ダンブルドア校長の話が突然現れた男によって中断されてしまいました。何とその男こそが今年度「闇の魔術に対する防衛術」の教職に就任する事になったムーディ先生ことマッド・アイ・ムーディでした。そしてその後ダンブルドアの口から驚くべき発表が成されたんですよね。(全3項目)

3-1.中断されたダンブルドア校長の話
ダンブルドア校長の話は続き「いつもの通り校庭内にある森は生徒立ち入り禁止。ホグズミード村も3年生になるまでは禁止じゃ」と言いました。森の件については前にも出た話だったのですがこの後の一言が問題だったのです。

「寮対抗クィディッチ試合は今年は取り止めじゃ。これを知らせるのはわしの辛い役目でのう」

ハリーは「エーッ!」と驚いた後に絶句しました。チームメイトのフレッドとジョージを振り向くとやはり2人ともあまりの事に言葉もなくダンブルドアに向かってただ口をパクパクさせるばかりでした。一体全体何故なのか?

「これは10月に始まり今学年の終わりまで続くイベントのためじゃ。先生方もほとんどの時間とエネルギーをこの行事のために費やす事になる。しかしじゃ。わしは皆がこの行事を大いに楽しむであろうと確信しておる」

それならそれはいかなる行事なのか?ダンブルドアは続く言葉で「ここに大いなる喜びを持って発表しよう」と言いました。ところがダンブルドアが「今年ホグワーツで」と言ったその時です。ダンブルドアの話が中断しました。

耳を劈く雷鳴と共に大広間の扉が開きました。戸口には1人の男が立っていました。長いステッキに寄り掛かり黒い旅行マントをまとっています。大広間の顔という顔が一斉にその戸口に立った見知らぬ男に向けられたのでした。

今しも天井を走った稲妻が突然その男の姿をくっきりと照らし出しました。男はフードを脱ぎ馬のたてがみのような長い暗灰色まだらの髪をブルッと振るうと教職員テーブルに向かって歩き出しました。その姿は一種独特でした。

一歩踏み出す毎に「コツッコツッ」という鈍い音が大広間に響きました。テーブルの端に辿り着くと男は右に曲がって一歩毎に激しく体を浮き沈みさせながらダンブルドアのほうに向かいました。再び稲妻が天井を横切りました。

ハーマイオニーが息を呑みました。稲妻がその男の顔をくっきりと浮かび上がらせたからでした。

... 続きを読む
特にロンにとってはやっとこさという感じで1年生の組分けの儀式が終わり待望の食事という事になりました。ところが「ほとんど首なしニック」が言うには今晩は厨房で問題がありご馳走が出ただけでも運が良かったんだそうです。しかしここでニックの言葉を聞いてハーマイオニーが・・・(全3項目)

3-1.ようやく待望の食事
「思いっ切り掻っ込め」ダンブルドア校長がこう言うのを聞いてハリーとロンは「いいぞいいぞ!」と大声で囃し立てました。目の前の空っぽの皿が魔法で一杯になりハリーたち3人は自分たちの皿に食べ物を山盛りにしました。

それを「ほとんど首なしニック」は恨めしそうに眺めていました。口一杯にマッシュポテトを頬張ったままでロンが不明瞭な発音で「ああやっと落ち着いた」と言いました。それを見ていたニックが3人にこう言ったんですよね。

「今晩はご馳走が出ただけでも運が良かったのですよ。さっき厨房で問題が起きましてね」

ハリーがステーキの大きな塊を口に入れたままでロンと同様に不明瞭な発音で「どうして?何があったの?」と訊きました。ニックは首を振って危なげにぐらぐら揺らしながら「ピーブズですよ。また」とそう答えたんですよね。

いつもの議論でピーブズが祝宴に参加をしたいと駄々をこねたんだそうです。しかしあんな奴だから全く無理な話だ。行儀作法も知らず食べ物の皿を見れば投げつけずにはいられないような奴です。それでも議論をしたそうです。

そこで「ゴースト評議会」を開いた所「太った修道士」はピーブズにチャンスを与えてはどうかと言ったのだそうです。でも「血みどろ男爵」が駄目だと言って決して譲らない。ニックもそのほうが賢明だとそう思ったそうです。

「そうかぁ。ピーブズめ何か根に持っているなと思ったよ」

ロンは恨めしそうにこう言った後にニックに「厨房で何やったの?」と訊きました。ところがこの後のニックの発言が問題だったのです。ハーマイオニーがそれはそれはとっても強い衝撃を受ける事になってしまったんですよね。

... 続きを読む
組分け帽子の歌が終わると今年度の組分けの儀式が始まりました。男の子だったり女の子だったり怖がり方も様々に儀式は進んで行きました。そしてついに今回最大注目のデニス・クリービーの順番も巡って来ました。儀式が終わるとダンブルドア校長が立ち上がって・・・(全3項目)

3-1.組分けの儀式が始まる
組分け帽子が歌い終えると1年生の時にハリーが初めて聞いた時と同様に大広間は割れるような拍手でした。みんなと一緒に手を叩きながらハリーは「僕たちの時と歌が違う」と言いハリーの言葉にロンがこう応えたのでした。

「毎年違う歌なんだ。きっと凄く退屈なんじゃない?帽子の人生って。多分1年かけて次の歌を作るんだよ」

ロンがこう言っているとマクゴナガル先生が羊皮紙の太い巻紙を広げて「名前を呼ばれたら帽子を被ってこの椅子にお座りなさい。帽子が寮の名を発表したらそれぞれのテーブルにお着きなさい」と1年生に言い渡したのでした。

「アッカリー、スチュワート!」

ハリーの時と同様に苗字が先に読まれABC順に呼ばれ始めました。進み出た男の子は頭のてっぺんから爪先まで傍目に判るほど震えていました。組分け帽子を取り上げると被り椅子に座りました。すると帽子がこう叫びました。

「レイブンクロー!」

スチュワート・アッカリーは帽子を脱ぎ急いでレイブンクローのテーブルに行くと一同の拍手に迎えられ席に着きました。その1年生を拍手で歓迎するレイブンクローのシーカーのチョウ・チャンの姿がハリーの目に入りました。

ほんの一瞬ハリーは自分もレイブンクローのテーブルに座りたいという奇妙な気持ちになりました。次に呼ばれたのはマルコム・バドックでした。スリザリンに組分けされて大広間の向こう側のテーブルから歓声が上がりました。

マルコム・バドックがスリザリンのテーブルに着きドラコ・マルフォイが拍手をしている姿をハリーは見ました。スリザリン寮は多くの闇の魔法使いを輩出している事をバドックは知っているのだろうかとハリーは思いました。

マルコム・バドックが着席するとフレッドとジョージが気に入らないと言いたげに嘲るように舌を鳴らしたのでした。こうして今年度の組分けの儀式が始まって注目はデニス・クリービーの組分けという事になるんでしょうね。

... 続きを読む
7月と8月の記事が思いの他に長くてこのシリーズの開始が1週間遅れになってしまいました。今日から5週間に渡って第4巻「炎のゴブレット」の大広間がメインの舞台になる場面を紹介する事にします。ハリー4年生の新学期初日は朝から土砂降りでハリーたち3人もびしょ濡れだったのですが・・・(全3項目)

3-1.その日は朝から土砂降り
今年の新学期初日は朝から土砂降りでハリーたちの前の馬車に乗っていた生徒たちも急ぎ足で城への石段を上っていました。ハリーにロンとハーマイオニーとネビルの4人も馬車を飛び降りると石段を一目散に駆け上がりました。

ロンが「この調子で降ると湖が溢れるぜ」と言わしめるほどの豪雨でしたが大きな赤い水風船が天井からロンの頭に落ちると割れました。ぐしょ濡れで水を撥ね飛ばしながらロンは横にいたハリーのほうによろけてしまいました。

その時2発目の水風船が落ちて来てハーマイオニーを掠めてハリーの足下で破裂しました。周りの生徒たちは悲鳴を上げて水爆弾の攻撃から離れようと押し合いへし合いしました。ハリーが見上げると攻撃の主が見えたのでした。

ポルターガイストのピーブズでした。次の標的に狙いを定めていると誰かが「ピーブズ!」と怒鳴りました。それはマクゴナガル先生でさらには「ピーブズここに降りて来なさい。今すぐに!」と言い渡したというわけですよね。

マクゴナガル先生も大広間から飛び出して来たので濡れた床に足を取られて思わずハーマイオニーの首にがっちりしがみついてしまいました。先生は「おっと失礼。ミス・グレンジャー」と謝りハーマイオニーはこう応えました。

「大丈夫です。先生」

マクゴナガル先生は曲がった三角帽子を直しながら「ピーブズ降りて来なさい。さあ!」とピーブズのほうに睨みを利かせて怒鳴りました。それに対してピーブズは「なーんもしてないよ!」と言いながら高笑いをしていました。

そう言いながら5年生の女子生徒めがけて水爆弾を放り投げました。投げられた女子生徒たちは悲鳴を上げながら大広間に飛び込んで行きました。ピーブズは「どうせビショ濡れなんだろう?」などと減らず口を叩いていました。

ピーブズが全く水爆弾攻撃を止めようとしないのでマクゴナガル先生は最後の切り札とばかりに「校長先生を呼びますよ!」とがなり立てました。ピーブズはベーッと舌を出し最後の水爆弾を宙に放り投げると去って行きました。

「さあどんどんお進みなさい!さあ大広間へ。急いで!」

マクゴナガル先生はビショ濡れ集団に向かって激しい口調でこう言いました。ハリーにロンとハーマイオニーも玄関ホールを進み右側の二重扉を通って大広間に入りました。ロンはぐしょ濡れの髪を掻き揚げつつ怒っていました。

そして文句を呟いていたのでした。

... 続きを読む
何とかしてダーズリー一家との会話を成立させたいと懸命のアーサー氏は息子のダドリーに声をかけました。ところがそこに戻って来たフレッドとジョージが仕掛けた悪戯でアーサー氏の努力は雲散霧消してしまい居間はくんずほぐれつの修羅場と化してしまいました。そしてバーノン叔父さんは?(全3項目)

3-1.フレッドとジョージが戻って来て
前回ダドリーが魔法使いつまりハグリッドに会った際には魔法で尻に尻尾を生やされる事となりました。だから敵に同じ的を見せまいとして両手で尻をがっちりガードしていたのです。でも当然アーサー氏はその事を知りません。

そのためにアーサー氏はその奇怪な行動を心から心配したようでした。アーサー氏が次に口を開いた時にはその気持ちが口調に表れていました。ダーズリー夫妻がアーサー氏を変だと思ったようにアーサー氏も同様にそう考えた。

それがハリーにははっきりと判りました。ただアーサー氏の場合は恐怖心からではなく気の毒に思う気持ちだからという所がダーズリー夫妻とは違っていました。そこでアーサー氏はダドリーに優しくこう声をかけたんですよね。

「ダドリー夏休みは楽しいかね?」

ダドリーはヒッと低い悲鳴を上げました。尻に当てた手がさらにきつく尻を締め付けたのをハリーは見ました。ダドリーはまたしても尻に尻尾を生やされては堪らないとそう思ったようです。ダドリーには恐怖心しかないのです。

そこにフレッドとジョージがハリーのトランクを持って居間に戻って来ました。入るなり部屋をさっと見渡してダドリーを見つけると2人の顔がそっくり同じに悪戯っぽく笑いました。それを受けてアーサー氏がこう言いました。

「あーではそろそろ行こうか」

私はこの一言に「ダーズリー一家と会話が成り立たなくて残念だ」というアーサー氏の無念の思いが込められていると思いますね。アーサー氏はローブの袖をたくし上げ杖を取り出しました。ダーズリー一家が一塊になりました。

そして壁に張り付きました。アーサー氏は元は暖炉だった壁の穴に向かって杖を向けると「インセンディオ!燃えよ!」と唱えました。するとたちまち炎が上がり何時間も燃え続けていたかのようにして楽しげな音を立てました。

アーサー氏はポケットから小さな巾着袋を取り出し紐を解いて中の粉を一掴み炎の中に投げ入れました。すると炎はエメラルド色に変わりさらに高く燃え上がりました。これで「隠れ穴」に帰る準備ができたというわけですよね。

... 続きを読む