通常新しい持ち主に屈服するものじゃ」

加えてオリバンダー翁はハリーに「その杖をどのようにして手に入れたのかが関係して来る」つまり一般的に云えばハリーがドラコ・マルフォイの杖を勝ち取ったのであれば杖の忠誠心は変わるだろうとも言っていますね。

ハリーが一時期柊と不死鳥の杖を失った時に使っていたリンボクの杖を前の持ち主から奪った。つまりは勝ち取ったのはロンでした。だからハリーの思う通りには機能してくれず使いにくかったというわけなんですよね。

同様のことがハーマイオニーがベラトリックス・レストレンジの杖を「本当にいやよ。何もかもしっくり来ないの。私の思い通りにならないわ。あの女の一部みたい」と言って嫌がったことにも云えるというわけです。それは?

ベラトリックスの杖を力ずくで奪った。つまり勝ち取ったのはハリーだったのでハーマイオニーはこのベラトリックスの鬼胡桃の杖の忠誠心を勝ち得てはいなかったというわけです。そして「あの杖」についても・・・

同じことが云えるというわけなんですよね。さらにハリーがドラコ・マルフォイのサンザシの杖を力ずくで奪ったことが・・・

3-2.オリバンダー翁が語る「ニワトコの杖」
「1本の杖の伝説です。数本の杖かもしれません。殺人によって手から手へと渡されて来た杖です」ハリーがこう言って話し始めた「あの杖」についてオリバンダー翁は「それはただ1本の杖じゃと思う」と応えたのでした。

「その杖が存在すると本当にそう思っているのですか?」と問うハーマイオニーにオリバンダー翁は「その杖がたどった跡を歴史上追うことは完全に可能じゃ」と答えたのでした。もちろん歴史の空白はあるのだそうです。

しかも長い空白によって一時的に失われたとか隠されたとかで杖が姿を消したことはあるそうです。しかし必ずまた現れるのだそうです。この杖は杖の術に熟達した者なら確実に見分けることが出来る特徴を備えていて・・・

不明瞭な記述も含めて文献も残っておりオリバンダー翁を含めた杖職人の仲間の間では「それを研究すること」を本分にしているのだそうです。そうした文献には確かな信憑性があるのだそうです。ハーマイオニーが・・・

未練がましく「お伽噺や神話だとは思わないのですね?」と訊くのに対してオリバンダー翁は「そうは思わない」と答えてハーマイオニーの「実在しない杖であって欲しい」という思いや希望を完全に一蹴したのでした。

オリバンダー翁が語る所によると「殺人によって受け渡される必要があるかどうかは知らない」とのことでした。確かに「その杖」の歴史は血塗られてはいるものの、それは単に「それほどに求められる品」であり・・・

それほどまでに魔法使いの血を駆り立てる物だからかも?しれないとのことでした。計り知れない力を持ち間違った者の手に渡れば危険ともなりオリバンダー翁を含めた「杖の力を学ぶ者」にとっては信じがたいほどの・・・

魅力を持った品それが・・・

「ニワトコの杖」なんだそうです。

3-3.改めてニワトコの杖の所有権の移動について
当サイトでは既に旧聞に属する話題で理解出来ている皆さんにとっては「またか!」といった感じでしょうが、ハリーとヴォルデモートの最後の対決では避けては通れない重要なことなので改めて振り返ってみたいと思います。

ニワトコの杖の所有権はブルガリアの杖職人グレゴロビッチからゲラート・グリンデルバルドへと移り1945年にダンブルドアがグリンデルバルドと決闘して勝利しニワトコの杖をも勝ち取ったのでした。そしてそれが・・・

ダンブルドアの手からニワトコの杖の所有権が離れたのはダンブルドアが死んだ時でした。しかしニワトコの杖の所有権を勝ち取ったのはダンブルドアを殺したセブルス・スネイプではなくドラコ・マルフォイだったのです。

それはスネイプがダンブルドアを殺す前にドラコ・マルフォイが「武装解除の術」でダンブルドアからニワトコの杖を奪っていたからでした。しかしドラコ・マルフォイは自身がダンブルドアから奪った「その杖」が・・・

ニワトコの杖だということを全く知らなかったためニワトコの杖はダンブルドアの遺骸と共に埋葬されてしまったのでした。しかもセブルス・スネイプはニワトコの杖の真の所有者にならないことが事前に決められていたのです。

前述のようにニワトコの杖に限らず杖の所有権を勝ち取るためには前の持ち主を打ち負かさなくてはなりません。しかしダンブルドアとスネイプの間では事前にスネイプがダンブルドアを殺すということが決められていたのです。

したがって「もしドラコ・マルフォイより先にスネイプのほうが到着していたとしても」スネイプはニワトコの杖の真の所有者になることはなかったのです。スネイプはダンブルドアを打ち負かしてはいないからです。

ここから先が問題を少々(人によってはかなり?)複雑にしていますが、ハリーはドラコ・マルフォイからサンザシの杖を奪ってドラコ・マルフォイを打ち負かしています。ところがハリーがサンザシの杖を奪うことで・・・

ハリーがドラコ・マルフォイからサンザシの杖を勝ち取って打ち負かすことで同時にニワトコの杖の所有権もドラコ・マルフォイからハリーに移ってしまったのです。ヴォルデモートはセブルス・スネイプを呼びつけて・・・

「お前がアルバス・ダンブルドアを殺した」だからセブルス・スネイプがニワトコの杖の真の所有者だと思い込んでスネイプを殺しましたが、セブルス・スネイプは一度もニワトコの杖の所有権を得たことはなかったのです。

こうしてニワトコの杖の所有権はヴォルデモートの与り知らぬ所で勝手に移動していて最後の最後までヴォルデモートがニワトコの杖の真の所有者になることはなかったのでした。そしてそのことがヴォルデモートの・・・

身を滅ぼす最大の要因になったというわけなんですよね。

今日の最後に
そういえばハリーは「しかしながら死の杖(ニワトコの杖)を所有した闇の帝王はやはり恐るべき強大さじゃ」と言うのを聞いて「ヴォルデモートがニワトコの杖を所有する」というのはオリバンダー翁にとっては・・・

嫌悪感を催す以上に「ゾクゾクするほど強く心奪われることらしい」というのを感じて最初にオリバンダー翁に会った時「あまり好きになれない」と思ったことを思い出していますね。それはハリーとオリバンダー翁では・・・

魔法の奥義を深めるという点では基本的な考え方が全く違うからなんでしょうね。オリバンダー翁にとってはヴォルデモート卿は「そういう観点から見れば良くも悪くも極めて貴重な存在」ということだったんでしょうね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.