セブルス・スネイプ語録集「謎のプリンス」編(17)(28回シリーズ)
プリンスを失うわけにはいかない。プリンス手書き入りの「上級魔法薬」の教科書を失うわけにはいかない。ハリーはこの本を「必要の部屋」に隠す事にしました。そしてロンの「上級魔法薬」の本をカバンに押し込んでスネイプの待つトイレに戻りました。とてつもない代償が待ち受けていました。(全3項目)

3-1.プリンス手書き入りの「上級魔法薬」の本を隠すため
「君の教科書が必要だ。君の魔法薬の本。早く。僕に渡して」ハリーがこう言うとロンは「でもプリンスはどうするんだ?」と訊いて来ました。ハリーは「後で説明するから!」と答えました。緊急を要するというわけです。

ロンは自分のカバンから「上級魔法薬」の本を引っ張り出しハリーに渡しました。寝室から談話室に戻るとハリーは自分のカバンを掴み夕食を済ませた何人かの生徒が驚き眺めているのも構わず肖像画の穴に飛び込みました。

そして8階の廊下を矢のように走りました。踊るトロールのタペストリーの脇で急停止してハリーは両目を閉じて歩き始めました。プリンス手書き入りの「上級魔法薬」の教科書を「必要の部屋」に隠すためだったんですよね。

「僕の本を隠す場所が必要だ。僕の本を隠す場所が必要だ。僕の本を隠す場所が必要だ」

何もない壁の前をハリーは3回往復しました。目を開けると扉が現れていました。ハリーはその扉を開けて「必要の部屋」へと入って行きました。ハリーは息を呑みました。目の前の光景に威圧されずにはいられませんでした。

急いでいる上に無我夢中でしたしトイレでは恐怖が待ち受けているのにも関わらずです。そこは大聖堂ほどもある広い部屋で高窓から幾筋もの光が射し込み聳え立つ壁でできている都市のような空間を照らしていたのでした。

ホグワーツの住人が何世代にも渡って隠して来た物が壁のように積み上げられていました。壊れた家具が積まれぐらぐらしながら立っているその山の間が通路になっていました。家具類は多分しくじった魔法の証拠品だろう。

城自慢の屋敷しもべ妖精たちが隠したかったんだろう。何千冊あるいは何万冊という本もありました。明らかに禁書か書き込みがしてあるか盗品だろう。その他にも様々な物がとてつもなく大量に隠されていたんですよね。

ハリーはプリンス手書き入りの「上級魔法薬」を隠すために急いで入り込みました。

続きを読む
2018/02/11(Sun) | セブルス・スネイプ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
セブルス・スネイプ語録集「謎のプリンス」編(16)(28回シリーズ)
マルフォイは何かを企んでいる。マルフォイは「必要の部屋」で何かをしている。そこまでは判ったもののハリーはその詳細を突き止める事はできませんでした。そうこうする内に時は流れてハリーは「忍びの地図」で思ってもみなかった組み合わせを発見して・・・(全3項目)

3-1.有り得ない組み合わせ
ハリーはクリスマス休暇明けから「忍びの地図」でドラコ・マルフォイを探すのが習慣になっていました。マルフォイを示す点が忽然と消えてしまう事があったためにハリーはそれは何故なんだろうと訝しく思っていました。

でもそれはマルフォイが「必要の部屋」にいたからでした。昨日の記事でも言ったようにマルフォイを尾行した屋敷しもべ妖精のドビーが報告してくれたそのお陰でハリーはその事を知る事ができたというわけなんですよね。

それはクィディッチの最終戦グリフィンドール対レイブンクロー戦を間近に控えた日の事でした。ハリーはつい習慣でいつものように回り道をして「必要の部屋」のほうに向かいながら「忍びの地図」をチェックしました。

最初はざっと見たので見つかりませんでしたがハリーはマルフォイと記された点が下の階の男子トイレに佇んでいるのを発見しました。一緒にいたのはクラッブでもゴイルでもなく驚く事に「嘆きのマートル」だったのです。

あまりに有り得ない組み合わせだったので大理石の階段を駆け下りマルフォイのいる男子トイレに向かいました。トイレの外で扉に耳を押しつけましたが何も聞こえません。そこでハリーは扉を静かに開けたというわけです。

マルフォイが扉に背を向けて立っていました。両手で洗面台の両端を握りプラチナ・ブロンドの髪の頭を垂れていました。感傷的な「嘆きのマートル」の声が小部屋の1つから聞こえて来ていてマートルはこう言っていました。

「辞めて。辞めて頂戴。困ってる事を話してよ。私が助けてあげる」

こう言うマートルにマルフォイは「誰にも助けられない」と言いました。さらにマルフォイは体中を震わせながら自分にはできない。上手く行かない。それにすぐやらないとあの人は自分を殺害すると言うんだと言いました。

あまりの衝撃でハリーはその場に根が生えてしまったような気がしました。マルフォイが泣いている。本当に泣いている。ところがここで顔を上げたマルフォイは鏡でハリーが自分を見つめている事に気がついたんですよね。

マルフォイは振り向き杖を取り出しました。

続きを読む
2018/02/08(Thu) | セブルス・スネイプ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
セブルス・スネイプ語録集「謎のプリンス」編(15)(28回シリーズ)
やはりマルフォイは何かを企んでいてスネイプはそれを援助すると申し入れていた。スラグホーンのクリスマス・パーティの際に漏れ聞いたマルフォイとスネイプのやり取りをハリーから聞いてロンもハーマイオニーもそれを認めました。しかし企みの内容は判明しないまま3月を迎えてしまい・・・(全3項目)

3-1.ハリーが遅れて来ると
スネイプはマルフォイに対して援助を申し出ていた。スラグホーンのクリスマス・パーティの夜に聞いたスネイプとマルフォイのやり取りの事を話すとロンもハーマイオニーもマルフォイが何かを企んでいる事は認めました。

そしてそれは3月の事でした。ハリーは名付け親のシリウスから遺言で譲り受けた屋敷しもべ妖精のクリーチャーにマルフォイを尾行させる事を思いつきました。そこでクリーチャーを呼び出した所ドビーも一緒に来ました。

そこでハリーはクリーチャーとドビーの2人にマルフォイを尾行するようにと言いました。すると何とドビーがした報告のお陰でマルフォイはどうも「必要の部屋」で何かをしているらしいという事が判明したというわけです。

ドビーの報告を受けてハリーは「必要の部屋」の前に行ってマルフォイがここで何をしているのかを確かめようとしました。しかし1時間の内に考えられる限りの言い方を試してみましたが「必要の部屋」は扉を現しません。

ハーマイオニーは中に何があるのかを知らないと「必要の部屋」は開かないと言いました。残念ながらハリーもそれが正しいと渋々認めるしかありませんでした。ハリーは諦めて「透明マント」をカバンにしまったのでした。

ハリーが向かったのは「闇の魔術に対する防衛術」の教室でした。ハリーが蝋燭の灯りに照らされた教室に急いで入って行くとスネイプが「また遅刻だぞポッター」と咎めると「グリフィンドール10点減点」と言いました。

ハリーはロンの隣に座りながらスネイプを睨みつけました。生徒の半分はまだ立っていて学用品を揃えていました。自分がみんなより特に遅れたとは言えないはずだ。そんなハリーの思いをよそにスネイプはこう言いました。

「授業を始める前に吸魂鬼のレポートを出したまえ」

スネイプがぞんざいに杖を振ると25本の羊皮紙の巻紙が宙に舞い上がりスネイプの机の上に整然と積み上がりました。そしてスネイプはこのように言って前回6年生たちが提出した宿題の文句を述べたというわけなんですよね。

「服従の呪文への抵抗に関するレポートのくだらなさに我輩は耐え忍ばねばならなかったが今回のレポートはそれよりはましなものである事を諸君のために望みたいものだ」

こう言った後スネイプは「さて教科書を開いて。ページは」と言って授業を始めようとしましたが「ミスター・フィネガン何だ?」と問いかけました。シェーマス・フィネガンがスネイプに質問をしたくて手を挙げたのです。

続きを読む
2018/02/07(Wed) | セブルス・スネイプ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
セブルス・スネイプ語録集「謎のプリンス」編(14)(28回シリーズ)
ハリーはスラグホーンの部屋を飛び出して必死にスネイプとマルフォイを探しました。そしてうれしい事に一番端の教室に話している2人を見つけました。激しい口調でスネイプを罵るマルフォイの声を聞いてハリーは驚いたというわけです。(全3項目)

3-1.一番端の教室で
ハリーが「すぐ戻るから。ルーナ。えーと。トイレ」と言うとルーナは「いいよ」と朗らかに言いました。急いで人混みを掻き分けながらハリーはルーナがトレローニー先生にロットファングの話をするような気がしました。

トレローニー先生はこのルーナが語る陰謀話に真剣に興味を持ったようです。パーティから一旦離れてしまえば廊下は全く人気がなかったので「透明マント」を取り出して身につける事はた易い事だったというわけですよね。

むしろスネイプとマルフォイを見つけるほうが難しかったんですよね。ハリーは廊下を走りました。その足音は背後のスラグホーンの部屋から聞こえて来る音楽や声高な話し声に掻き消されて行ったというわけなんですよね。

スネイプは地下にある自分の部屋にマルフォイを連れて行ったのかもしれない。それともスリザリンの談話室まで付き添って行ったのか?そう思いつつもハリーは扉という扉に耳を押しつけながら廊下を疾走したのでした。

廊下の一番端の教室に着いて鍵穴に屈み込んだ時に中から話し声が聞こえて来たのでハリーは心が躍りました。中からはスネイプが「ミスは許されないぞドラコ。何故なら君が退学になれば」と言うのが聞こえて来ました。

「君が我輩に本当の事を話しているのならいいのだが。何しろあれはお粗末で愚かしいものだった。既に君が関わっているという嫌疑がかかっている」

マルフォイが「僕はあれには一切関係ない。判ったか?」と言うのに応えてスネイプはこう言いました。するとマルフォイは「誰が疑っているんだ?」と怒ったように言うとこのように言って完全否定をしたというわけです。

「もう一度だけ言う。僕はやっていない。いいか?あのベルの奴。誰も知らない敵がいるに違いない」

するとここでマルフォイは「そんな目で僕を見るな!お前が今何をしているのか僕には判っている。馬鹿じゃないんだから。だけどその手は効かない。僕はお前を阻止できるんだ!」とスネイプに向かって言ったんですよね。

一瞬黙った後スネイプは静かに話し始めたのでした。

続きを読む
2018/02/05(Mon) | セブルス・スネイプ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
セブルス・スネイプ語録集「謎のプリンス」編(13)(28回シリーズ)
こうしてスネイプは念願の「闇の魔術に対する防衛術」の教師になりましたがハリーはスラグホーンのクリスマス・パーティという意外な所でスネイプと出くわす事となりました。スラグホーンはハリーの事をいつものように褒めそやしましたが一方スネイプは例によって例の如くという態度で・・・(全3項目)

3-1.スラグホーンのクリスマス・パーティで
こうしてハリーのホグワーツに於ける6年目の学期が始まりましたがハリーにとっては思ってもみなかった意外な出来事があったり前年度とは違う事が起きたりあったりとそれなりに様々な事があったというわけなんですよね。

まず1つ目は先生がスネイプからホラス・スラグホーンに代わった途端に突然「魔法薬学」が得意科目になったという事です。そのきっかけになったのはスラグホーンから借りた「上級魔法薬」の教科書だったというわけです。

「半純血のプリンス」の書き込み通りに魔法薬を作ったらスラグホーンからは言葉を尽して絶賛されるようになりました。そして2つ目の事は夏休み中に告げられていた通りダンブルドア校長の個人教授が始まった事でした。

3つ目はクィディッチのグリフィンドール・チームのキャプテンになった事です。ハリーが一転して人気者になったため大勢の人が応募してくれてビーターとチェイサーはすっかり顔ぶれが変わって新メンバーになりました。

スラグホーンは頻繁にパーティを開催してハリーにジニーとハーマイオニーを招待しました。しかしハリーは何故かいつもクィディッチの練習日と重なっていて一度もスラグホーンが開催するパーティに出席しませんでした。

そのためにスラグホーンはクリスマス・パーティには絶対にハリーを出席させるとハーマイオニーにいつならハリーが空いているのかを調べて欲しいと依頼したのでした。これは到底ハリーも逃れる事などできませんでした。

ハリーはルーナ・ラブグッドを連れてスラグホーンのクリスマス・パーティに出席しました。そこにはトレローニー先生がいました。トレローニー先生もハリーの「選ばれし者」の事を知っていてハリーにこう言いました。

「あの噂!あの話!選ばれし者!もちろんあたくしには前々から判っていた事です。ハリー予兆が良かったためしがありませんでした。でもどうして占い学を取らなかったのかしら?」

トレローニー先生は「あなたこそ他の誰よりもこの科目が最も重要ですわ!」と言って今年度もハリーは「占い学」を取るべきだったと力説しました。するとそこにスラグホーンが姿を現してこう言ったというわけですよね。

「ああシビル我々はみんな自分の科目こそ最重要と思うものだ!」

さらにスラグホーンは愛おしげな眼差しでハリーを見ながら「しかし魔法薬学でこんなに天分のある生徒は他に思い当たらないね!」と言いました。スラグホーンは次にこう言いましたが最後の言葉が問題だったんですよね。

「何しろ直感的で母親と同じだ!これほどの才能の持ち主は数えるほどしか教えた事がない。いや全くだよシビル。このセブルスでさえ」

ハリーはぞっとしました。スラグホーンが片腕を伸ばしたかと思うとどこからともなく呼び出したかのようにスネイプをそばに引き寄せたからです。不意を衝かれた上に思ってもみなかった所で会ったからかもしれませんね。

続きを読む
2018/02/04(Sun) | セブルス・スネイプ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ