ドビーのお陰で散々な目に遭ったというのにハリーはそんなドビーを自由にしました。そして何とハリーとドビーはホグワーツの厨房で再会を果たしました。ドビーはクリスマスには寝室にやって来てプレゼントをくれました。さらに今度は何とトラブルなしにハリーを助けてくれたのです。(全3項目)

3-1.再会!
このようにしてハリーが講じた策略がものの見事に成功しドビーは自由な屋敷しもべ妖精になりました。そしてそれから1年あまりが経ちハリーは思ってもみなかった形でドビーの近況を聞く事になったというわけなんですよね。

それは4年生の夏休みにクィディッチ・ワールドカップの決勝戦を観戦に行った時でした。ハリーにハーマイオニーを含めたウィーズリー一家一行は貴賓席での観戦だったのですがそこに屋敷しもべ妖精のウィンキーがいました。

ハリーが半信半疑で「ドビー?」と呼びかけた所ウィンキーは何とドビーを知っていると言うのです。ハリーがドビーは自由になって元気にやってると訊くとウィンキーはドビーは自由になって頭がおかしくなったと言うのです。

身分不相応の高望みをしているので勤め口が見つからない。ハリーが「どうしてなの?」と訊くとウィンキーからドビーが給料を欲しがっているという答えが返って来ました。それから4ヵ月半が経った時の事だったんですよね。

ハリーは何とホグワーツの厨房でドビーと再会をしました。そもそもの始まりはハリーにロンとハーマイオニーの目の前でウィンキーがご主人様のバーテミウス・クラウチ氏に解雇された事でした。ハーマイオニーは怒りました。

それからハーマイオニーは屋敷しもべ妖精は不当に扱われていると主張してホグワーツにも百人以上の屋敷しもべ妖精がいると知り一念発起して「しもべ妖精福祉振興協会」なる組織を設立して厨房に足を踏み入れたんですよね。

そこでドビーと出会ったのです。自由になってからドビーは勤め口を探してイギリス中を旅したんだそうです。しかし給料が欲しいと言ったので「それじゃ屋敷しもべにならない」とどこでも断られてしまった。ところがでした。

そうこうする内にウィンキーも自由になった。それなら2人が一緒に働ける所はないか?ウィンキーは屋敷しもべ妖精が2人も働ける所があるのとドビーに訊いたのだそうです。そこでドビーはホグワーツと思いついたそうです。

そこで2人はダンブルドアの所に来た。すると何とダンブルドアはドビーがそう望むなら給料をあげてもいいと言ってくれたんだそうです。こうしてドビーは長い旅路の末にようやくホグワーツという働き口を見つけたのでした。

... 続きを読む
餓死させられそうになるわキングズ・クロス駅で9と3/4番線への入口を塞がれて退校処分になりそうになるわでハリーはドビーのお陰で散々な目に遭いました。ところがドビーはまたもやらかしてしまいました。しかしハリーは事が全て解決した学期末にはそんなドビーを・・・(全3項目)

3-1.狂ったブラッジャー
こうしてドビーがキングズ・クロス駅の9と3/4番線を塞いだのにも関わらずハリーは学校に来てしまいました。それで諦めると思いきやドビーはハリーが大怪我をしてプリベット通り4番地に送り返されるよう措置を施しました。

それはクィディッチの開幕戦グリフィンドール対スリザリン戦でブラッジャーに細工をしてハリーだけを狙うようにしたのです。グリフィンドールにとってはまさに弱り目に祟り目の出来事になってしまったというわけですよね。

スリザリン・チーム全員の箒がニンバス2001になったのです。ドラコ・マルフォイの父親のルシウス氏が息子を寮代表チームに入れて貰えるようにと寄贈したというわけです。そのため勝利はハリーの肩にかかって来たのでした。

シーカーのハリーがスニッチを掴めば一気に「150点」が入り試合が終わるからです。ハリーが見つけた時スニッチはマルフォイの左耳の僅かに上を漂っていました。マルフォイはハリーを笑うのに気を取られ気づいていません。

スピードを上げてマルフォイのほうに飛びたい。しかしマルフォイが上を見てスニッチを見つけてしまったらとそう恐れてハリーは空中で立ち往生してしまいました。その隙を突いてハリーの右腕にブラッジャーが当たりました。

「マルフォイの所に行け」

雨と骨折した痛みで全てが霞む中ハリーの脳裏にはこの言葉が浮かびました。ハリーは急降下してスニッチを掴むとまっしぐらに地面に向かって突っ込みました。そんなハリーにロックハートが高らかにこう言い放ったのでした。

「ハリー心配するな。私が君の腕を治してやろう」

奇妙な気持ちの悪い感覚が肩から始まり指先まで広がって行きました。何が起こったのかハリーは到底見る気になどなれませんでした。ハリーは目を閉じて腕から顔を背けました。ハリーの予想した最悪の事態が起こったのです。

ロックハートはハリーの腕を治したのではなく骨を抜き取ってしまったのです。

... 続きを読む
今週と来週の2週間に渡って今年の6月から始めた新シリーズの第2段をお届けする事にします。ハリー12才の誕生日に屋敷しもべ妖精のドビーがやって来てハリーに「ホグワーツに戻ってはなりません」という無理難題を押しつけて来ました。ハリーはドビーのお陰で散々な目に遭う事になってしまい・・・(全3項目)

3-1.12才の誕生日に
ホグワーツ魔法魔術学校で1年を過ごしてプリベット通り4番地にハリーが戻って来てダーズリー一家はがっかりしたでしょうが実はハリーのほうがもっともっとがっかりしていました。ホグワーツが恋しくて堪らなかったのです。

ハリーの呪文の教科書も杖もローブも大鍋もさらには最高峰の箒のニンバス2000もハリーが4番地に帰って来た途端にバーノン叔父さんが階段下の物置に押し込んで鍵を掛けヘドウィグも南京錠で鳥籠に閉じ込めてしまいました。

さらにハリーの不幸に追い打ちをかけたのは12才の誕生日に叔父さんにとって非常に大切なお客さんがやって来るという事でした。もし商談が成立すればマジョルカ島の別荘が手に入る事になるという大チャンスなのだそうです。

叔父さんは家族1人1人が大事な大事なメイソンご夫妻をお迎えするためにどうするのかの役割分担と段取りを入念に取り決めました。誰がメイソンご夫妻をどう玄関先で迎えてどう声をかけ誰が部屋にどう案内するかまででした。

「僕は自分の部屋にいて物音を立てない。いないふりをする」

叔父さんが「それで小僧。お前は?」と問われてハリーはこう答えました。つまりハリーには何らの役割分担もなくて自分の部屋にいていないふりをする。何故いないふりなのか?叔父さんが言うにはこういう理由との事でした。

「メイソンご夫妻はお前の事を何もご存知ないし知らんままでよい」

ついにメイソンご夫妻がやって来て玄関のベルが鳴りました。叔父さんはハリーに「ちょっとでも音を立ててみろ」と静かにするようにと念を押しました。ハリーは忍び足で自分の部屋に辿り着きベッドに倒れ込もうとしました。

ところがベッドには先客が座り込んでいました。

... 続きを読む
ハリーを巡って激しい主導権争いをシリウスとして来たウィーズリーおばさんだったのですがそのシリウスが死んでしまい約1年間はハリーとおばさんの関係は落ち着きを取り戻しました。ところが今度はハリーとおばさんの間に問題が持ち上がってしまったのです。そのためにおばさんは・・・(全3項目)

3-1.諦めないおばさん
このようにしてハリーを巡って激しい主導権争いをしたシリウスとウィーズリーおばさんだったのですがハリーにとってはシリウスが死ぬという最悪中の最悪の展開で2人のこの争いは決着をするという事になってしまいました。

ところがこれでハリーとおばさんの関係が元通りの良好になると思ったらそうは問屋が卸しませんでした。取りあえず1年間ハリーとおばさんの関係は元の状態に戻ったものの最終学年の年に違う問題が持ち上がったんですよね。

ヴォルデモートの分霊箱を4つ見つけて破壊しなければヴォルデモートを真に滅ぼす事はできない。個人教授を通じてダンブルドアからその事を教えられたハリーは学校には戻らずに分霊箱を探す旅に出る事を決意したのでした。

ロンとハーマイオニーもハリーに同行すると言ってくれました。そしてハリーがプリベット通り4番地を出て「隠れ穴」に入った翌日の事でした。分霊箱の話が出たついでに言っておきたい事があるとロンがハリーに言いました。

おばさんは分霊箱の事をロンやハーマイオニーから聞き出そうと躍起になっているのだそうです。次はハリーの番だから覚悟をしておけとの事でした。実を云うと父親のアーサー氏にルーピンもその事を訊いて来たんだそうです。

でもハリーはダンブルドアから自分たち2人以外には話さないように言われていると説明したら訊いて来なくなったそうです。しかしおばさんは諦めない。そしてロンの予想は的中しそれから数時間も経たない内に起こりました。

昼食の少し前におばさんはハリーに頼み事があると言ってみんなから引き離しました。ハリーのリュックサックから出て来たと思われる片方だけの男物の靴下がハリーの物かどうかを確かめて欲しいという口実だったんですよね。

台所の隣にある小さな洗い場にハリーを追い詰めるや否やおばさんの遠回しな追及が始まりました。おばさんはまずは何気ない軽い調子で始めました。ハリーに向かっておばさんはこのように言って来たというわけなんですよね。

「ロンとハーマイオニーはどうやらあなたたち3人ともホグワーツ校を退学すると考えているらしいのよ」

ハリーが「あー。あの。ええ。そうです」と応えると・・・

ウィーズリーおばさんは?

... 続きを読む
こうしてウィーズリーおばさんとハリーの関係は極めて良好そのものでした。ところがハリーが5年生になるとおばさんとの関係に暗雲が漂い始めました。それはシリウスというハリーにとっては家族同然の間柄の人間がもう1人現れたからでした。ハリーが不死鳥の騎士団の本部に入ったその日の事でした。(全3項目)

3-1.ライバル出現?
こうして2年生の夏休みの後半を「隠れ穴」に滞在して過ごしてからというものハリーはウィーズリー一家の人々とは家族ぐるみの付き合いになりこの年度末にはハリーはジニーの命を助けるなんて事まで成し遂げたんですよね。

3年生の新学期初日もハリーはハーマイオニーにウィーズリー一家一行と共に魔法省が用意した車に乗ってキングズ・クロス駅に行く事となりました。シリウスがハリーの命を狙っているとそう思われていたからなんですよね。

そして4年生の夏休みにはハリーは再び「隠れ穴」に滞在する事になりました。イギリスで30年ぶりにクィディッチ・ワールドカップが開催される事になり決勝戦を観戦するためでした。ここではまた新たな出会いがありました。

これまで話には聞いていたものの直接会う機会のなかった長男ビルに次男チャーリーと初めて会う事になりハリーはこれでウィーズリー家の9人全員と顔見知りになったのでした。そしてこの年度末には驚くべき事がありました。

三大魔法学校対抗試合の最後の課題の際に代表選手の家族が招待されハリーの家族として呼ばれたのは何とウィーズリーおばさんにビルでした。これでハリーとウィーズリー一家は家族も同然の間柄になったというわけですよね。

ところがでした。ハリーにとっては家族も同然の間柄の人間がもう1人現れたんですよね。それは名付け親のシリウスでした。シリウスもまた心ならずも三校対抗試合の代表選手になってしまったハリーを影で支えていました。

ヴォルデモートが復活した事を受けシリウスの生家のロンドンのグリモールド・プレイス12番地に不死鳥の騎士団の本部が設置されハリーも5年生の夏休みの後半をそこに滞在して過ごす事になりました。それは最初の夜でした。

ハリーが12番地に入った最初の夜にハリーを巡ってシリウスとウィーズリーおばさんの間で大激論が交わされたというわけなんですよね。

... 続きを読む